ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極登用に加え、経営と執行の分離というコーポレートガバナンスが一気に確立することになった。いわゆる米国型のガバナンスとは一線を画しつつも、グローバルな投資家の評価にも十分耐えうる体制といえる。日本企業のひとつのモデルケースになる可能性が高い。

toyotajinnji

 ダイバーシティ(多様性)という点で目玉となったのは、代表取締役副社長にフランス人の現専務役員ディディエ・ルロワ氏が内定したことと、新しい常務役員に米GM(ゼネラルモーターズ)出身で北米トヨタの女性副社長だったジュリー・ハンプ氏の就任が決まったことである。また、中卒でトヨタ入社以降、一貫して生産現場を渡り歩いてきた技監の河合満氏が専務役員に就任することも注目を集めている。
 今回の人事は豊田章男社長の肝入りといわれており、多様性を重視したトヨタの新しい経営方針の表れと受け止められている。

 こうした象徴的な人事に加え、本格的なガバナンス体制が確立したことも注目に値する。株主総会で承認される予定の取締役候補は全部で12名だが、うち3名は社外取締役で、広報担当の専務役員である早川茂氏以外は、すべて代表権を持った副社長以上の人物で構成されている。

 早川氏以外は、基本的に経営の仕事をすることになるため、経営と執行はほぼ明確に分離されることになる。日本の会社にありがちだった執行側の上下関係が取締役会に持ち込まれるという弊害についても、取締役会に執行側から参加する人物のほとんどが代表権を持っていることから、ある程度対等な議論が担保できる。

 日本企業の多くは、経営と執行の分離という概念を理解していない、あるいは理解していてもそれをあえて実行していないところが多く、取締役の名簿には、専務取締役、常務取締役、取締役部長という名称がズラズラと並ぶ。執行側の上下関係がそのまま持ち込まれているため、本来の意味での取締役会は機能しない。

 社長以外はすべて社外役員で占めるという、いわゆる米国側のガバナンスとは異なるが、コーポレートガバナンスの本質的な意味をトヨタは理解しており、海外の投資家も十分に納得できる体制といえるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …