ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大塚家具のお家騒動。ガバナンスという点では久美子氏が圧倒的に有利だが

 

 大塚家具の経営権をめぐる内紛が続いている。同社は3月下旬に株主総会を控えており、父と娘によるプロキシファイト(委任状争奪戦)の様相を呈してきた。

otukakagu

 大塚家具は、創業者である大塚勝久氏が一代で築き上げた家具販売店である。価格が不透明だった業界に明朗会計の考え方を持ち込み、店員が懇切丁寧に接客するスタイルで、巨大家具販売チェーンにのしあがった。一時は700億円を越える年商を実現していた。

 だが顧客の嗜好の変化や購買力の低下から、同社の営業スタイルが時代に合わなくなり、業績が低迷した。2007年から2009年の2年間で売上げがなんと2割も減少し、同社は赤字に転落。勝久氏の娘である久美子氏が代表取締役に就任した。この時期、イケアが日本進出を果たしていたことは非常に象徴的である。

 久美子氏は、従来の販売手法を転換、顧客が自由に商品を見られるようにした。単品買いをする顧客を重視し、客数で売上げをカバーする戦略である。同社の売上げは下げ止まったものの、その後目立った回復を見せることはできなかった。業を煮やした勝久氏が2014年7月、久美子氏を辞任に追い込んだものの、2015年1月には、再び久美子氏が勝久氏を辞任させ、代表に返り咲いている。

 久美子氏は、社外役員の積極登用や現在40円となっている配当を倍額の80円に増額するなど、コーポレート・ガバナンスを重視した経営方針を打ち出している。一方、勝久氏は社員からの支持があることをアピールしている。

 常識的に考えれば、久美子氏の方が有利だが、そうでもない部分がある。ひとつは久美子氏の持ち株である。久美子氏は資産管理会社「ききょう企画」を通じて同社株を保有しているが、勝久氏から株式を譲り受ける際に、資金がなく、実質的に勝久氏から資金を借りている。銀行からのローンなどに切り替えるという方法はあるが、今のところ金銭面を押えられている状況だ。

 もうひとつは、久美子氏の実績である。確かに勝久氏の手法が限界に来て赤字転落となったのは事実だが、久美子氏も目立った業績を上げられていない。
 2014年3月期の業績は、売上げは前年より落ち込んでいるが、一方コストは増加しており再び営業赤字に転落した。久美子氏が主張する路線は、イケアなどと真正面からぶつかる可能性が高く、経営戦略的には勝久氏が提唱する高級路線にも一理ある。

 ただ少なくとも、ガバナンスという点については、久美子氏の方が圧倒的に説得力があるだろう。同社には米国のファンドも投資しているが、その他の大株主がどのような判断をするか注目される。

 - 経済 ,

  関連記事

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

satsutaba
スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広 …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …