ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極登用に加え、経営と執行の分離というコーポレートガバナンスが一気に確立することになった。いわゆる米国型のガバナンスとは一線を画しつつも、グローバルな投資家の評価にも十分耐えうる体制といえる。日本企業のひとつのモデルケースになる可能性が高い。

toyotajinnji

 ダイバーシティ(多様性)という点で目玉となったのは、代表取締役副社長にフランス人の現専務役員ディディエ・ルロワ氏が内定したことと、新しい常務役員に米GM(ゼネラルモーターズ)出身で北米トヨタの女性副社長だったジュリー・ハンプ氏の就任が決まったことである。また、中卒でトヨタ入社以降、一貫して生産現場を渡り歩いてきた技監の河合満氏が専務役員に就任することも注目を集めている。
 今回の人事は豊田章男社長の肝入りといわれており、多様性を重視したトヨタの新しい経営方針の表れと受け止められている。

 こうした象徴的な人事に加え、本格的なガバナンス体制が確立したことも注目に値する。株主総会で承認される予定の取締役候補は全部で12名だが、うち3名は社外取締役で、広報担当の専務役員である早川茂氏以外は、すべて代表権を持った副社長以上の人物で構成されている。

 早川氏以外は、基本的に経営の仕事をすることになるため、経営と執行はほぼ明確に分離されることになる。日本の会社にありがちだった執行側の上下関係が取締役会に持ち込まれるという弊害についても、取締役会に執行側から参加する人物のほとんどが代表権を持っていることから、ある程度対等な議論が担保できる。

 日本企業の多くは、経営と執行の分離という概念を理解していない、あるいは理解していてもそれをあえて実行していないところが多く、取締役の名簿には、専務取締役、常務取締役、取締役部長という名称がズラズラと並ぶ。執行側の上下関係がそのまま持ち込まれているため、本来の意味での取締役会は機能しない。

 社長以外はすべて社外役員で占めるという、いわゆる米国側のガバナンスとは異なるが、コーポレートガバナンスの本質的な意味をトヨタは理解しており、海外の投資家も十分に納得できる体制といえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

home02
米国ではなぜ自宅の不動産が超優良な資産になるのか?

 米政府の管理下で経営再建中だった米国の住宅公社2社(ファニーメイとフレディマッ …

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

IBM Lenobo
IBMの低価格ハード部門は中国企業へ売却。富士通でなかったのはかえって好都合?

 中国のパソコン・メーカーであるレノボ・グループ(聯想集団)は2014年1月23 …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

factory01
製造業の就業者が減少との調査結果。だが減っているのは製造業だけではない

 総務省は2月1日、2012年12月分の労働力調査の結果を発表した。それによると …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …