ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。もし実現すれば、1961年に池田勇人首相が演説を行って以来、54年ぶりとなる。背景にはオバマ政権が末期を迎えており、議会を中心にポスト・オバマに向けた動きが活発化していることがある。

abekaisan20141119

 ここ数年、米国のアジア太平洋地域における最重要課題は中国であり、日本の重要性は相対的に急低下していた。特にオバマ政権はその傾向が強く、日本を米国の重要な同盟国とみなす姿勢は示してこなかった。

 安倍政権が中国との対決姿勢を強めたこともこれに拍車をかけたと考えられる。オバマ政権にとっては、中国との交渉が最優先であり、日本が中国といたずらに対立することは、交渉の邪魔でしかないという認識だった可能性が高い。2013年2月に安倍氏が訪米した際は、夕食会も開催されず、かなり事務的な内容に終始している。

 だが、オバマ政権の任期があと2年となり、ワシントンでは次の政権に向けた水面下の動きが活発化している。特に野党共和党は、対オバマ政権という観点から日本へのアプローチを強めている。
 中東の過激派組織イスラム国による日本人人質殺害事件のきっかけになったともいわれる、イスラエルに対する支援プログラムについても、共和党からの積極的な働きかけがあったとする見方もある。民主党の内部でも、次期大統領選挙をめぐって人事が動き始めており、今回の議会演説もこうした文脈で捉えた方がよさそうである。

 日本の首相が米国で議会演説ということになると、当然、政治的な課題について事前に交渉が行われることになる。争点となるのは、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)、日本の安保法制の整備、日本の歴史認識問題、などが考えられる。これらの課題がどのように動いていくのかで、米国側の意向がよりはっきりしてくるだろう。

 日本は米国と中国に挟まれた状態であり、現在の日本の経済力や政治力では、アジア太平地域において強いリーダーシップを発揮するのは困難である。米国側の日本の対する関心が高まっているということは、再び,米国主導で日本の外交が動き始めることを意味している。
 今年はアジア太平地域の地政学的な状況にも変化が出てくるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

nenkin02
欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

kimujonun04
米紙が金正恩ファミリーの海外隠し財産について報道。米朝交渉のための揺さぶりか?

 核問題をめぐる北朝鮮と米国の交渉が動き始めている。北朝鮮はケリー国務長官のアジ …