ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の日本に対する認識が変化?米国務省受賞者の顔ぶれに異変

 

 米国務省が毎年行っている「世界の勇気ある女性賞」の受賞者をめぐって波紋が広がっている。2015年の受賞者に、日本国内でマタハラに悩む女性への支援活動を行っている小酒部さやかさんが入っていたからである。

kerikokumuchokan

 世界の勇気ある女性賞は、米国務省が2007年から行っているもので、人権活動などに貢献した女性を表彰している。
 国務省が主催していることもあり、アフガニスタンやチベットなど、基本的人権が確立していない地域で人権活動を行っている人、あるいは、貧困に苦しむ途上国の支援活動をしている人などが主な受賞者となっている。いわゆる人権外交のためのひとつの手段というわけである(米国人が受賞するケースもある)。

 日本人が選ばれるのは初めてであり、小酒部さんの活動は賞賛に値するものではあるのだが、他の受賞者の顔ぶれを見ると、何とも微妙である。

 米国は、諸外国をいくつかのカテゴリーに分けて外交活動を行っている。もっとも関係が密なのは同盟国で、民主主義という基本的価値観を共有した国がこれに分類されることになる。
 もうひとつのカテゴリーが、基本的価値観は共有していないものの、米国の国益になるという理由から、友好的な関係を維持すると判断された国である。中国やサウジアラビアなどがこれに該当する。
 中国は、かなり改善が進んできているが、基本的に共産国家であり、基本的人権が保障されない。サウジアラビアは完全な独裁王制であり、今でも残虐な刑罰が実施されている。本来であれば、米国が友好関係を結べる国ではない。

 だが中国はアジア太平洋地域に安全保障や貿易に関して絶大な影響力があり、米国は中国との関係を国益上の最優先課題としている。またサウジアラビアは、石油の安定確保と中東の安全保障上、欠くことのできない国である。したがって、これらの国々の人権問題が、両国間の議題に上ることはあまりない。
 最後のカテゴリーが、北朝鮮などに代表されるような非人権国家と認定された国である。これらの国々は、場合によっては空爆などの措置もやむを得ないと判断されている。

 民主憲法を持ち、米国と軍事同盟を結ぶ日本は、英国やフランス、ドイツなどと同様、これまでは基本的価値観を共有する国と見なされてきた。だが最近、米国政界のごく一部ではあるが、日本について基本的価値観を共有しない国とみなす動きが出てきている。

 今回の受賞者の中に日本人が入っていたことと、米国の対日感情の関係性は不明だが、外交関係の変質は、まずは細部に表れてくるのが常識である。
 外務省が米国人に対して実施している対日世論調査でも、日本は信頼できる友人かとの質問に対して、信頼できると回答する人の割合は低下している。また2014年3月には、米国から研究用として提供されていた高濃縮ウランと分離プルトニウムを米国に返却するよう要請があるなど、少々、気になる事案が増えてきている。

 日米関係は、日本の安全保障の根幹であり、こうした問題について、用心しすぎるということはない。米国世論の動向はより注意深く観察していく必要があるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

koutei
野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWe …