ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

学校における「いじめ」の各国比較研究。教育プログラムの多様化はひとつの解決策

 

 全国都道府県教育長協議会は2015年1月、諸外国におけるいじめ問題の比較研究の結果を発表した。日本ではいじめに遭う確率は低いものの、再発したり長期化する割合が高く、見て見ぬふりをする人が多いことが明らかになった。一方、狭い人間関係を継続させない工夫があれば、いじめを軽減できる可能性も示唆している。

 gakkou 研究では、日本、ノルウェー、英国、オランダの各国におけるいじめの状況を比較している。日本におけるいじめの被害経験者率は13.9%と英国(39.4%)やノルウェー(20.8%)などと比較するとかなり低い。いじめに遭う確率そのものは、諸外国に比べて低いということになる。

 一方、いじめが再発したり、いじめ被害が長期化する傾向は、日本が17.7%ともっとも高くなっている。ノルウェーは17.1%と比較的高いが、英国は12.4%、オランダは11.7%と低い数値にとどまっている。日本の場合、いじめに遭う確率は低いものの、一旦いじめに遭ってしまうと、それが長期化する傾向が見て取れる。

 日本とノルウェーでいじめの長期化傾向が顕著なのは、学校の制度による影響が大きいと考えられる。ノルウェーと日本は、全員に同一の教育システムを提供する、いわゆる単線型教育を採用しており、人間関係が長期にわたって継続しやすい。この結果を見ると、定期的に人との関係がシャッフルできる環境があれば、いじめ被害を低減できる可能性が見えてくる。

 当然のことながら、いじめは学校制度だけの問題ではない。日本の場合には、社会的な要因も大きいと考えられる。日本はいじめの仲裁にはいる割合が低く、逆に傍観する割合が高いという結果が出ているからだ。
 どの国も年長になるにつれていじめを仲裁する人の割合は低下してくるが、日本はその傾向が顕著である。英国では中学校3年になっても仲裁に入る人は45.9%存在しているが、日本ではわずか21.8%である。

 逆にいじめを傍観する人の割合は日本の方が高くなる傾向がある。小学校5年生で傍観する人はわずか26.4%で、オランダよりも低いが、中学校3年制になると傍観者は一気に61.7%まで上昇する。オランダの中3のデータはないが、英国では傍観者は41.8%にとどまっている。

 日本社会は他人に対する関心が薄く、他人の問題には関わらないという人が多い。というよりも、こうした不正に対して関与すると社会的制裁を受ける可能性があるため、躊躇しているという方が正しいかもしれない。日本社会では、不当な行為を行った本人よりも、それを指摘した人の方が非難されることが多いというのは、職場などでも実感しているはずだ。

 報告書では、欧州においては、加害者に対する懲罰よりも、「市民性教育(シティズンシップ教育)」に重点を置いていじめ対策を行っているとしている。欧州と日本では事情が異なるので、単純な比較はできないが、市民性の教育はいじめ根絶に重要であることは間違いない。

 ただ短期的には、閉鎖的な人間関係が継続しない教育システムの構築は効果を上げそうである。価値観が多様化している現代において、同一の教育を全員に長期間提供するメリットは少なくなっている。
 様々な教育プログラムの選択肢を提供することができれば、多様性のある人材を育成しつつ、いじめ問題も軽減できるはずである。検討してみる価値は高いだろう。

 - 社会 , ,

  関連記事

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

zangyou
働き方改革で政府が残業時間規制を検討。結局はサービス残業増えるだけ?

 政府は長時間残業を是正するため、労働基準法を見直し、一定以上の残業を規制する検 …