ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.2%となった。プラスとなるのは3四半期ぶりだが、前回までの落ち込みが大きかったことを考えると、景気低迷が続いていると判断するのが妥当だろう。

economistataranai

 2014年の実質GDP成長率は、1~3月期がプラス1.3%、4~6月期がマイナス1.7%、7~9月期がマイナス0.6%だった。通年で考えると、4~6月期の落ち込みをカバーしておらず、順調に回復したという状況にはなっていない。

 注目の個人消費はプラスに転じているが、前期比0.3%にとどまっている。消費増税や輸入物価の上昇に対して賃金が上昇していないことから、消費マインドは弱いままだ。企業の設備投資はプラスに転じたが、0.1%とこちらもかなり弱い。自動車など一部の製造業では設備投資が活発だが、産業全般に及んでいるわけではない。

 駆け込み需要の反動が大きい住宅については、3期連続のマイナスだが、マイナス幅は1.2%となっており、下落幅は縮小しつつある。今に始まったことではないが、アベノミクスがスタートして以降、基本的に経済成長は公共事業頼みとなっており、今期についても公共事業は0.6%と相対的には高い伸びを示した。
 絶好調な米国経済を背景に輸出は前期比2.7%増と1~3月期以来の伸びになったが、純輸出の寄与度は小さく0.2ポイントとなっている。

 7~9月期のGDPは、エコノミストの事前予想とは正反対の大幅なマイナス成長となり、市場にショックが走った。今回のGDPについても、エコノミストの事前予想からは大きく下振れする形となっている。3%台後半を予測していた人も多かったことから、結果が出た直後には、市場の混乱を予想する投資家もいた。だが市場はすでにこの結果を織り込んでいたようで、株式や為替に大きな動きはない。

 世界経済は完全に米国頼みという状況になっており、来期以降のGDPも、米国経済に大きく左右される可能性が高い。2015年度予算は緊縮型となっており、秋に大型の補正予算が組まれない限り、公共事業もあまり期待できない。来期以降のGDPについても、同じような状況が継続することになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

no image
株価の新指数「JPX日経400」がスタート。市場への影響は?

 日本取引所グループ、東京証券取引所及び日本経済新聞社は2014年1月6日、新し …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …