ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本で物価が上がらないのは、産業構造による影響が大きい?

 

 日銀が量的緩和策をスタートさせてから2年になろうとしている。当初は労働力不足などが重なり、インフレが加速するとの懸念もあったが、今のところその気配はない。物価が予定通り上昇しない理由は単純ではないが、産業構造による影響は無視できないだろう。

gamen

 帝国データバンクの調査によると、従業員(正社員)が不足している企業は38%に達しており、もっともその割合が高かったのは情報サービス業だという。次いで建設、小売りという順になっている。
 日銀が発表した12月の企業サービス価格指数は前年同月比3.4%の増加となっているが、情報処理サービスの価格は前年同月比1.9%と平均よりも大幅に低くなっている。これは消費税を加味した数字なので、1.9%ということになると実質的に値下げに近い。

 もっとも人手が足りないという業種で値下げが行われているというのは少々、不可解である。しかも、情報処理サービス業は完全に労働集約型であり、本来、人件費との相関が高い業種なはずである。このナゾを解く鍵は、IT業界の産業構造にありそうだ。

 IT業界はハイテク分野でありながら、重層的な下請け構造を維持している古い業界慣行で知られている。大手企業が受注したシステム案件は、大手が一定の利益を抜いた上で、そのまま下請け企業に「丸投げ」される。大手の仕事は極論すると営業して案件を取ってくるだけである。
 このような慣行が残っていると、大手は価格が安くても仕事を確保した方が有利であり、全体の利益を考えなくなる。結果としてシワ寄せが下請けに集中し、給料が上がらず人手不足が深刻化する。一方で大手企業の方は人材が余っており、その雇用を維持するために、下請けに無理を強いることになる。
 全体的にIT技術者そのものの育成が不十分という要因もあるだろうが、やはり職場として魅力ないことの影響は大きいだろう。

 だがこうした構造はIT業界のみならず、多かれ少なかれ、日本の産業全体に見られるものである。系列による縛りや重層的な下請け構造は、戦時中の国家統制で強制的に作られたシステムであり、日本の伝統的な商慣行ではない。

 ドイツや米国では、中小企業の利益率は大手企業と遜色ないところが多いのだが、これは企業活動が自由であり、価格転嫁が容易であることが背景にあると考えられる。このため、欧米各国では常にインフレの加速が懸念されることになる。日本の状況はこれとは正反対ということになる。
 日銀が量的緩和策を実施する前までは、こうした産業構造の改革と量的緩和はセットにして実施すべきという声があったが、今ではほとんど聞こえてこない。原油価格の下落で、さらに物価上昇が鈍化している今こそ、もう一度、根本的な議論が必要だろう。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

nichigin03
日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

amarikaiken
甘利氏の「予想」通りGDPは上方修正。発言の何が問題なのか?

 内閣府は2015年12月8日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)改定値 …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …