ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォリオ変更が主な要因だが、当初の想定を超えるペースで株式シフトが進んでいる。

 gpifpotofori2015 安倍政権は、今後インフレが進行する可能性があることから、公的年金の運用方針の見直しを積極的に進めてきた。2014年10月にまとまった新しい運用方 針では、国債の比率が60%から35%に低下する一方、国内株の比率は12%から25%に増加している。外国株を合わせると株式の比率は50%にもなる。

 だが実際には、新しい指針が発表される前から、すでに株式シフトが始まっていた。株式市場では、公的年金と思われる継続的な買い注文が増えていたことから、官製相場を指摘する声があったが、実際、その通りであった。

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)における2014年3月末の株式保有残高は約21兆円だった。だが6月末には約22兆円に、9月末には約24兆円に、12月末には27兆円に増加している。すでに4月から継続して株式を購入していることになる。

 これは株式の売買動向からも同じような傾向が見て取れる。公的年金と思われる買いが、2014年4月以降、継続して行われており、累計で2兆8000億円程度の買い越しとなっている。公的年金は運用金額が巨額なので、自身の買いで株価をつり上げることが可能となる。また公的年金の買いには、追随する投資家が現れるので、2兆8000億円の投資で、残高を約6兆円押し上げたというのは、妥当なところだろう。

 より細かい区切りで見てみると、日経平均が急落した局面で公的年金が積極的に買っていることが分かる。2014年5月の株価下落局面では、公的年金が2カ月間で9000億円を投じており、結果として株価は上昇に転じた。同じく2014年10月の急落局面においても、1カ月で7000億円の公的年金とみられる買いがあった。その後も断続的に公的年金は買いを入れており、その結果、現在の株高につながっている。

 市場関係者の一部は、典型的な官製相場であり、近い将来、値崩れするリスクがあると指摘している。だが、GPIFには約4兆円ほどの購入枠があり、まだ株式を購入することができる。公的年金のスタンスが変わらなければ、当面、大きな下落はないかもしれない。

 ただ、こうした買いもいつかは枠がなくなり、終了する時がくる。その時までに、継続して日本株を買う投資家を確保することができなければ、その時の下落幅は非常に大きなものとなるだろう。個人投資家の裾野をどれだけ広げられるかがカギとなりそうだ。

 - 経済 ,

  関連記事

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

no image
座礁したクルーズ客船の事故現場が大観光地に

 今年の1月に座礁事故を起こして転覆した超大型クルーズ客船「コスタ・コンコルディ …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

goan
ルノーの労使交渉で露呈した、ゴーン会長が受け取る巨額報酬の真相。

 欧州経済の低迷を受けて業績不振が続く仏ルノーのカルロス・ゴーン会長は、現在難航 …

apple
中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半 …