ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

1月の機械受注はわずかに減少。1~3月期のGDPにはどう影響する?

 

 内閣府は2015年3月11日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比1.7%減の8389億円だった。マイナスとなるのは3カ月ぶりだが、内閣府は「緩やかな持ち直しの動きがみられる」という基調判断を据え置いた。

setubitousi

 機械受注は機械メーカー280社が受注した金額を元に算出する。民間設備投資の先行指標といわれており、GDPにおける設備投資の基礎データにもなっている。
 納入が行われ実際に設備に計上されるまでにはタイムラグがあるが、機械受注とGDPにおける設備投資はおおむね近い動きを見せている。

 2014年1~3月期における機械受注はプラス4.2%だったが、GDPの設備投資(季節調整済名目値の前期比)はプラス6.1%であった。同様に、4~6月期については機械受注がマイナス10%だったのに対してGDPはマイナス4.4%、7~9月期についてはプラス5.6%に対して0.0%、10~12月期についてはプラス0.4%に対してプラス0.3%と、値は異なるものの、傾向は同じである。

 ちなみに、2015年1~3月期の見通しについてはプラス1.5%と大きな伸びにはなっていない。この統計が持つボラティリティを考えると、ほぼ横ばいと考えた方がよいだろう。

 官公需については12月がプラス10.8%、1月は25.8%と高い伸びを示している。ただ2015年度予算は、防衛費など一部の予算を除いて基本的に緊縮型となっており、政府支出の大幅な伸びは期待できない。大型の補正予算が組まれない限り、官公需の伸びはあまり期待できないだろう。

 外需については1月は24.2%増となっている。国内の製造業からの受注は減少が続いているので、外需がこれを補っている可能性が高い。米国の景気拡大が続いているので、この基調が変わらない限り、外需は堅調に推移すると考えられる。

 総合すると、2015年1~3月期の景気については、緩やかな拡大基調は変わらないものの、設備投資が活発化するという状況にはならない可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

applewatch
アップルの7~9月期決算はiPhone6効果で好調。今後の注目は事業ポートフォリオ

 米アップルは2014年10月20日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

twitter
ツイッターがとうとう折り返し地点?利用者数の伸びが鈍化し株価は大幅下落

 短文投稿サイトの米ツイッターは2015年7月28日、2015年4~6月期決算を …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …