ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で雇用の質が徐々に改善。NYではウォール街に頼らない雇用増を実現

 

 景気拡大が続く米国で雇用の質が改善している。ニューヨークでは、かつてはウォール街の雇用が大きな割合を占めていたが、最近では幅広い業種での雇用増加が目立つ。米国では景気が回復しているものの、雇用の質が伴っていないという指摘があった。ニューヨークはまだ例外的かもしれないが、雇用の質は着実に改善しつつある。

wallst02

 米メディアの報道によると、ニューヨークでは過去に例がない水準で雇用が増加しているという。雇用の増加スピードは、1992年からの景気上昇局面や2003年からの景気上昇局面のペースをはるかに上回っている。
 米労働省の調べではニューヨーク州ではここ1年間で約10万人雇用が増加した。2003年の回復局面では金融関係の雇用が多かったが、最近では幅広い業種で雇用が拡大しており、経済全体が活性化していることが分かる。

 米国全体でも、1月における非農業部門の雇用者数の増加は25万7000人と市場予想を大きく上回った。また2014年11月と12月の数字も大幅上昇修正となっており、11月は42万3000人、12月は32万9000人と著しい増加を見せている。

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委員会)において、量的緩和策の終了を決定しており、すでに出口戦略に入っている。
 米国の景気が回復していることは、誰に目にも明らかだったが、問題は十分な雇用の質が得られているかという点であった。FRBのイエレン議長は雇用を重視しており、質が伴わない場合には、緩和的なスタンスが継続する可能性が示唆されていた。

 だが、このところ雇用統計で良好な結果が得られていることや、雇用の質の改善が見られることなどから、予定通り6月に利上げを実施する可能性がより濃厚となってきている。今回の米メディアの報道も、こうした状況を裏付けるものといえるだろう。

 オバマ政権は、ブッシュ政権以降、連続して実施されてきた富裕層向け減税を見直し、以前の水準まで富裕層の税率を戻す意向を示している。現在、議会は上下両院とも共和党が多数となっており、オバマ政権の増税プランが実施できるかどうかは不透明である。

 雇用の質が改善している現在、オバマ政権が目指す税制改革が進めば、中間層の所得をさらに伸ばすことが可能となる。ここに原油安の恩恵が加わると、米国経済はもう一段の経済成長が期待できるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …

gunosy01
KDDIがニュース閲覧サービスのGunosyに出資。一気にマス・マーケット化が進むか?

 KDDIは2014年3月14日、ネット上でニュース配信サービスを手がけるベンチ …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

factory
日本メーカーが相次いで米国に製造拠点を設置。米国はものづくり大国として復活か?

 米国において安価な新型天然ガスであるシェール・ガスの生産が急拡大していることか …

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …