ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極登用に加え、経営と執行の分離というコーポレートガバナンスが一気に確立することになった。いわゆる米国型のガバナンスとは一線を画しつつも、グローバルな投資家の評価にも十分耐えうる体制といえる。日本企業のひとつのモデルケースになる可能性が高い。

toyotajinnji

 ダイバーシティ(多様性)という点で目玉となったのは、代表取締役副社長にフランス人の現専務役員ディディエ・ルロワ氏が内定したことと、新しい常務役員に米GM(ゼネラルモーターズ)出身で北米トヨタの女性副社長だったジュリー・ハンプ氏の就任が決まったことである。また、中卒でトヨタ入社以降、一貫して生産現場を渡り歩いてきた技監の河合満氏が専務役員に就任することも注目を集めている。
 今回の人事は豊田章男社長の肝入りといわれており、多様性を重視したトヨタの新しい経営方針の表れと受け止められている。

 こうした象徴的な人事に加え、本格的なガバナンス体制が確立したことも注目に値する。株主総会で承認される予定の取締役候補は全部で12名だが、うち3名は社外取締役で、広報担当の専務役員である早川茂氏以外は、すべて代表権を持った副社長以上の人物で構成されている。

 早川氏以外は、基本的に経営の仕事をすることになるため、経営と執行はほぼ明確に分離されることになる。日本の会社にありがちだった執行側の上下関係が取締役会に持ち込まれるという弊害についても、取締役会に執行側から参加する人物のほとんどが代表権を持っていることから、ある程度対等な議論が担保できる。

 日本企業の多くは、経営と執行の分離という概念を理解していない、あるいは理解していてもそれをあえて実行していないところが多く、取締役の名簿には、専務取締役、常務取締役、取締役部長という名称がズラズラと並ぶ。執行側の上下関係がそのまま持ち込まれているため、本来の意味での取締役会は機能しない。

 社長以外はすべて社外役員で占めるという、いわゆる米国側のガバナンスとは異なるが、コーポレートガバナンスの本質的な意味をトヨタは理解しており、海外の投資家も十分に納得できる体制といえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

yahoojapan vs us
ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した …