ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要因となっており、銀行の融資はそれほど伸びていない。大手企業を中心に自己資金をフル活用している様子がうかがえる。

setsubitousi

 財務省が2015年3月2日に発表した2014年10~12月期における法人企業統計によると、企業が保有する現預金は前年同期比10.8%増の164兆7400億円だった。内部留保の半分が現預金となっており、資金が遊んでいる状況である。売上高に対する現預金の割合も、バブル期に匹敵する水準で、歴史的に見てもかなり高い。

 日本企業の現金保有が増加しているのは、企業の利益率が向上しているからである。10~12月期の経常利益は前年同期比11.6%増の18兆651億円となり、過去最高額だった。
 もっとも、利益から得られるキャッシュだけで増加分をすべてカバーしているわけではない。ゆっくりとしたペースではあるが、固定資産の売却や有価証券の売却など、スリム化を進めていった結果、現預金の割合が増えてきたという側面も否定できないだろう。
 大企業については、資産売却は一段落しており、むしろ固定資産などは増加傾向にある。だが中小企業では、昨年も資産売却が続いており、資産を現金に変える動きが継続している。

 一方、現金の使い道については、これまでと同様、大きな動きは見られない。企業の設備投資金額は前年同期比2.8%増の9兆7000億円にとどまっている。また借入金も短期が1.9%、長期が0.8%しか増えておらず、融資があまり伸びていないことが分かる。基本的に企業は自己資金の中で設備投資を行っている計算になる。

 特に中小企業については、長期借入金が大幅に減少しており、その代わりに金融機関以外からの短期融資が増えている。オーナーが個人的に貸し付けているか、親会社や取引先からの支援である可能性が高く、資金繰りが良くなっているわけではない。

 この四半期の現預金の伸びは特に高くなっているが、未払いの税金など特殊要因の可能性もある。ただ基本的には利益率の向上に伴って現預金は増える傾向にあり、目立った設備投資先が見つからない現状では、しばらくの間、この傾向が続くだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

kanshasaisale
世界各国で年末商戦が本格スタート。より顕著となったネットへのシフト

 世界各国で年末商戦が本格的なスタートを切った。とりわけ米国の感謝祭セールの動向 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

oushukyujitu
行政が長時間労働是正に本腰。日本では欧州のような生活は定着するのか?

 このところ長時間労働を見直す動きが顕著になっている。ファミリーレストラン大手が …

gunosy01
KDDIがニュース閲覧サービスのGunosyに出資。一気にマス・マーケット化が進むか?

 KDDIは2014年3月14日、ネット上でニュース配信サービスを手がけるベンチ …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …