ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で雇用の質が徐々に改善。NYではウォール街に頼らない雇用増を実現

 

 景気拡大が続く米国で雇用の質が改善している。ニューヨークでは、かつてはウォール街の雇用が大きな割合を占めていたが、最近では幅広い業種での雇用増加が目立つ。米国では景気が回復しているものの、雇用の質が伴っていないという指摘があった。ニューヨークはまだ例外的かもしれないが、雇用の質は着実に改善しつつある。

wallst02

 米メディアの報道によると、ニューヨークでは過去に例がない水準で雇用が増加しているという。雇用の増加スピードは、1992年からの景気上昇局面や2003年からの景気上昇局面のペースをはるかに上回っている。
 米労働省の調べではニューヨーク州ではここ1年間で約10万人雇用が増加した。2003年の回復局面では金融関係の雇用が多かったが、最近では幅広い業種で雇用が拡大しており、経済全体が活性化していることが分かる。

 米国全体でも、1月における非農業部門の雇用者数の増加は25万7000人と市場予想を大きく上回った。また2014年11月と12月の数字も大幅上昇修正となっており、11月は42万3000人、12月は32万9000人と著しい増加を見せている。

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委員会)において、量的緩和策の終了を決定しており、すでに出口戦略に入っている。
 米国の景気が回復していることは、誰に目にも明らかだったが、問題は十分な雇用の質が得られているかという点であった。FRBのイエレン議長は雇用を重視しており、質が伴わない場合には、緩和的なスタンスが継続する可能性が示唆されていた。

 だが、このところ雇用統計で良好な結果が得られていることや、雇用の質の改善が見られることなどから、予定通り6月に利上げを実施する可能性がより濃厚となってきている。今回の米メディアの報道も、こうした状況を裏付けるものといえるだろう。

 オバマ政権は、ブッシュ政権以降、連続して実施されてきた富裕層向け減税を見直し、以前の水準まで富裕層の税率を戻す意向を示している。現在、議会は上下両院とも共和党が多数となっており、オバマ政権の増税プランが実施できるかどうかは不透明である。

 雇用の質が改善している現在、オバマ政権が目指す税制改革が進めば、中間層の所得をさらに伸ばすことが可能となる。ここに原油安の恩恵が加わると、米国経済はもう一段の経済成長が期待できるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

freeway
原油価格の下落は、世界経済にとってプラスなのかマイナスなのか?

 安い原油価格を背景に、米国で自動車が好調な売れ行きを見せている。原油価格の下落 …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

panasanyo
三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …