ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す経常収支は1872億円の黒字となった。黒字は6カ月連続となっており、円安による海外からの投資収益増加で経常収支が改善する傾向がはっきりしてきた。

kokusaishushi201412

 国際収支は、簡単に言えば、貿易収支に投資から得られる収益を加えたものである。12月の貿易・サービス収支は7298億円の赤字であった。前年同月よりも赤字幅が縮小しているものの、日本は慢性的な貿易赤字体質となっており、この傾向は今後も続くと考えられる。

 一方、海外への投資から得られる収益(所得収支)は、円安によって外貨資産の残高が増加していることや、海外への直接投資が増えたことなどによって増加傾向にある。12月の第一次所得収支は1兆173億円で黒字幅が拡大している。これに第二次所得収支を加えた最終的な収支である経常収支は1872億円の黒字となった。

 成熟国が貿易赤字になることはよく知られている。国内の需要を満たす製品のうち、低付加価値なものを国内で生産していては採算が取れないからである。GDP(国内総生産)成長率と経常収支は直接関係することはなく、経常収支がどのような状態であれ、経済成長することは可能である。
 だが経常収支の変化は貯蓄率の変化など、国内の資金移動の変化を意味しており、その変動幅はなるだけ穏やかな方がよい。経常収支の変化に合わせて、スムーズに国内経済の仕組みを変革することが重要となってくる。

 その意味で、円安と直接投資の増加による所得収支の増加はプラスの効果をもたらす。所得収支が増えれば、変化のスピードを緩和させることができるからである。このところ原油価格が急落しており、来月あたりからは原油価格下落による輸入金額が減少も期待できる。経常収支の変化はさらに穏やかなものとなるだろう。

 短期的には海外の投資で得た収益をどれだけ国内に還流させるのかによって国内経済への影響は大きく変わってくる。12月は直接投資から得られた利益のうち半分が現地に再投資されているが、半分は国内に還流している。還流した利益が、賃金や株主への配当という形で国内経済に出回れば、内需を押し上げることになる。もっとも、現地法人の事業が伸びている時には、現地に再投資する方が企業としては合理的であり、最終的には全体のバランスで還流額が決定される。

 海外からの投資収益がすぐに減る可能性は低く、日本にとっては安定した収入源となる。この間に、海外からの収益が有効な国内需要として機能するよう、国内の産業構造の転換を進めていく必要があるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

contena2
円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?

 財務省が20日発表した1月の貿易収支は1兆6294億円の赤字となり、単月の赤字 …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

bouekikontena
デフレでゲタを履かせられた7~9月期の実質GDP。輸出の落ち込みはかなり深刻

 内閣府は2016年11月14日、2016年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

twitter
ツイッターがとうとう上場。同社の収益力について投資家が数字で判断する方法

 米ツイッターが10月7日、とうとうニューヨーク証券取引所に上場した。初値は45 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …