ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.2%となった。プラスとなるのは3四半期ぶりだが、前回までの落ち込みが大きかったことを考えると、景気低迷が続いていると判断するのが妥当だろう。

economistataranai

 2014年の実質GDP成長率は、1~3月期がプラス1.3%、4~6月期がマイナス1.7%、7~9月期がマイナス0.6%だった。通年で考えると、4~6月期の落ち込みをカバーしておらず、順調に回復したという状況にはなっていない。

 注目の個人消費はプラスに転じているが、前期比0.3%にとどまっている。消費増税や輸入物価の上昇に対して賃金が上昇していないことから、消費マインドは弱いままだ。企業の設備投資はプラスに転じたが、0.1%とこちらもかなり弱い。自動車など一部の製造業では設備投資が活発だが、産業全般に及んでいるわけではない。

 駆け込み需要の反動が大きい住宅については、3期連続のマイナスだが、マイナス幅は1.2%となっており、下落幅は縮小しつつある。今に始まったことではないが、アベノミクスがスタートして以降、基本的に経済成長は公共事業頼みとなっており、今期についても公共事業は0.6%と相対的には高い伸びを示した。
 絶好調な米国経済を背景に輸出は前期比2.7%増と1~3月期以来の伸びになったが、純輸出の寄与度は小さく0.2ポイントとなっている。

 7~9月期のGDPは、エコノミストの事前予想とは正反対の大幅なマイナス成長となり、市場にショックが走った。今回のGDPについても、エコノミストの事前予想からは大きく下振れする形となっている。3%台後半を予測していた人も多かったことから、結果が出た直後には、市場の混乱を予想する投資家もいた。だが市場はすでにこの結果を織り込んでいたようで、株式や為替に大きな動きはない。

 世界経済は完全に米国頼みという状況になっており、来期以降のGDPも、米国経済に大きく左右される可能性が高い。2015年度予算は緊縮型となっており、秋に大型の補正予算が組まれない限り、公共事業もあまり期待できない。来期以降のGDPについても、同じような状況が継続することになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
遺伝子組み換え食品に発ガンの可能性と仏が報道。米モンサント社への攻撃か?

 遺伝子組み換え飼料で飼育されたラットは、通常のラットに比べて早く死に、ガンにな …

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

facebookhead
グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収 …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …