ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グループと太子党の派閥争いは、太子党側の圧勝となった。

 政治局常務委員を巡る権力闘争は、胡錦濤グループと太子党の争いに、太子党の後ろ盾となっている江沢民元総書記率いる上海閥が介入するという構図になっている。

 胡錦濤グループは共青団(中国共産主義青年団)と呼ばれる青年組織を背景とした派閥。党のエリート学校を卒業した勉強エリート集団だ。共青団出身者の中に は低い身分(共産主義の中国では地方の貧しい農民の立場も低いが、旧資本家の家柄も低いとされ出世しにくい)から苦学してのし上がった人も多く、清廉潔白だが権力志向が極めて強い。党のポストしか寄って立つところがないので、党を私物化する傾向が強い。

  一方の太子党はかつて共産党創設に貢献した初期幹部の2世3世を中とするグループ。ボンボンのエリート集団である。コネで出世しているので、不祥事を揉み消したりといろいろと評判が悪いが、豊富な資金を背景に様々な経験を積んだ有能な人もいる。ちなみに重慶市の党書記として圧倒的な実績を残したものの、スキャンダルで失脚した薄熙来氏は太子党のホープであった。

 太子党の中でも江沢民氏は太子党でない人も巻き込み独自の巨大グループを形成している(上海閥)。多くの国営企業が江沢民グループの影響下にあり、企業活動を通じて得られた莫大な富を保有している。党内での影響力は極めて大きい。

 政治局常務委員7名は以下の通りである。

 ・習近平(太子党)(江沢民グループ)
 ・李克強(胡錦濤グループ)
 ・張徳江(太子党寄り)(江沢民グループ)
 ・兪正声(太子党)
 ・劉雲山(太子党寄り)(江沢民グループ)
 ・王岐山(太子党) 
 ・張高麗(太子党寄り)(工沢民グループ)

 太子党もしくは江沢民グループは常務委員の7つのイスのうち6つを占めており、圧倒的勢力となった。胡錦濤グループは期待のホープだった汪洋氏が落選したことで李克強氏1名となり劣勢は明らかである。太子党側でもとりわけ江沢民グループは4名を確保しており、依然として江沢民元総書記の影響力が強いことを伺わせる。
 ただ胡錦濤グループは李克強氏が政府トップである国務院総理(首相に相当)のポストに内定しているほか、党職員や政府職員の隅々まで要員を配置しており、実務上の影響力は依然として大きい。胡錦濤グループは現場からのアプローチで権力奪回を目指すことになる。

 - 政治

  関連記事

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権行使の議論を再開。一部からは遅きに失したとの声も

 安倍政権が集団的自衛権の行使容認に向けて再び動き始めた。2014年2月5日、参 …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

mof03
2017年度予算の概算要求額が出揃う。3年連続で100兆円の大台を突破

 財務省は2016年9月6日、各省庁が提出した2017年度予算の概算要求を取りま …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

70nendanwayusikisha
70年談話のための有識者懇報告書は、バランスの取れた妥当な内容

 安倍首相が戦後70年談話のために設置した私的諮問機関「21世紀構想懇談会」は2 …

38north
北朝鮮がミサイル発射の可能性。交渉材料として寧辺の核施設が浮上

 米韓に対する挑発行使を続けている北朝鮮が、警告なしでミサイルを発射する可能性が …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

shukimpeigermany
中国が安心して「日本はドイツに見習え」と主張できるようになった理由

 中国の習近平国家主席が、ドイツ訪問をきっかけに「日本はドイツを見習え」という趣 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

abetoruko
トルコとの原子力協定に疑問の声。理論的にはトルコ独自の核武装が可能に

 政府がトルコと結んだ原子力協定の内容が波紋を呼んでいる。日本側が同意すればトル …