ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質GDPはプラス0.4%(年率換算でプラス1.5%)と速報値(年率換算でプラス2.2%)から下方修正された。今回の改定値については、速報値と同水準と予想したエコノミストが大半であり、いつものことではあるが、予測と実際の数値の乖離が大きかった。

 setubitousi 下方修正の要因として大きかったのは、設備投資である。速報値ではプラス0.1%だったが、改定値では減少しマイナス0.1%となった。これが全体の足を引っ張った。
 速報値の段階では法人企業統計の結果が出ていないので、設備投資については仮の数値が設定される。3月2日に発表された法人企業統計によると、10~12月期の設備投資(ソフトウェア除く)はプラス0.6%と冴えない数字であったことから、これが反映されたと考えられる。

 在庫についても大幅な修正となった。速報値ではプラス0.2%だったが、改定値ではマイナス0.2%と大幅な修正となった。在庫が減った分は消費に回っているので、その分、個人消費は増加することになる。個人消費は速報値ではプラス0.3%だったが、改定値ではプラス0.5%になっている。

  今回の改定値に併せて、前期の数字も改定されているので、2014年暦年の成長率は0.0%と速報値とほとんど変わっていない。トータルすると、ゼロ成長になったという状況に変化はない。

 暦年では個人消費がマイナス0.3%と振るわず、公共事業がプラス1.1%となっている。以前から指摘されてきたことではあるが、消費が弱く、基本的に政府の公共事業で景気を支えている構図が明白となっている。消費増税が個人消費に大きな影響を与えたことは間違いないが、増税分は政府支出で返ってくるので、本来であれば、影響はここまで大きくないはずだ。消費税はあくまでトリガーであって、実質所得の減少が家計を疲弊させ、消費を低迷させていると考えるべきだろう。

 財務省は、日本の財政が抜き差しならない状況まで追い込まれていることから、今年度から予算の緊縮度合いを高めている。もし大型の補正予算が組まれない場合には、今年度の政府支出は減少する可能性がある。そうなってくると、GDPへの影響もさらに大きなものになってくるだろう。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

bukkajoushou
とうとう物価上昇にブレーキ!日銀の追加緩和策はどうなるのか?

 総務省は2014年3月28日、2014年2月の消費者物価指数を発表した。各指標 …

jinminginkou
中国が年内に金利完全自由化を実施。グローバル市場との一体化が進む

 中国人民銀行の周小川総裁は2015年3月12日、年内に預金金利の上限規制を撤廃 …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

no image
財務省の調査で地方公務員の厚遇ぶりが明らかに。だが問題の本質はそこではない。

 地方公務員の平均給与が国家公務員を6.9%上回っていることが財務省の調査で明ら …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

keizaimitoshiimf
IMFの最新世界経済見通し。ドル高と原油安で米国成長率を下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年4月14日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

frb
10月のFOMC。予想外に強気で「やはり年内利上げ」との声も

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年10月28日に開催したFOMC(連邦公 …