ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比1.7%減の8389億円だった。マイナスとなるのは3カ月ぶりだが、内閣府は「緩やかな持ち直しの動きがみられる」という基調判断を据え置いた。

setubitousi

 機械受注は機械メーカー280社が受注した金額を元に算出する。民間設備投資の先行指標といわれており、GDPにおける設備投資の基礎データにもなっている。
 納入が行われ実際に設備に計上されるまでにはタイムラグがあるが、機械受注とGDPにおける設備投資はおおむね近い動きを見せている。

 2014年1~3月期における機械受注はプラス4.2%だったが、GDPの設備投資(季節調整済名目値の前期比)はプラス6.1%であった。同様に、4~6月期については機械受注がマイナス10%だったのに対してGDPはマイナス4.4%、7~9月期についてはプラス5.6%に対して0.0%、10~12月期についてはプラス0.4%に対してプラス0.3%と、値は異なるものの、傾向は同じである。

 ちなみに、2015年1~3月期の見通しについてはプラス1.5%と大きな伸びにはなっていない。この統計が持つボラティリティを考えると、ほぼ横ばいと考えた方がよいだろう。

 官公需については12月がプラス10.8%、1月は25.8%と高い伸びを示している。ただ2015年度予算は、防衛費など一部の予算を除いて基本的に緊縮型となっており、政府支出の大幅な伸びは期待できない。大型の補正予算が組まれない限り、官公需の伸びはあまり期待できないだろう。

 外需については1月は24.2%増となっている。国内の製造業からの受注は減少が続いているので、外需がこれを補っている可能性が高い。米国の景気拡大が続いているので、この基調が変わらない限り、外需は堅調に推移すると考えられる。

 総合すると、2015年1~3月期の景気については、緩やかな拡大基調は変わらないものの、設備投資が活発化するという状況にはならない可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

Warren Buffett
バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モー …

feisubukkugamen
先進国でしか稼げないフェイスブック。今後どれだけ拡大できるか?

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年1月28日、2014年10~12月期 …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

sharp
シャープがレノボにテレビ工場を売却。再建のカギである鴻海との提携は依然として進まず

 経営再建中のシャープが、中国のパソコン大手レノボ(聯想)に、中国のテレビ組立工 …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …