ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネタニヤフ首相が共和党の招きで議会演説。オバマ大統領は会談拒否

 

 イスラエルのネタニヤフ首相は2015年3月3日、米議会で演説し、オバマ政権が進めるイランとの協議について、「核開発を阻止することはできない」として強く牽制した。
 ネタニヤフ首相の訪米と議会演説は、ホワイトハウスは関与しておらず、共和党を中心に議会が一方的にアレンジした。オバマ政権とイスラエルの関係がさらに冷え込むことは必至だ。

netaniyafugikai

 米国はイスラエルの建国以来、一貫して同国を支持してきた。しかし、湾岸戦争以後、中東の問題をうまくコントロールできなかったこともあり、米国内では中東問題に関与すべきではないという世論が徐々に高まってきた。経済再生を掲げるオバマ政権は特にその傾向が強く、シリア内戦やイスラム国問題などについても、常に消極的なスタンスだった。また独自の核開発を進めるイランに対しても交渉で解決しようとしている。

 これに対して不満を募らせているのがイスラエルである。イスラエルは米国からの強力な支援がなければ中東で孤立してしまう。このため、米国に対しては、常にアラブ諸国に対して強硬な姿勢を取るよう求めてきた。中東から距離を置こうとするオバマ政権は、イスラエルにとっては望ましくない政権ということになる。

 米国内でも野党共和党を中心に、中東への軍事的関与の強化を望む声があり、今回の訪米と議会演説はこうした声に押されて実施されたものである。

 オバマ政権は今回の訪米に不快感を示しており、ネタニヤフ首相とは会談せず、議会演説においても民主党の議員約60名が欠席した。
  米国内でも意見対立がある中、わざわざオバマ政権との関係を悪化させる行動に出たのは、17日に行われるイスラエルの議会選挙という事情がある。アラブ諸国に対する強硬的な姿勢を強調し、選挙を有利に進めようという作戦である。

 これまで米国のユダヤ系団体は基本的にイスラエルの政策を支持してきたが、今回は必ずしもそうではないようだ。米国の有力メディアに「イランとの対立は望まない」というユダヤ系団体による意見広告が出るなど、ネタニヤフ支持で一致団結しているわけではない。またイスラエルの野党も今回の議会演説に懸念を表明している。

 ただ、ネタニヤフ氏は、米国のコンサルティング企業での勤務経験があり、プレゼンテーション能力が高いことで知られている。今回の演説も一定の説得力を持った可能性が高く、場合によっては米国内の雰囲気が変わる可能性もある。オバマ政権は今後、より難しい中東政策を強いられることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

pakukune
韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

malala
早くも政治家宣言を行ったマララさんは、パキスタンにおけるスーチー氏

 女性が教育を受ける権利を訴えたことでイスラム武装勢力に銃撃され、奇跡的に生還し …

futenma02
米軍基地返還で日米合意。辺野古移設が普天間返還の条件となってしまう理由とは?

 日米両政府は4月5日、沖縄県の米軍嘉手納基地町など)以南の施設に関する返還計画 …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …