ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グループと太子党の派閥争いは、太子党側の圧勝となった。

 政治局常務委員を巡る権力闘争は、胡錦濤グループと太子党の争いに、太子党の後ろ盾となっている江沢民元総書記率いる上海閥が介入するという構図になっている。

 胡錦濤グループは共青団(中国共産主義青年団)と呼ばれる青年組織を背景とした派閥。党のエリート学校を卒業した勉強エリート集団だ。共青団出身者の中に は低い身分(共産主義の中国では地方の貧しい農民の立場も低いが、旧資本家の家柄も低いとされ出世しにくい)から苦学してのし上がった人も多く、清廉潔白だが権力志向が極めて強い。党のポストしか寄って立つところがないので、党を私物化する傾向が強い。

  一方の太子党はかつて共産党創設に貢献した初期幹部の2世3世を中とするグループ。ボンボンのエリート集団である。コネで出世しているので、不祥事を揉み消したりといろいろと評判が悪いが、豊富な資金を背景に様々な経験を積んだ有能な人もいる。ちなみに重慶市の党書記として圧倒的な実績を残したものの、スキャンダルで失脚した薄熙来氏は太子党のホープであった。

 太子党の中でも江沢民氏は太子党でない人も巻き込み独自の巨大グループを形成している(上海閥)。多くの国営企業が江沢民グループの影響下にあり、企業活動を通じて得られた莫大な富を保有している。党内での影響力は極めて大きい。

 政治局常務委員7名は以下の通りである。

 ・習近平(太子党)(江沢民グループ)
 ・李克強(胡錦濤グループ)
 ・張徳江(太子党寄り)(江沢民グループ)
 ・兪正声(太子党)
 ・劉雲山(太子党寄り)(江沢民グループ)
 ・王岐山(太子党) 
 ・張高麗(太子党寄り)(工沢民グループ)

 太子党もしくは江沢民グループは常務委員の7つのイスのうち6つを占めており、圧倒的勢力となった。胡錦濤グループは期待のホープだった汪洋氏が落選したことで李克強氏1名となり劣勢は明らかである。太子党側でもとりわけ江沢民グループは4名を確保しており、依然として江沢民元総書記の影響力が強いことを伺わせる。
 ただ胡錦濤グループは李克強氏が政府トップである国務院総理(首相に相当)のポストに内定しているほか、党職員や政府職員の隅々まで要員を配置しており、実務上の影響力は依然として大きい。胡錦濤グループは現場からのアプローチで権力奪回を目指すことになる。

 - 政治

  関連記事

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …

chansonteku
粛正された北朝鮮No2チャン・ソンテク氏の連行場面は、わざわざ撮影された?

 北朝鮮のナンバー2であった張成沢(チャンソンテク)国防委員会副委員長が粛正され …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

hongkongryosinei
香港行政長官選挙の改革案。想定通り、民主派は排除

 香港特区政府は2015年4月22日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関す …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

shukinnpeijouge
中国の外交儀礼におけるルールはシンプル。どちらが格上でどちらが格下か!

 何よりもメンツと格式。中国における外交儀礼の基本はこの2つだといわれる。中国の …