ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要因となっており、銀行の融資はそれほど伸びていない。大手企業を中心に自己資金をフル活用している様子がうかがえる。

setsubitousi

 財務省が2015年3月2日に発表した2014年10~12月期における法人企業統計によると、企業が保有する現預金は前年同期比10.8%増の164兆7400億円だった。内部留保の半分が現預金となっており、資金が遊んでいる状況である。売上高に対する現預金の割合も、バブル期に匹敵する水準で、歴史的に見てもかなり高い。

 日本企業の現金保有が増加しているのは、企業の利益率が向上しているからである。10~12月期の経常利益は前年同期比11.6%増の18兆651億円となり、過去最高額だった。
 もっとも、利益から得られるキャッシュだけで増加分をすべてカバーしているわけではない。ゆっくりとしたペースではあるが、固定資産の売却や有価証券の売却など、スリム化を進めていった結果、現預金の割合が増えてきたという側面も否定できないだろう。
 大企業については、資産売却は一段落しており、むしろ固定資産などは増加傾向にある。だが中小企業では、昨年も資産売却が続いており、資産を現金に変える動きが継続している。

 一方、現金の使い道については、これまでと同様、大きな動きは見られない。企業の設備投資金額は前年同期比2.8%増の9兆7000億円にとどまっている。また借入金も短期が1.9%、長期が0.8%しか増えておらず、融資があまり伸びていないことが分かる。基本的に企業は自己資金の中で設備投資を行っている計算になる。

 特に中小企業については、長期借入金が大幅に減少しており、その代わりに金融機関以外からの短期融資が増えている。オーナーが個人的に貸し付けているか、親会社や取引先からの支援である可能性が高く、資金繰りが良くなっているわけではない。

 この四半期の現預金の伸びは特に高くなっているが、未払いの税金など特殊要因の可能性もある。ただ基本的には利益率の向上に伴って現預金は増える傾向にあり、目立った設備投資先が見つからない現状では、しばらくの間、この傾向が続くだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …

tosho002
日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場 …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

microsoftlinkedin
マイクロソフトがビジネスSNS大手を買収。着実な案件だが、株価のもたつきはしばらく続く

 米マイクロソフトは2016年6月13日、ビジネス向け交流サイト(SNS)大手の …

bouekitoukei 201502
2月の貿易収支は先月に引き続いて改善。輸出の米国依存がより鮮明に

 財務省は2015年3月18日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

carnival
洋上火災を起こした大型クルーズ船の姉妹船で、今度は乗客が行方不明

 オーストラリアのクルーズ船で乗客2名が行方不明になっている。5月9日午前、10 …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …