ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネット上で話題となっている。にわかには信じられない値だが、実際のところはどうなのだろうか。

piketishasin

 あるテレビ番組で、日本のトップ1%の年収はどのくらいなのかと司会者から聞かれた識者が、「1300万円」と答えたところ、会場が凍ってしまったという。ピケティ・ブームにあやかり、格差問題を批判しようと意気込んでいたところ、テレビ局の関係者や出演者が皆、この年収に該当してしまうことが分かったので、答えに窮してしまったのだろうと識者は指摘している。

 トップ1%の年収が1300万円というのは、にわかには信じられないが、現実はそうでもない。国税庁の調べでは、給与所得者の上位1%は1500万円以上となっているし、厚労省の国民生活基礎調査では、上位1%は2000万円からとなっている。厚労省の調査は世帯全体なので個人よりも数字が大きくなる。個人レベルで考えれば、国税庁のデータの方が現実に近いだろう。

 国税庁のデータは、個人事業主が入っていないが、個人事業主は高額所得者もいるものの、圧倒的に零細事業者が多く、合算した場合にはさらに金額が下がる可能性がある。そうなると識者が述べた1300万円という数字はあながちウソではないという分析になる。

 年収1300万円というと、上場企業の管理職の多くが該当するし、商社マンやマスコミなどでは30代でこの金額になる人も多い。さらにトップ5%まで広げると、1000万円程度になるので、ここまでくると公務員も一部はその対象となってくる。

 富裕層とそうでない層の格差は、給与所得だけではない。配当収入など資産格差もあるわけだが、基本的に給与の額と資産の額は比例してくるので、大まかには、上位5%が年収1000万円というのは現実の姿といってよいだろう。

 このデータは日本の経済構造を如実に表している。日本には米国にいるような超富裕層がほとんど存在しないことはよく指摘されている。こうしたデータを見てもそれが裏付けられる。
 一方、日本では、このところ貧困率が急上昇しており、もはや米国並みの状況になっている。日本はお金持ちの人が少ない反面、下方向に格差が拡大しているのだ。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

suzukiakihiro
都議会ヤジ問題。議員が名乗り出なかったということは何を意味するか?

 東京都議会において、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員が女性蔑視のヤジを浴 …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

harada
マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社 …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

jaxass520
民生品を使って低コスト化を狙ったJAXAの小型ロケット打ち上げ失敗。データ送信途絶える

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月15日、超小型衛星を運ぶ小型ロ …

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

hagel02
ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上 …