ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農協改革案について、基本的に受け入れる方針を明らかにした。JA全中が持つ地域農協への監査権を放棄する代わりに、全国農業協同組合連合会(JA全農)や全国共済農業協同組合連合会(JA共済)などを含めた全体的な組織改革は先送りとなった。

tanbo

 農協(農業協同組合)は、基本的に各地の地域農協が母体となっており、活動は独自に行うことになっている。だがJA全中が地域農協に対する監査兼を持っていることから、実質的にJA全中が農協グループ全体の司令塔としての役割を果たしている。JA全中は、政府との窓口にもなっており、全国の農家の組織票をバックに絶大な政治力を発揮してきた。

 日本の農業は国際競争力を失っており、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の妥結を前提にした場合、地域ごとに特色を持たせた多様性のある展開が必要となる。JA全中を中心とした画一的な組織では、新しい時代に対応できないというのが改革派の見解である。

 一方、全中の指導力は限定的であり、農協問題の本質ではないという意見もある。全国規模の巨大農業商社となっているJA全農やJA共済が独占的な大企業として活動していることなどを例にあげ、むしろ全体的な組織改革の方を優先すべきとの声もある。
 それでも今回、JA全中の改革が焦点となったのは、同組織が持つ政治力が大きく影響していると考えられる。安倍政権としては、農協を中心とした反TPP運動などが、非主流派による党内抗争につながっていかないよう、常に神経を尖らせてきた。JA全中が改革のターゲットになったのは、これをきっかけに官邸サイドの影響力を強化しようという意思の表われと考えられる。

 今回の農協改革によって、JA全中の政治力が著しく低下するのはほぼ確実であり、TPP交渉も前向きに進む可能性が高い。そうなってくると、今後は、JA全農やJA共済を中心に、農業の産業化が進んでいく可能性が高い。これまで独立した自営業者だった農業従事者のサラリーマン化が進むことになるかもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

obamakurisuti00
オバマ大統領がハリケーン対応で天敵クリスティ知事と協力。ロムニー候補には不利に

 熱烈なロムニー支持で、オバマ大統領を手厳しく批判してきたニュージャージー州のク …

taxi
3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気 …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

mof03
2017年度予算の概算要求額が出揃う。3年連続で100兆円の大台を突破

 財務省は2016年9月6日、各省庁が提出した2017年度予算の概算要求を取りま …