ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が年内に金利完全自由化を実施。グローバル市場との一体化が進む

 

 中国人民銀行の周小川総裁は2015年3月12日、年内に預金金利の上限規制を撤廃する方針を明らかにした。中国は貸出金利についてはすでに自由化を行っているが、預金金利の上限も撤廃されることで、金利の自由化が一気に進むことになる。

jinminginkou

 中国は、金融システムを安定させるため、金融機関が収益を確保しやすくなるよう、金利に規制を設けてきた。金融機関が貸し出す金利は一定以下に下げることができず、金融機関の預金金利には上限を設け、一定以上に上がらないようにしていた。金融機関は確実に利ざやを稼げるので、自己資本が積み上がり、これによって金融システムは安定することになる。

 中国は無理な経済成長を続けてきたので、金融システムが脆弱である。想定外の危機を抑制するためには、こうした金利規制はある程度やむを得ないという側面があった。だがこのような人為的措置には当然のことながら弊害もある。

 経営状態が良好な大企業も高い金利でお金を借りる必要があり、こうした企業の収益性は低下する。金融機関は優良企業に高金利でお金を貸せるので、リスクの高い中小企業には融資をしなくなってしまった。
 また預金者にとっては、本来得られる金利よりも低い金利しかつかないため、家計の収益性が悪くなる。中国でシャドーバンキングがこれほど肥大化した背景には、資金調達に苦慮する企業と、低い預金金利に不満を持つ預金者の存在がある。

 中国政府はすでに2013年7月から貸出金利の下限を撤廃し、部分的な金利の自由化を行っている。大きな混乱が生じなかったことから、預金金利についても自由化を実施する。

 中国が金利の完全自由化に踏み切ったのは、中国市場が成熟化し、市場の厚みが増したと当局が判断したからであり、これは世界経済にとってプラスの材料である。一方で中国市場はますますグローバル経済との一体化を強めていくことになり、中国の都合だけで金融政策を決められなくなる。

 金利自由化の先には当然、為替市場の自由化がある。金利と為替は表裏一体の存在であり、片方だけを自由化することに本質的な意味はないからである。金利を完全自由化したということは、近い将来、人民元も完全自由化されることを意味している。

 これらの自由化が進めば、グローバル市場における中国市場の存在感はさらに大きなものになってくるだろう。これまでの中国は完全に統制市場だったので、それほど市場動向を気にする必要はなかったのだが、今後はそうもいかなくなる。米国市場や欧州市場と同じレベルの関心を払っていく必要がありそうだ。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

sony
ソニーがiTunesに楽曲を提供開始。とうとうAppleの軍門に下る。

 ソニーは7日、米Apple社が運営するiTunesストアにおいて子会社のソニー …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …