ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比1.7%減の8389億円だった。マイナスとなるのは3カ月ぶりだが、内閣府は「緩やかな持ち直しの動きがみられる」という基調判断を据え置いた。

setubitousi

 機械受注は機械メーカー280社が受注した金額を元に算出する。民間設備投資の先行指標といわれており、GDPにおける設備投資の基礎データにもなっている。
 納入が行われ実際に設備に計上されるまでにはタイムラグがあるが、機械受注とGDPにおける設備投資はおおむね近い動きを見せている。

 2014年1~3月期における機械受注はプラス4.2%だったが、GDPの設備投資(季節調整済名目値の前期比)はプラス6.1%であった。同様に、4~6月期については機械受注がマイナス10%だったのに対してGDPはマイナス4.4%、7~9月期についてはプラス5.6%に対して0.0%、10~12月期についてはプラス0.4%に対してプラス0.3%と、値は異なるものの、傾向は同じである。

 ちなみに、2015年1~3月期の見通しについてはプラス1.5%と大きな伸びにはなっていない。この統計が持つボラティリティを考えると、ほぼ横ばいと考えた方がよいだろう。

 官公需については12月がプラス10.8%、1月は25.8%と高い伸びを示している。ただ2015年度予算は、防衛費など一部の予算を除いて基本的に緊縮型となっており、政府支出の大幅な伸びは期待できない。大型の補正予算が組まれない限り、官公需の伸びはあまり期待できないだろう。

 外需については1月は24.2%増となっている。国内の製造業からの受注は減少が続いているので、外需がこれを補っている可能性が高い。米国の景気拡大が続いているので、この基調が変わらない限り、外需は堅調に推移すると考えられる。

 総合すると、2015年1~3月期の景気については、緩やかな拡大基調は変わらないものの、設備投資が活発化するという状況にはならない可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …