ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)において、2015年の国防予算を発表した。中央政府分の国防費は、前年比10.1%増の8867億元(約16兆8500億円)とした。

 zenjindai2015 全人代では、2015年の経済成長目標も併せて発表されたが、こちらは2014年より0.5ポイント低い7.0%としている。つまり、国防費は経済成長を上回る伸びということになる。これについて中国政府は、独自で兵器開発を行う必要があることなどを理由に、金額の妥当性を強調している。

 中国は南シナ海や東シナ海における海洋権益の確保を主張しており、同国の巨大な軍事費は周辺の国々に脅威を与えている。日本としても、中国の軍事費が拡大することは望ましくないが、現実にはそうもいかなさそうだ。経済規模から考えた中国の軍事費はまだ伸びる余地があるからである。

 北朝鮮のように、国民を飢えさせてもよい国は例外だが、一定レベル以上の生活水準のある国では、軍事費にかけることができる金額は、GPDの一定割合に収束する。
 例えば、米国の軍事費は78兆円もあるが、GDPも2000兆円の規模があるので、軍事費のGDPに対する比率は約4%である。ロシアは軍事大国というイメージがあるが、経済的には小国であり、結果として軍事費もかなり少ない。ロシアの軍事費は約9兆円だがGDP比は約4.5%である。GDPに対する比率が4.0%から4.5%はひとつの目安といってよいだろう。

 一方、日本はGDPが約500兆円で防衛費が5兆円なのでGDP比は1%である。中国の2015年のGDP予測は1300兆円程度であり、今回発表された国防費のGDP比は1.3%でしかない。GDP比という観点では、中国は日本と大差ない水準しか軍事費を支出していないのだ。

 中国の国防費は実際にはもっと多いともいわれている。米国防総省による試算では、中国政府発表の数字より10%ほど多く支出しているという。すべての関連支出を合わせると公表値の2倍を超えるとの見方もある。だがそれでも、GDP比という点では米国やロシアには及ばない。もし中国が米国やロシアと同様の水準まで軍事費を拡大した場合には、約59兆円ということになり、突出した軍事大国である米国に近づいてくる。

 現実にはここまでの支出に耐える能力は中国経済にはないと考えられるが、潜在的にはこれだけの余力があることを日本は知っておく必要がある。
 現代の戦争は、ハイテク化が急速に進んでおり、その国の経済水準との相関がますます高まっている。もし日本が本気で中国の軍事的脅威に対抗するのであれば、日本が低成長に甘んじている余裕などまったくないと考えるべきだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

gaimusho02
旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメ …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

google schmidt
Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問。その先に中国を見据えた米朝交渉が動き始めた

 インターネット検索最大手Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問す …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

j31
中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと …