ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の「公共財」とみなし、回線運営会社を規制する案を承認した。一部の大口顧客に対して通信速度などで優遇する措置が出来なくなる。回線事業者各社は猛反発している。

fccbeikoku

 米国には、ネットは誰もが公平に利用できなければならないという価値観が根強くある。これを「ネットワーク中立性」と呼ぶ。お金を払った特定の事業者のデータを優先してしまうと、それ以外の情報がネットに流通しにくくなり、公平な情報の共有が阻害される可能性がある。これを防ぐ措置が必要という考え方である。

 この問題は、規模の大きいネット企業による市場の独占を防ぐというビジネス上の問題意識から発しているが、同時にネットでの情報流通が民主主義を支えているというイデオロギー的な側面もある。このため、単純にお金の問題だけにとどまらないところが特徴的である。

 このところ米国では、ネットフリックスなど、インターネットで動画を配信するサービスが急成長しており、ドラマやバラエティの視聴は、地上波やケーブルTVからインターネットにシフトしている。だがこれに伴って動画配信に伴うネットのトラフィックが急増しており、こうした事業者だけで全体の3割を占める状況になっているという。

 現在、動画配信事業者は回線事業者に追加料金を払うことによって帯域を確保し、スムーズな動画が閲覧できるよう工夫している。だがこうした措置がネットワークの中立性に反するとして、その是正を求める声が上がっているのだ。

 今回の規制は、回線事業者がコンテンツの流れを阻害したり、配信速度を遅くしたりする行為を禁じる内容になっている。料金設定の許可制は導入しないとしており、事業者への配慮も見せた。だが、現実には一方的な価格設定を事業者実施することは難しく、帯域を確保するための新規投資を手控える可能性がある。これによって、ネットの動画配信がスムーズに行かなくなるリスクが残る。

 FCCは当初、こうした規制には消極的だったが、オバマ政権はネットワーク中立性に対する意識が高く、最終的には中立性を確保する方針に転換した。ただ、オバマ政権の任期が残り少ないことから、今後、この問題がどう推移するのは不透明である。

 ちなみに日本は、もともとネットワークの中立性に関する意識があまりなく、コンテンツのテレビからネットへのシフトも起こっていない。幸か不幸か、こうした問題が浮上する気配は今のところなさそうだ。

 - 政治, IT・科学 ,

  関連記事

hatoyama
宇宙人パワーも衰弱?鳩山元首相が絶体絶命の大ピンチ

 民主党執行部の方針に反対している鳩山元首相が崖っぷちに立たされている。  鳩山 …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

obama20121229
オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリ …

kaieda
民主党の代表選に海江田氏が「比例復活」の状態でも出馬するワケ

 民主党は22日に実施する代表選に、同党の海江田万里元経済産業相が立候補を決めた …

kokkaigijido02
日本の議員資産公開法は穴だらけ。だがそれは国民の側にも原因がある

 参議院は2014年1月6日、昨年7月の参院選で当選した参議院議員の資産を公開し …

no image
ロムニー氏が弱者軽蔑発言。正論なのだが何が問題となっているのか?

 「米国民の47%は政府にタカっている」。共和党のロムニー大統領候補の弱者軽蔑と …

IBM Lenobo
IBMの低価格ハード部門は中国企業へ売却。富士通でなかったのはかえって好都合?

 中国のパソコン・メーカーであるレノボ・グループ(聯想集団)は2014年1月23 …

iryouseido
安倍首相が混合診療の法案提出に言及。背景にあるのは深刻な医療財政

  安倍首相は、公的保険が適用される診療と適用されない診療を併用する「混合診療」 …