ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グループと太子党の派閥争いは、太子党側の圧勝となった。

 政治局常務委員を巡る権力闘争は、胡錦濤グループと太子党の争いに、太子党の後ろ盾となっている江沢民元総書記率いる上海閥が介入するという構図になっている。

 胡錦濤グループは共青団(中国共産主義青年団)と呼ばれる青年組織を背景とした派閥。党のエリート学校を卒業した勉強エリート集団だ。共青団出身者の中に は低い身分(共産主義の中国では地方の貧しい農民の立場も低いが、旧資本家の家柄も低いとされ出世しにくい)から苦学してのし上がった人も多く、清廉潔白だが権力志向が極めて強い。党のポストしか寄って立つところがないので、党を私物化する傾向が強い。

  一方の太子党はかつて共産党創設に貢献した初期幹部の2世3世を中とするグループ。ボンボンのエリート集団である。コネで出世しているので、不祥事を揉み消したりといろいろと評判が悪いが、豊富な資金を背景に様々な経験を積んだ有能な人もいる。ちなみに重慶市の党書記として圧倒的な実績を残したものの、スキャンダルで失脚した薄熙来氏は太子党のホープであった。

 太子党の中でも江沢民氏は太子党でない人も巻き込み独自の巨大グループを形成している(上海閥)。多くの国営企業が江沢民グループの影響下にあり、企業活動を通じて得られた莫大な富を保有している。党内での影響力は極めて大きい。

 政治局常務委員7名は以下の通りである。

 ・習近平(太子党)(江沢民グループ)
 ・李克強(胡錦濤グループ)
 ・張徳江(太子党寄り)(江沢民グループ)
 ・兪正声(太子党)
 ・劉雲山(太子党寄り)(江沢民グループ)
 ・王岐山(太子党) 
 ・張高麗(太子党寄り)(工沢民グループ)

 太子党もしくは江沢民グループは常務委員の7つのイスのうち6つを占めており、圧倒的勢力となった。胡錦濤グループは期待のホープだった汪洋氏が落選したことで李克強氏1名となり劣勢は明らかである。太子党側でもとりわけ江沢民グループは4名を確保しており、依然として江沢民元総書記の影響力が強いことを伺わせる。
 ただ胡錦濤グループは李克強氏が政府トップである国務院総理(首相に相当)のポストに内定しているほか、党職員や政府職員の隅々まで要員を配置しており、実務上の影響力は依然として大きい。胡錦濤グループは現場からのアプローチで権力奪回を目指すことになる。

 - 政治

  関連記事

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

amari
甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

obamasiriakubaku
オバマ政権が圧力に抗しきれずシリア空爆を決断。次期大統領選にも影響

 米国のオバマ大統領は2014年9月10日、テレビ演説を行い、イラクとシリアで勢 …

kokintoshukinpei
習近平-李克強体制が正規にスタート。だが選挙では前代未聞の反対票も出て大波乱

 現在、中国・北京で開催中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3月14日、 …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …

abekaiken
安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。 …