ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのような解決策を提示するのか内外の注目が高まっている。習氏は今のところ「従来の改革開放路線を強力に推し進める」としかメッセージを発していないが、有効な切り札は持っているのだろうか?

 中国が抱える最大の問題は、高度経済成長と社会不平等の解消、さらには共産党の権力維持をすべて同時に進めなければならないという点である。
 高度成長と社会の不平等は社会と経済の民主化を進めればかなり改善される可能性が高い。だがそれでは共産党一党独裁の権力を失ってしまう。一部の権力者を中心にした上からの改革開放路線では富の不平等はなかなか解消されないのが実情だ。

 もっとも習氏の頭の中には、民主化というキーワードはハナから存在していない可能性が高い。なぜなら、新しく発足した中国の最高指導部(政治局常務委員)7名のうち、3名が江沢民元総書記のグループに属しているからである(自身も含めると4名)。江沢民元総書記は、上海を基盤に数多くの国営企業に影響力を持っており、国家独占資本における最大の既得権益者である。大胆な民主化を実施すれば彼らの権力基盤が消滅してしまうので、基本的にこの選択肢はあり得ない。

 習近平氏は、解決が困難な方程式を解くカギとしてシンガポールに注目しているといわれる。2010年、習氏は江沢民氏の指示で、中国を訪問中のシンガポール初代首相のリー・クワンユー氏と会談した。さらに同年、軍幹部とともにシンガポールを訪問し、2011年にはシンガポールに調査団を派遣している。

 シンガポールは形式的には民主国家となっているが、実際には建国の父と呼ばれるリー・クワンユー一族が支配する独裁国家。積極的な産業政策と外国からの資本導入によって経済的には大成功し、1人当たりのGDPでは日本よりも豊かになっている。
 このため国民からの不満は最小限に抑えられており、大規模な民主化運動は起こっていない。もっとも政府に対する批判は一切タブーであり、一部では冗談半分に「明るい北朝鮮」とも呼ばれている。

 習氏は民主化を行わず経済的に成功しているシンガポールをモデルに経済政策、社会政策を立案するつもりのようである。だがその実現は極めて困難と考えられる。
 シンガポールは小さな都市国家であり水道すら隣国マレーシアに依存している。小国ゆえに教育水準も高く、金融立国が可能となったわけだが、超大国である中国はそうはいかない。10億人を超える人口を養うには金融サービスだけでは到底無理であり、もっと大規模な内需拡大策が必要となる。

 しかも中国には香港というやっかいな都市も抱えている。政府批判が許されず、経済活動一辺倒のシンガポールには文化らしい文化はひとつもない。だが香港は英国統治が長かったために市民が成熟しており、民主主義に対する意識も高い。お金さえ与えていればとりあえず満足するシンガポールの民衆とは大きく異なっている。

 日本では半分願望なのかもしれないが、中国経済はやがて大崩壊するという「中国崩壊論」が一部で大きな支持を得ている。簡単に大崩壊するほど中国経済が脆弱かどうかは分からないが、小国シンガポールを手本にせざるを得ないと現状を考えると、崩壊論にはそれなりの説得力があるのかもしれない。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

jaxass520
民生品を使って低コスト化を狙ったJAXAの小型ロケット打ち上げ失敗。データ送信途絶える

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月15日、超小型衛星を運ぶ小型ロ …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

timo
レイア姫そっくりのウクライナ元首相、上告棄却で禁固刑確定

 職権乱用罪に問われていたウクライナのティモシェンコ前首相の控訴審で、上級裁判所 …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …