ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す経常収支は1872億円の黒字となった。黒字は6カ月連続となっており、円安による海外からの投資収益増加で経常収支が改善する傾向がはっきりしてきた。

kokusaishushi201412

 国際収支は、簡単に言えば、貿易収支に投資から得られる収益を加えたものである。12月の貿易・サービス収支は7298億円の赤字であった。前年同月よりも赤字幅が縮小しているものの、日本は慢性的な貿易赤字体質となっており、この傾向は今後も続くと考えられる。

 一方、海外への投資から得られる収益(所得収支)は、円安によって外貨資産の残高が増加していることや、海外への直接投資が増えたことなどによって増加傾向にある。12月の第一次所得収支は1兆173億円で黒字幅が拡大している。これに第二次所得収支を加えた最終的な収支である経常収支は1872億円の黒字となった。

 成熟国が貿易赤字になることはよく知られている。国内の需要を満たす製品のうち、低付加価値なものを国内で生産していては採算が取れないからである。GDP(国内総生産)成長率と経常収支は直接関係することはなく、経常収支がどのような状態であれ、経済成長することは可能である。
 だが経常収支の変化は貯蓄率の変化など、国内の資金移動の変化を意味しており、その変動幅はなるだけ穏やかな方がよい。経常収支の変化に合わせて、スムーズに国内経済の仕組みを変革することが重要となってくる。

 その意味で、円安と直接投資の増加による所得収支の増加はプラスの効果をもたらす。所得収支が増えれば、変化のスピードを緩和させることができるからである。このところ原油価格が急落しており、来月あたりからは原油価格下落による輸入金額が減少も期待できる。経常収支の変化はさらに穏やかなものとなるだろう。

 短期的には海外の投資で得た収益をどれだけ国内に還流させるのかによって国内経済への影響は大きく変わってくる。12月は直接投資から得られた利益のうち半分が現地に再投資されているが、半分は国内に還流している。還流した利益が、賃金や株主への配当という形で国内経済に出回れば、内需を押し上げることになる。もっとも、現地法人の事業が伸びている時には、現地に再投資する方が企業としては合理的であり、最終的には全体のバランスで還流額が決定される。

 海外からの投資収益がすぐに減る可能性は低く、日本にとっては安定した収入源となる。この間に、海外からの収益が有効な国内需要として機能するよう、国内の産業構造の転換を進めていく必要があるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …