ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経平均は為替と連動してきた。だが為替がボックス圏相場に終始する中、1月以降、日経平均だけが急激に上昇している。景気の先取りなのか、それとも波乱の予兆なのか市場関係者は注目している。

tosho03

 日銀の量的緩和策は、タテマエはともかく、実質的には円安政策であり、為替の下落は円建ての企業収益を向上させる。これまで日経平均と為替が連動していたのは自然な流れであった。円安が株高を呼び、株高が円安を呼ぶ好循環となっていたわけである。
 だがこのところ日経平均と為替の乖離が目立ってきている。1月以降、日経平均が1万7000円から1万8000円台後半まで急上昇したにもかかわらず、為替にはほとんど動きがない状況が続いてきた。

 この乖離が一時的なものなのかについて市場関係者の意見は分かれている。米国経済の強さに着目する人は、日本企業の収益拡大をストレートに評価しているようだ。日本の輸出産業の多くは北米市場に依存している。アジア向けの輸出も多くが、米国向けの最終製品として再輸出される。米国経済は不安材料もあるものの、今のところ非常に好調である。北米市場で稼ぐ日本企業の収益拡大を織り込んで株価が上昇しているという見方だ。

  2月27日時点における日経平均採用銘柄のEPS(1株あたり利益)は約1100円、株価は1万8800円だったので、PER(株価収益率)は約17倍と計算される。好調な北米市場を受けて、2015年3月期のEPSは1200円、2016年3月期は1300円を超える可能性が高い。現在のPERが維持されるとすると、株価は2万円を容易に突破できることになる。原油安のプラス効果はこれから本格化するので、業績がさらに上振れすると見る強気派もいる。

 悲観的な投資家はもちろんそう思っていない。現在の市場は為替が主導となっており、大きな乖離はどこかで修正されるという考え方である。
 為替は様々な要因で決まるが、最終的にはその国の物価水準が決め手となる。総務省が発表した1月の消費者物価指数は、代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」が前年同月比2.1%の上昇にとどまっている。消費税の影響を差し引くと、物価は完全に横ばいであり、物価はむしろ停滞している。これ以上の円安は考えにくく、原油安による物価下落の影響も大きいので、株価だけが上昇するというのは無理があるという解釈である。

 株価が実体経済を先取りしているのか、為替が現状を反映しているのか。正しい答は誰にも分からない。だが、結論が出るのはそう先のことではない。どちらに動くにせよ、市場には一波乱あるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …