ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは、量的緩和に積極的ないわゆるリフレ派と呼ばれる専門家による「日銀が保有する国債は政府の債務から落とせる」という発言。これに対して量的緩和に慎重な識者からは反論が相次いでいる。

 nichigin03 リフレ派として知られる早稲田大学の若田部昌澄教授は、新聞の取材に対して「政府と一体と考えられる日銀保有の国債260兆円は国のバランスシートから落とせる」と発言した。この発言に対しては、量的緩和の慎重派から反対意見が出ている。

 若田部氏がどのような意図でこの発言を行ったのは分からないが、日銀が保有している国債の評価については様々な考え方がある。しばしば議論の対象となるのは、国債の時価評価の問題である。
 日銀は保有する国債については時価評価を行っていない。したがって、今後金利が上昇することになっても、会計上、日銀に損失が発生することはない。一部の識者はこの事実をもって、日銀による大量の国債保有は問題ないと主張している。

 ただ、これは会計処理というテクニカルな問題であって、政府が持つリスクが日銀に転嫁されたという意味では、本質的に何も変わらない。日銀は、保有する国債から得られる金利収入(シニョリッジ)を元に政府に納付金を納めている。だが金利が急騰してしまうと、逆に日銀が支払う金利の方が大きくなってしまい、国庫納付が不可能になる。最終的には国庫納付金の減少という形を通じて、政府の負担となり、最終的には国民に跳ね返ってくる。

 最悪のケースは、日銀が持つ含み損を市場が強く認識し、円の信認が低下するというケースだろう。この場合は、資金の移動が自由な為替市場の異変という形で顕在化する可能性が高い。最終的には円安によって円の価値が減価し、実質的な政府債務の額も減少することで、帳尻が合うという結果になる。

 こうした点から、量的緩和に慎重な識者は、日銀にリスクを転嫁することについて、否定的な見解を示しているようだ。だが、もしかするとこうした議論そのものがナンセンスなのかもしれない。

 同じくリフレ派と呼ばれ、新しく日銀の審議委員に就任する原田泰氏は「日銀はコストをかけずタダで国債を買うことができる」という主旨の発言している。彼等の狙いが、意図的なインフレによる債務圧縮なのだとすると、大幅な円の減価はむしろ望ましいということになる。

 もしインフレが過度に進めば、日本の債務問題は実質的に解消する。その場合、誰がそれを負担しているのかというと、現金と国債の保有者ということになる。財政の世界ではこれをインフレ課税と呼んでいる。増税に対しては反対の声が上がることが多いのだが、なし崩し的にインフレ課税が進んだ場合、国民はどのような反応を見せるのだろうか。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

sekiyu
内閣府の世界経済に関する報告書。原油安がプラスの影響をもたらし、米国・欧州経済の拡大が続く

 内閣府は2015年6月13日、世界経済の現状に関する報告書「世界経済の潮流(2 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

toppage
オバマ大統領夫人らの個人情報が流出!だが実際はあまり大した話ではなかった

 米連邦捜査局(FBI)は3月12日、ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統 …

shukinpei06
国連人権理事会が中国の人権弾圧を指摘。だが中国への実質的影響はほとんどゼロ

 国連人権理事会は10月22日、作業部会を開催し、中国に対してチベット自治区など …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …