ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネタニヤフ首相が共和党の招きで議会演説。オバマ大統領は会談拒否

 

 イスラエルのネタニヤフ首相は2015年3月3日、米議会で演説し、オバマ政権が進めるイランとの協議について、「核開発を阻止することはできない」として強く牽制した。
 ネタニヤフ首相の訪米と議会演説は、ホワイトハウスは関与しておらず、共和党を中心に議会が一方的にアレンジした。オバマ政権とイスラエルの関係がさらに冷え込むことは必至だ。

netaniyafugikai

 米国はイスラエルの建国以来、一貫して同国を支持してきた。しかし、湾岸戦争以後、中東の問題をうまくコントロールできなかったこともあり、米国内では中東問題に関与すべきではないという世論が徐々に高まってきた。経済再生を掲げるオバマ政権は特にその傾向が強く、シリア内戦やイスラム国問題などについても、常に消極的なスタンスだった。また独自の核開発を進めるイランに対しても交渉で解決しようとしている。

 これに対して不満を募らせているのがイスラエルである。イスラエルは米国からの強力な支援がなければ中東で孤立してしまう。このため、米国に対しては、常にアラブ諸国に対して強硬な姿勢を取るよう求めてきた。中東から距離を置こうとするオバマ政権は、イスラエルにとっては望ましくない政権ということになる。

 米国内でも野党共和党を中心に、中東への軍事的関与の強化を望む声があり、今回の訪米と議会演説はこうした声に押されて実施されたものである。

 オバマ政権は今回の訪米に不快感を示しており、ネタニヤフ首相とは会談せず、議会演説においても民主党の議員約60名が欠席した。
  米国内でも意見対立がある中、わざわざオバマ政権との関係を悪化させる行動に出たのは、17日に行われるイスラエルの議会選挙という事情がある。アラブ諸国に対する強硬的な姿勢を強調し、選挙を有利に進めようという作戦である。

 これまで米国のユダヤ系団体は基本的にイスラエルの政策を支持してきたが、今回は必ずしもそうではないようだ。米国の有力メディアに「イランとの対立は望まない」というユダヤ系団体による意見広告が出るなど、ネタニヤフ支持で一致団結しているわけではない。またイスラエルの野党も今回の議会演説に懸念を表明している。

 ただ、ネタニヤフ氏は、米国のコンサルティング企業での勤務経験があり、プレゼンテーション能力が高いことで知られている。今回の演説も一定の説得力を持った可能性が高く、場合によっては米国内の雰囲気が変わる可能性もある。オバマ政権は今後、より難しい中東政策を強いられることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

no image
パネッタ米国防長官が来日。主要な議題はオスプレイではない

 米国のパネッタ国防長官が来日している。各メディアは、新型輸送機オスプレイの普天 …

hashimoto201505
高齢者票が決め手となり大阪都構想は否決。これはまさに日本の縮図

 橋下徹大阪市長が掲げた「大阪都構想」の是非を問う住民投票が2015年5月17日 …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

tusnami
避難場所の3割に津波。自分の身は自分で守るという意識こそが地域の安全を高める

 内閣府が東日本大震災の被災者に対して行ったアンケート調査で、自治体が指定する避 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

hoikuen
社会福祉法人の情報公開を徹底するだけでも、待機児童の問題は改善する可能性がある

 保育施設の規制緩和が進まず、待機児童の数が減らない理由のひとつに、既存の保育施 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

kaigojikofutan
介護保険改正法案が閣議決定。所得の高い高齢者の自己負担率がさらに増加

 政府は2017年2月7日、介護保険の自己負担率の見直しを盛り込んだ介護保険法改 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …