ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブランデス・インベストメント・パートナーズが、大塚久美子現社長を支持していることが明らかになった。久美子氏の持ち株と合わせると20%程度を確保したことになる。大塚勝久会長側も約20%のシェアを持っており、委任状争奪戦は銀行など他の機関投資家の動向に左右されることになった。

otukakaguidc

 大塚家具は2009年、創業者である大塚勝久氏が退任し、勝久氏の娘である久美子氏が後任の社長に就任する人事を発表した。その後、しばらくは久美子氏が経営を行っていたが、久美子氏の経営手法に納得できなくなった勝久氏が久美子氏を解任、今度は、久美子氏が勝久氏を解任するなど、泥沼の争いとなっている。

 現在、同社の筆頭株主は会長の勝久氏で、2013年12月末時点で約18%を保有している。一方、現社長の久美子氏は資産管理会社を通じて10%程度の株式を持っている。同じく、米ブランデス・インベストメント・パートナーズも10%程度のシェアがあり、ブランデスが勝久氏側に付けば、勝久氏に圧倒的に有利になる。

 久美子氏は社外役員の積極登用や2倍の増配などガバナンス重視の姿勢を強調、当初は従業員からの支持があることを強調していた勝久氏側が、今度は3倍の配当を確約するなど、株主へのアピールを強めていた。
 ただ、同社の直近決算における当期利益では、両者が主張する配当を実施することはできず、内部留保の取り崩しが必須となる。このあたりを株主がどう判断するのかが注目されている。

 もっとも、今のところ最大の勝者はブランデスかもしれない。ブランデスは12月末時点では10%の株式を保有しており、議決権や配当の権利を獲得しているが、関東財務局に提出された大量保有報告書では、すでに株式の半数以上を売却していることが明らかになっている。

 同社株は、経営陣が増配合戦を行った結果、価格が2倍以上に急騰している。ブランデスは、議決権と配当は確保した上で、株価の急騰を利用して、売り抜けていたわけである。
 ブランデスが売却した日は、同社株が最も高値を付けた日なのだが、当日の出来高の実に8%がブランデスの売りで占められている。この日が高値だったというよりは、同ファンドが売却したので株価が下落したと考える方が自然だろう。2200円程度を平均売却価格と仮定すると、一連の急騰で同ファンドは約14億円の利益を上げた計算になる。

 - 経済 , ,

  関連記事

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

kosokudouro03
7~9月期GDP下方修正の影響は軽微。むしろ公共事業依存体質が問題

 内閣府は12月9日、2013年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した …

beerneage
ビールの店頭価格が上昇。背景にあるのは政府による安値販売の規制

 このところビールの店頭価格が上昇している。昨年の法改正によってビールの安値販売 …

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …