ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強化したい各国首脳がこぞってお祝いのメッセージを送っている。中国側も冊封(さくほう)時代の感覚を引きずっているせいか、各国から祝辞を送られたことを強調する傾向があり、こうした状況に拍車がかかっている。

shunsetugou

 中国からの移民も多く、経済的なつながりが密接なオーストラリアでは、シドニーにある有名なオペラハウスを中国共産党のシンボルカラーである赤にライトアップするイベントが行われた。また盛大に花火が打ち上げられ、中国と在豪華人に対する祝意を示した。

 英国も中国に対するアピールにかなり力を入れている。キャメロン首相は、中国のアキレス腱であるチベットの人権問題に言及し、中国から冷遇され続けた苦い経験がある。中国はチベット問題に一切言及しないフランスとドイツを露骨に厚遇。困り果てた英国は、中国の人権問題を黙認する姿勢に転じ、中国との関係強化を図っている。今年は、キャメロン首相に加え、ウィリアム王子がわざわざ中国語でメッセージを送った。

 日本の安倍首相も、在日華人向けにお祝いのメッセージを送ったほか、米国のオバマ大統領、国連の潘基文事務総長。フランスのオランド大統領などが相次いでメッセージを出している。安倍氏がメッセージを出すのは、就任以来、3回連続である。

 欧州各国は自国の製品を中国に売り込みたいという意識が極めて強く、各国首脳はセールスマンと揶揄されている。ドイツのメルケル首相は、財界人を引き連れ何度も中国を訪問、エアバスの航空機など、欧州製品の売り込みに躍起だ。英国は中国から原発プロジェクトへの投資を引き出した。

 日本も同様である。日本政府は訪日外国人観光客の増加を国策として掲げているが、このカギを握るのが中国人観光客だからである。
 2014年における訪日外国人数は1300万人を突破したが、訪日客のうち中国人が占める割合は18%に達している。前年からの伸び率は何と83%になる。国内の小売店などは中国観光客がいないと成り立たないとういうのが現実だ。

 グローバル化の進展によって、基本的に各国のパワーバランスは、その国の経済力、特に製品の購買力に依存するようになってきている。日本の対中国外交はいまだに基本戦略が明確になっていない。もし本気で中国を封じ込める政策を採用するのであれば、現在の経済水準ではその実現はかなり難しいだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

abeobama201404
クールで事務的といわれるオバマ大統領。今回の首脳会談でもその傾向がハッキリと

 オバマ米大統領が来日し、安倍首相と首脳会談を行った。オバマ政権は、よく言えば実 …

orando02
アフリカのマリが第二のイラク、アフガンに?マリ軍への移管ができず仏軍が苦慮

 イスラム武装勢力の追討を目指してフランスが介入したアフリカのマリ共和国において …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

shairo
北朝鮮が間もなく核実験?米第7艦隊の艦船が続々出航、中国を交えた神経戦を展開

 核実験の実施をほのめかしている北朝鮮の準備がほぼ最終段階に入った。韓国の聯合ニ …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

boueishou
防衛相も知らない自衛隊の極秘海外活動があったという報道をどう考えるか?

 陸上自衛隊の秘密情報部隊が、首相や防衛相にも知らせず海外で極秘活動を行っていた …

mof
日銀総裁の交代とTPPで財務省人事に動き。ただ次官レースには大きな影響はない

【本記事は2013年3月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …