ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネタニヤフ首相が共和党の招きで議会演説。オバマ大統領は会談拒否

 

 イスラエルのネタニヤフ首相は2015年3月3日、米議会で演説し、オバマ政権が進めるイランとの協議について、「核開発を阻止することはできない」として強く牽制した。
 ネタニヤフ首相の訪米と議会演説は、ホワイトハウスは関与しておらず、共和党を中心に議会が一方的にアレンジした。オバマ政権とイスラエルの関係がさらに冷え込むことは必至だ。

netaniyafugikai

 米国はイスラエルの建国以来、一貫して同国を支持してきた。しかし、湾岸戦争以後、中東の問題をうまくコントロールできなかったこともあり、米国内では中東問題に関与すべきではないという世論が徐々に高まってきた。経済再生を掲げるオバマ政権は特にその傾向が強く、シリア内戦やイスラム国問題などについても、常に消極的なスタンスだった。また独自の核開発を進めるイランに対しても交渉で解決しようとしている。

 これに対して不満を募らせているのがイスラエルである。イスラエルは米国からの強力な支援がなければ中東で孤立してしまう。このため、米国に対しては、常にアラブ諸国に対して強硬な姿勢を取るよう求めてきた。中東から距離を置こうとするオバマ政権は、イスラエルにとっては望ましくない政権ということになる。

 米国内でも野党共和党を中心に、中東への軍事的関与の強化を望む声があり、今回の訪米と議会演説はこうした声に押されて実施されたものである。

 オバマ政権は今回の訪米に不快感を示しており、ネタニヤフ首相とは会談せず、議会演説においても民主党の議員約60名が欠席した。
  米国内でも意見対立がある中、わざわざオバマ政権との関係を悪化させる行動に出たのは、17日に行われるイスラエルの議会選挙という事情がある。アラブ諸国に対する強硬的な姿勢を強調し、選挙を有利に進めようという作戦である。

 これまで米国のユダヤ系団体は基本的にイスラエルの政策を支持してきたが、今回は必ずしもそうではないようだ。米国の有力メディアに「イランとの対立は望まない」というユダヤ系団体による意見広告が出るなど、ネタニヤフ支持で一致団結しているわけではない。またイスラエルの野党も今回の議会演説に懸念を表明している。

 ただ、ネタニヤフ氏は、米国のコンサルティング企業での勤務経験があり、プレゼンテーション能力が高いことで知られている。今回の演説も一定の説得力を持った可能性が高く、場合によっては米国内の雰囲気が変わる可能性もある。オバマ政権は今後、より難しい中東政策を強いられることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

cybertero
米ITセキュリティ会社が、中国人民解放軍をハッカー首謀者と断定する報告書を公開

 米国の情報セキュリティー会社マンディアントは19日、米国に対するハッカー攻撃の …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

ronaldreganyokosuka
米空母ロナルド・レーガンが横須賀に配備。海自の護衛艦いずもが先導

 米第七艦隊の主力空母として昨年5月まで横須賀基地に配備されていた「ジョージ・ワ …

orandojoyu
オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載し …

euelection2014
欧州議会選挙で反EU派が躍進。喜んでいるのはプーチン大統領?

 2014年5月22日から25日かけて実施された欧州議会選挙において、反EUや移 …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …