ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.2%となった。プラスとなるのは3四半期ぶりだが、前回までの落ち込みが大きかったことを考えると、景気低迷が続いていると判断するのが妥当だろう。

economistataranai

 2014年の実質GDP成長率は、1~3月期がプラス1.3%、4~6月期がマイナス1.7%、7~9月期がマイナス0.6%だった。通年で考えると、4~6月期の落ち込みをカバーしておらず、順調に回復したという状況にはなっていない。

 注目の個人消費はプラスに転じているが、前期比0.3%にとどまっている。消費増税や輸入物価の上昇に対して賃金が上昇していないことから、消費マインドは弱いままだ。企業の設備投資はプラスに転じたが、0.1%とこちらもかなり弱い。自動車など一部の製造業では設備投資が活発だが、産業全般に及んでいるわけではない。

 駆け込み需要の反動が大きい住宅については、3期連続のマイナスだが、マイナス幅は1.2%となっており、下落幅は縮小しつつある。今に始まったことではないが、アベノミクスがスタートして以降、基本的に経済成長は公共事業頼みとなっており、今期についても公共事業は0.6%と相対的には高い伸びを示した。
 絶好調な米国経済を背景に輸出は前期比2.7%増と1~3月期以来の伸びになったが、純輸出の寄与度は小さく0.2ポイントとなっている。

 7~9月期のGDPは、エコノミストの事前予想とは正反対の大幅なマイナス成長となり、市場にショックが走った。今回のGDPについても、エコノミストの事前予想からは大きく下振れする形となっている。3%台後半を予測していた人も多かったことから、結果が出た直後には、市場の混乱を予想する投資家もいた。だが市場はすでにこの結果を織り込んでいたようで、株式や為替に大きな動きはない。

 世界経済は完全に米国頼みという状況になっており、来期以降のGDPも、米国経済に大きく左右される可能性が高い。2015年度予算は緊縮型となっており、秋に大型の補正予算が組まれない限り、公共事業もあまり期待できない。来期以降のGDPについても、同じような状況が継続することになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

doller
生保が外債投資に一斉シフトという報道は本当か?実際のペースはかなり現実的

 日本生命保険は4月22日、2113年度の資産運用計画を発表した。日銀による異次 …

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …

imf201501
IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。201 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

facebookcom
米国以外はカネにならない?フェイスブックに見る地域ごとのマネタイズ難易度

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年4月23日、2014年1~3月期の決 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …