ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。もし実現すれば、1961年に池田勇人首相が演説を行って以来、54年ぶりとなる。背景にはオバマ政権が末期を迎えており、議会を中心にポスト・オバマに向けた動きが活発化していることがある。

abekaisan20141119

 ここ数年、米国のアジア太平洋地域における最重要課題は中国であり、日本の重要性は相対的に急低下していた。特にオバマ政権はその傾向が強く、日本を米国の重要な同盟国とみなす姿勢は示してこなかった。

 安倍政権が中国との対決姿勢を強めたこともこれに拍車をかけたと考えられる。オバマ政権にとっては、中国との交渉が最優先であり、日本が中国といたずらに対立することは、交渉の邪魔でしかないという認識だった可能性が高い。2013年2月に安倍氏が訪米した際は、夕食会も開催されず、かなり事務的な内容に終始している。

 だが、オバマ政権の任期があと2年となり、ワシントンでは次の政権に向けた水面下の動きが活発化している。特に野党共和党は、対オバマ政権という観点から日本へのアプローチを強めている。
 中東の過激派組織イスラム国による日本人人質殺害事件のきっかけになったともいわれる、イスラエルに対する支援プログラムについても、共和党からの積極的な働きかけがあったとする見方もある。民主党の内部でも、次期大統領選挙をめぐって人事が動き始めており、今回の議会演説もこうした文脈で捉えた方がよさそうである。

 日本の首相が米国で議会演説ということになると、当然、政治的な課題について事前に交渉が行われることになる。争点となるのは、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)、日本の安保法制の整備、日本の歴史認識問題、などが考えられる。これらの課題がどのように動いていくのかで、米国側の意向がよりはっきりしてくるだろう。

 日本は米国と中国に挟まれた状態であり、現在の日本の経済力や政治力では、アジア太平地域において強いリーダーシップを発揮するのは困難である。米国側の日本の対する関心が高まっているということは、再び,米国主導で日本の外交が動き始めることを意味している。
 今年はアジア太平地域の地政学的な状況にも変化が出てくるかもしれない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

gooddesign
グーグルマップの受賞禁止で期せずして注目を浴びたグッドデザイン賞のビジネスモデル

 日本デザイン振興会が2013年度グッドデザイン賞の大賞(内閣総理大臣賞)として …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

ieren03
イエレン議長が1期で退任の可能性が高まる。後任によってはリスク要因にも

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が2018年2月に1期で退任する公 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …