ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.2%となった。プラスとなるのは3四半期ぶりだが、前回までの落ち込みが大きかったことを考えると、景気低迷が続いていると判断するのが妥当だろう。

economistataranai

 2014年の実質GDP成長率は、1~3月期がプラス1.3%、4~6月期がマイナス1.7%、7~9月期がマイナス0.6%だった。通年で考えると、4~6月期の落ち込みをカバーしておらず、順調に回復したという状況にはなっていない。

 注目の個人消費はプラスに転じているが、前期比0.3%にとどまっている。消費増税や輸入物価の上昇に対して賃金が上昇していないことから、消費マインドは弱いままだ。企業の設備投資はプラスに転じたが、0.1%とこちらもかなり弱い。自動車など一部の製造業では設備投資が活発だが、産業全般に及んでいるわけではない。

 駆け込み需要の反動が大きい住宅については、3期連続のマイナスだが、マイナス幅は1.2%となっており、下落幅は縮小しつつある。今に始まったことではないが、アベノミクスがスタートして以降、基本的に経済成長は公共事業頼みとなっており、今期についても公共事業は0.6%と相対的には高い伸びを示した。
 絶好調な米国経済を背景に輸出は前期比2.7%増と1~3月期以来の伸びになったが、純輸出の寄与度は小さく0.2ポイントとなっている。

 7~9月期のGDPは、エコノミストの事前予想とは正反対の大幅なマイナス成長となり、市場にショックが走った。今回のGDPについても、エコノミストの事前予想からは大きく下振れする形となっている。3%台後半を予測していた人も多かったことから、結果が出た直後には、市場の混乱を予想する投資家もいた。だが市場はすでにこの結果を織り込んでいたようで、株式や為替に大きな動きはない。

 世界経済は完全に米国頼みという状況になっており、来期以降のGDPも、米国経済に大きく左右される可能性が高い。2015年度予算は緊縮型となっており、秋に大型の補正予算が組まれない限り、公共事業もあまり期待できない。来期以降のGDPについても、同じような状況が継続することになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

kizui
ジャガーランドローバーと奇瑞汽車が合弁。中国が外資の取り込みを活発化

 英国の高級車メーカーであるジャガー・ランドローバーと中国の奇瑞汽車は21日、中 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

jacklew
オバマ大統領がルー補佐官を財務長官に指名。財政再建に対する強い意志の表れ

 オバマ米大統領は、退任が決まっているガイトナー財務長官の後任にジャック・ルー大 …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …