ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の「公共財」とみなし、回線運営会社を規制する案を承認した。一部の大口顧客に対して通信速度などで優遇する措置が出来なくなる。回線事業者各社は猛反発している。

fccbeikoku

 米国には、ネットは誰もが公平に利用できなければならないという価値観が根強くある。これを「ネットワーク中立性」と呼ぶ。お金を払った特定の事業者のデータを優先してしまうと、それ以外の情報がネットに流通しにくくなり、公平な情報の共有が阻害される可能性がある。これを防ぐ措置が必要という考え方である。

 この問題は、規模の大きいネット企業による市場の独占を防ぐというビジネス上の問題意識から発しているが、同時にネットでの情報流通が民主主義を支えているというイデオロギー的な側面もある。このため、単純にお金の問題だけにとどまらないところが特徴的である。

 このところ米国では、ネットフリックスなど、インターネットで動画を配信するサービスが急成長しており、ドラマやバラエティの視聴は、地上波やケーブルTVからインターネットにシフトしている。だがこれに伴って動画配信に伴うネットのトラフィックが急増しており、こうした事業者だけで全体の3割を占める状況になっているという。

 現在、動画配信事業者は回線事業者に追加料金を払うことによって帯域を確保し、スムーズな動画が閲覧できるよう工夫している。だがこうした措置がネットワークの中立性に反するとして、その是正を求める声が上がっているのだ。

 今回の規制は、回線事業者がコンテンツの流れを阻害したり、配信速度を遅くしたりする行為を禁じる内容になっている。料金設定の許可制は導入しないとしており、事業者への配慮も見せた。だが、現実には一方的な価格設定を事業者実施することは難しく、帯域を確保するための新規投資を手控える可能性がある。これによって、ネットの動画配信がスムーズに行かなくなるリスクが残る。

 FCCは当初、こうした規制には消極的だったが、オバマ政権はネットワーク中立性に対する意識が高く、最終的には中立性を確保する方針に転換した。ただ、オバマ政権の任期が残り少ないことから、今後、この問題がどう推移するのは不透明である。

 ちなみに日本は、もともとネットワークの中立性に関する意識があまりなく、コンテンツのテレビからネットへのシフトも起こっていない。幸か不幸か、こうした問題が浮上する気配は今のところなさそうだ。

 - 政治, IT・科学 ,

  関連記事

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

mizunomaki
水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られて …

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

nenkin
年金の長期見通し。生涯現役、女性参加、高リスク運用でようやく現役世代の50%

 厚生労働省は2014年6月4日、公的年金の長期的な財政見通しを発表した。政府が …

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …