ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の「公共財」とみなし、回線運営会社を規制する案を承認した。一部の大口顧客に対して通信速度などで優遇する措置が出来なくなる。回線事業者各社は猛反発している。

fccbeikoku

 米国には、ネットは誰もが公平に利用できなければならないという価値観が根強くある。これを「ネットワーク中立性」と呼ぶ。お金を払った特定の事業者のデータを優先してしまうと、それ以外の情報がネットに流通しにくくなり、公平な情報の共有が阻害される可能性がある。これを防ぐ措置が必要という考え方である。

 この問題は、規模の大きいネット企業による市場の独占を防ぐというビジネス上の問題意識から発しているが、同時にネットでの情報流通が民主主義を支えているというイデオロギー的な側面もある。このため、単純にお金の問題だけにとどまらないところが特徴的である。

 このところ米国では、ネットフリックスなど、インターネットで動画を配信するサービスが急成長しており、ドラマやバラエティの視聴は、地上波やケーブルTVからインターネットにシフトしている。だがこれに伴って動画配信に伴うネットのトラフィックが急増しており、こうした事業者だけで全体の3割を占める状況になっているという。

 現在、動画配信事業者は回線事業者に追加料金を払うことによって帯域を確保し、スムーズな動画が閲覧できるよう工夫している。だがこうした措置がネットワークの中立性に反するとして、その是正を求める声が上がっているのだ。

 今回の規制は、回線事業者がコンテンツの流れを阻害したり、配信速度を遅くしたりする行為を禁じる内容になっている。料金設定の許可制は導入しないとしており、事業者への配慮も見せた。だが、現実には一方的な価格設定を事業者実施することは難しく、帯域を確保するための新規投資を手控える可能性がある。これによって、ネットの動画配信がスムーズに行かなくなるリスクが残る。

 FCCは当初、こうした規制には消極的だったが、オバマ政権はネットワーク中立性に対する意識が高く、最終的には中立性を確保する方針に転換した。ただ、オバマ政権の任期が残り少ないことから、今後、この問題がどう推移するのは不透明である。

 ちなみに日本は、もともとネットワークの中立性に関する意識があまりなく、コンテンツのテレビからネットへのシフトも起こっていない。幸か不幸か、こうした問題が浮上する気配は今のところなさそうだ。

 - 政治, IT・科学 ,

  関連記事

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

pakugiwaku
韓国の学歴社会がもたらす、朴槿恵大統領に対する激しい怒り

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厳しい立場に追い込まれている。支持率は10% …

no image
外務次官が尖閣問題妥結を目指して中国を訪問。官僚主導の交渉では確実に負ける

 尖閣問題の解決に向けて、事務レベルでの折衝が始まっている。  人民日報系の環球 …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …