ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大塚家具のお家騒動。ガバナンスという点では久美子氏が圧倒的に有利だが

 

 大塚家具の経営権をめぐる内紛が続いている。同社は3月下旬に株主総会を控えており、父と娘によるプロキシファイト(委任状争奪戦)の様相を呈してきた。

otukakagu

 大塚家具は、創業者である大塚勝久氏が一代で築き上げた家具販売店である。価格が不透明だった業界に明朗会計の考え方を持ち込み、店員が懇切丁寧に接客するスタイルで、巨大家具販売チェーンにのしあがった。一時は700億円を越える年商を実現していた。

 だが顧客の嗜好の変化や購買力の低下から、同社の営業スタイルが時代に合わなくなり、業績が低迷した。2007年から2009年の2年間で売上げがなんと2割も減少し、同社は赤字に転落。勝久氏の娘である久美子氏が代表取締役に就任した。この時期、イケアが日本進出を果たしていたことは非常に象徴的である。

 久美子氏は、従来の販売手法を転換、顧客が自由に商品を見られるようにした。単品買いをする顧客を重視し、客数で売上げをカバーする戦略である。同社の売上げは下げ止まったものの、その後目立った回復を見せることはできなかった。業を煮やした勝久氏が2014年7月、久美子氏を辞任に追い込んだものの、2015年1月には、再び久美子氏が勝久氏を辞任させ、代表に返り咲いている。

 久美子氏は、社外役員の積極登用や現在40円となっている配当を倍額の80円に増額するなど、コーポレート・ガバナンスを重視した経営方針を打ち出している。一方、勝久氏は社員からの支持があることをアピールしている。

 常識的に考えれば、久美子氏の方が有利だが、そうでもない部分がある。ひとつは久美子氏の持ち株である。久美子氏は資産管理会社「ききょう企画」を通じて同社株を保有しているが、勝久氏から株式を譲り受ける際に、資金がなく、実質的に勝久氏から資金を借りている。銀行からのローンなどに切り替えるという方法はあるが、今のところ金銭面を押えられている状況だ。

 もうひとつは、久美子氏の実績である。確かに勝久氏の手法が限界に来て赤字転落となったのは事実だが、久美子氏も目立った業績を上げられていない。
 2014年3月期の業績は、売上げは前年より落ち込んでいるが、一方コストは増加しており再び営業赤字に転落した。久美子氏が主張する路線は、イケアなどと真正面からぶつかる可能性が高く、経営戦略的には勝久氏が提唱する高級路線にも一理ある。

 ただ少なくとも、ガバナンスという点については、久美子氏の方が圧倒的に説得力があるだろう。同社には米国のファンドも投資しているが、その他の大株主がどのような判断をするか注目される。

 - 経済 ,

  関連記事

bouekitoukei201310
貿易赤字の金額がジワジワと拡大。その先に見えてくるのは経常赤字への転落

 財務省は11月20日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

google2014
グーグル、持ち株会社設立後初の四半期決算。自社株買いなど株主重視に転換?

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2015年10月22日、2015年 …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …