ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)において、2015年の国防予算を発表した。中央政府分の国防費は、前年比10.1%増の8867億元(約16兆8500億円)とした。

 zenjindai2015 全人代では、2015年の経済成長目標も併せて発表されたが、こちらは2014年より0.5ポイント低い7.0%としている。つまり、国防費は経済成長を上回る伸びということになる。これについて中国政府は、独自で兵器開発を行う必要があることなどを理由に、金額の妥当性を強調している。

 中国は南シナ海や東シナ海における海洋権益の確保を主張しており、同国の巨大な軍事費は周辺の国々に脅威を与えている。日本としても、中国の軍事費が拡大することは望ましくないが、現実にはそうもいかなさそうだ。経済規模から考えた中国の軍事費はまだ伸びる余地があるからである。

 北朝鮮のように、国民を飢えさせてもよい国は例外だが、一定レベル以上の生活水準のある国では、軍事費にかけることができる金額は、GPDの一定割合に収束する。
 例えば、米国の軍事費は78兆円もあるが、GDPも2000兆円の規模があるので、軍事費のGDPに対する比率は約4%である。ロシアは軍事大国というイメージがあるが、経済的には小国であり、結果として軍事費もかなり少ない。ロシアの軍事費は約9兆円だがGDP比は約4.5%である。GDPに対する比率が4.0%から4.5%はひとつの目安といってよいだろう。

 一方、日本はGDPが約500兆円で防衛費が5兆円なのでGDP比は1%である。中国の2015年のGDP予測は1300兆円程度であり、今回発表された国防費のGDP比は1.3%でしかない。GDP比という観点では、中国は日本と大差ない水準しか軍事費を支出していないのだ。

 中国の国防費は実際にはもっと多いともいわれている。米国防総省による試算では、中国政府発表の数字より10%ほど多く支出しているという。すべての関連支出を合わせると公表値の2倍を超えるとの見方もある。だがそれでも、GDP比という点では米国やロシアには及ばない。もし中国が米国やロシアと同様の水準まで軍事費を拡大した場合には、約59兆円ということになり、突出した軍事大国である米国に近づいてくる。

 現実にはここまでの支出に耐える能力は中国経済にはないと考えられるが、潜在的にはこれだけの余力があることを日本は知っておく必要がある。
 現代の戦争は、ハイテク化が急速に進んでおり、その国の経済水準との相関がますます高まっている。もし日本が本気で中国の軍事的脅威に対抗するのであれば、日本が低成長に甘んじている余裕などまったくないと考えるべきだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

romuni02
米大統領選挙のTV討論会第3回(最終回)が終了。今回もオバマ大統領優勢か?

 米大統領選挙の第3回TV討論会が22日終了した。これで大統領選挙のTV討論会は …

seifusaimu
政府の借金が10倍の8000兆円になる?財務省ビックリ試算の中身

 財務省の財政制度等審議会は、政府が現在の財政健全化目標を達成できたとしても、そ …

algeriagas
アルジェリアで武装勢力が日本人を含む民間人を拘束。首謀者の真の狙いは身代金?

 北アフリカのアルジェリアにある英BP社が運営する天然ガス関連施設で16日、イス …

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

senkaku
中国の外交文書が尖閣は日本領土と記載。だが本質はそんなところにあるのではない

 中国が領有権を主張している尖閣諸島について、領有権を主張する中国側の根拠が揺ら …

furusatonozei
ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減っ …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …