ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本に上陸する。今年の秋にも日本向けにサービスを開始する予定。日本ではネットの動画配信はあまり普及していないが、米国ではテレビを超える存在となりつつある。同社の展開次第では、地上波テレビ局が独占してきたコンテンツ市場に風穴が開くことになるかもしれない。

netttoflikusu

 ネットフリックスは、米国を中心に約50カ国で6000万人近くが利用するネット動画配信サービスの最大手。
 米国ではテレビに関する規制緩和が進んだこともあり、いわゆる従来型の地上波テレビ局というものはほとんど存在していない。従来型のテレビ局やケーブルテレビ局は、コンテンツ配信事業に特化しており、コンテンツを制作する会社との分離が進んでいる。
 制作会社はお互いに競争しながら番組を作り、複数の配信会社を通じて利用者に配信しているため、米国では200チャンネル近い番組の中から好みのものを選択するという方法が一般的である。

 最近になって、地上波とケーブルに加え、インターネットで番組を配信するサービスのシェアが急拡大し、コンテンツ市場での存在感を高めている。ネットフリックスはその代表的な企業で、月9ドル程度の利用料で、ドラマなどが見放題となる。
 若年層はニュースやバラエティ番組をあまり見ないため、ケーブルテレビの20ドルから30ドル程度の番組パッケージより、月10ドルのネット配信サービスを好む。ケーブルテレビの番組パッケージを解約し、ネットフリックに乗り換える利用者は多いという。

 日本では、有力なコンテンツのほとんどは大手テレビ局が制作し、独占的に自社の放送網で配信しており、こうしたネット上の動画配信サービスはあまり普及していない。ただ、テレビ局側は米国の動きが日本に波及することについて警戒感を強めており、日本テレビは、ネットフリックスの競合である「Hulu」の日本市場向け事業を買収している。

 ネットフリックスの上陸は従来とは少し事情が異なっている。6000万人という利用者を抱えていることや、米国市場での知名度の高さから、電機メーカーとの提携関係が出来上がっているからである。
 ソニーや東芝など電機メーカー各社は、ネットフリック日本版のサービス開始に合わせて、ネットフリックスに対応したテレビを発売する。テレビにあらかじめ接続ボタンが付いているということになると、市場での存在感はかなり違ったものになる可能性が高い。

 そうはいっても、ネットフリックスが成功するのかどうかは、最終的には日本独自のコンテンツにかかっている。当初は、海外ドラマを中心としたラインナップになることはほぼ確実であり、これに対しては国内にも一定の視聴者層が存在する。だが、マス向けのサービスとして定着させるためには、日本独自のコンテンツがどうしても必要となる。

 米国では、ネット配信事業者がオリジナルのコンテンツを制作することも多い。同社が日本向けにどのようなコンテンツ戦略を示してくるのか、業界関係者は注目している。

 

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

furyokuhatudenrakka
京都の風力発電所で45トンの発電用風車が落下。一歩間違えば大惨事に。

 京都府は3月13日、太鼓山風力発電所に設置した風力発電機の鉄柱が折れ、風車が落 …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …