ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に法案化されるまでには2年以上かかるといわれているが、米国主導で無人機の商用利用が本格普及する可能性が高くなってきた。

amazondrone

  米連邦航空局(FAA)は2015年2月15日、無人機の商用利用に関する規則の原案を公開した。一般からの意見を募ったうえで修正を加え、2年後をメドに法案化を目指す。

 規則の原案では、無人機の重量は55ポンド(約25キロ)以下、上空500フィート(約150メートル)以下を時速100マイル(時速約160キロ)以下で飛行しなければならないと定めている。また、操縦者が目で見て確認できる範囲に飛行を限ることや夜間の飛行を禁止することなどが盛り込まれた。空港周辺や人がいる場所の上空で飛行させることも禁止としている。

 無人機を操縦する人は、「パイロット」ではなく「オペレーター」とみなされ、パイロット免許は不要となる。FAAによる資格試験が課せられ、オペレータは2年ごとに更新する必要があるが、パイロット免許に比べればハードルは低く、企業にとっての負担は少ない。

 無人機の商用利用では、アマゾンの無人機配送計画が有名だが、今回の規制案では、物理的にはアマゾンが商用利用を申請している内容をクリアするという。ただ、実際に法整備が行われる段階までには紆余曲折が予想されることや、人がいるエリアでの飛行についてどう対処するのかなど課題も多い。規制案がそのまま法制化されれば、アマゾンは計画通りに無人機配送はできない可能性が高い。それでも本格的な規制案が登場した意味は大きいだろう。

 米国では、無人機の商用利用を見込んで、無人機のオペレータを養成するための専門大学が多数登場している。無人機をはじめとする新しい技術については、慎重になりつつも、とりあえず進めてみて、問題があれば修正するというスタンスである。

 米国が本格的な規制案を提示したことで、日本などは、これに準じた形で議論が行われる可能性が高い。無人機市場において米国が圧倒的に有利な立場になったことだけは間違いないだろう。

 - 政治, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

wsj120 02
ウォールストリート・ジャーナルが創刊125年。当時の紙面は今とあまり変わらず

 米国を代表する経済誌であるウォールストリート・ジャーナルが2014年7月8日で …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …

imf201510
IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

no image
反日デモはまるで「文化大革命」や「義和団の乱」。当局は反政府運動への転換を危惧

 中国の公安当局が事態の沈静化を図るため、反日デモを押さえ込む方針に転換し始めて …

win800
パソコンが消滅する?Windows8が示すパソコン時代の静かな終焉

 マイクロソフトは同社の基本ソフトの最新版である「Windows8」を26日、全 …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

hagel02
ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上 …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …

senetereport
CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テ …