ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本で物価が上がらないのは、産業構造による影響が大きい?

 

 日銀が量的緩和策をスタートさせてから2年になろうとしている。当初は労働力不足などが重なり、インフレが加速するとの懸念もあったが、今のところその気配はない。物価が予定通り上昇しない理由は単純ではないが、産業構造による影響は無視できないだろう。

gamen

 帝国データバンクの調査によると、従業員(正社員)が不足している企業は38%に達しており、もっともその割合が高かったのは情報サービス業だという。次いで建設、小売りという順になっている。
 日銀が発表した12月の企業サービス価格指数は前年同月比3.4%の増加となっているが、情報処理サービスの価格は前年同月比1.9%と平均よりも大幅に低くなっている。これは消費税を加味した数字なので、1.9%ということになると実質的に値下げに近い。

 もっとも人手が足りないという業種で値下げが行われているというのは少々、不可解である。しかも、情報処理サービス業は完全に労働集約型であり、本来、人件費との相関が高い業種なはずである。このナゾを解く鍵は、IT業界の産業構造にありそうだ。

 IT業界はハイテク分野でありながら、重層的な下請け構造を維持している古い業界慣行で知られている。大手企業が受注したシステム案件は、大手が一定の利益を抜いた上で、そのまま下請け企業に「丸投げ」される。大手の仕事は極論すると営業して案件を取ってくるだけである。
 このような慣行が残っていると、大手は価格が安くても仕事を確保した方が有利であり、全体の利益を考えなくなる。結果としてシワ寄せが下請けに集中し、給料が上がらず人手不足が深刻化する。一方で大手企業の方は人材が余っており、その雇用を維持するために、下請けに無理を強いることになる。
 全体的にIT技術者そのものの育成が不十分という要因もあるだろうが、やはり職場として魅力ないことの影響は大きいだろう。

 だがこうした構造はIT業界のみならず、多かれ少なかれ、日本の産業全体に見られるものである。系列による縛りや重層的な下請け構造は、戦時中の国家統制で強制的に作られたシステムであり、日本の伝統的な商慣行ではない。

 ドイツや米国では、中小企業の利益率は大手企業と遜色ないところが多いのだが、これは企業活動が自由であり、価格転嫁が容易であることが背景にあると考えられる。このため、欧米各国では常にインフレの加速が懸念されることになる。日本の状況はこれとは正反対ということになる。
 日銀が量的緩和策を実施する前までは、こうした産業構造の改革と量的緩和はセットにして実施すべきという声があったが、今ではほとんど聞こえてこない。原油価格の下落で、さらに物価上昇が鈍化している今こそ、もう一度、根本的な議論が必要だろう。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

honkongdemotocho
中国当局がニセのアプリでデモ参加者を盗聴?民主化をめぐる諜報活動が活発化

 香港の民主化を求めるデモの参加者に、偽のアプリをダウンロードするよう促すメッセ …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

fbi
ボストン爆破テロ事件でFBIが新捜査手法。スマホ画像の提供を広く市民に呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で起きた連続 …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …

imf201410
IMFが世界経済見通しを発表。欧州が完全失速、日本は大幅引き下げ

 IMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。201 …

contena2
円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?

 財務省が20日発表した1月の貿易収支は1兆6294億円の赤字となり、単月の赤字 …