ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き」が新たなステージに突入している。

 roadie 中抜きビジネスとして代表的なのはタクシー配車サービスのウーバー(UBER)だろう。ウーバーはスマホを使って近くにいるタクシーを簡単に呼び出せるサービスで、米国のベンチャー企業ウーバー・テクノロジーズが世界各国で提供している。 サービス内容は国によって異なるが、料金が既存のタクシーより安いケースが多く、先進国、途上国ともに急速に普及が進んでいる。
 
 特に物議を醸しているのが、既存のタクシーではなく、一般人が自身の車を使ってタクシーのサービスを提供できる廉価版サービス。これは各国の法制度の解釈によるので一概には断定できないが、一種の白タクに近いビジネスということになる。このサービスは規制という枠組みに守られてきたタクシー業界のビジネスモデルを根本的に覆す可能性がある。

 こうしたサービスは、他の分野に次々と波及している。昨年12月にニューヨーク株式市場に上場したレンディングクラブは、個人の融資を仲介するサービスである。お金を借りたい個人と貸したい個人をネット上で仲介する。本格的にこのサービスが普及することになれば、銀行の融資業務に対する影響は甚大だろう。

 Roadieは、荷物の配送を仲介するサービスである。荷物を送りたい人と、ある地域に旅行する予定のある人をマッチングし、手数料を取るビジネスモデルである。参加者が増えれば増えるほど、自分が送りたい地域に荷物を届けてくれる人が増えてくるので、サービス普及に弾みがつくことになる。
 米国では、空き家や旅行中で不在になっている個人の家を、ネットを使って1日単位で貸し出すことは、すでに日常的な光景である。中にはトイレを有料で貸し出すビジネスを仲介するスマホ・アプリまである。

 このようなアイデアはネットが登場した時からあり、様々な試みも行われてきた。ここに来て、一気サービスが拡大しているのは、当然のことながらスマホが広く普及した影響が大きい。少し長い目で見れば、ネットの登場による産業の地殻変動はこれからが本番なのかもしれない。

 一方、こうしたサービスは国家から認証された業者が行うべきだという意識の強い日本では、今のところ米国のような盛り上がりはない。外国企業がデファクトスタンダードになってから、結局サービスを受け入れ、結果的に多くの利益を外国企業に提供するという、これまでのパターンを踏襲してしまうのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

facebookcom
フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期 …

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …