ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩恵をまったく受けられていない実態が明らかとなった。

 韓国の消費者団体が世界18カ国で同一55製品の価格を調査したところ、韓国国内での販売価格がかなり高いことが判明した。価格が高い順の5番目以内に入った製品が17もあったという。
 サムスン電子のスマートフォン「GALAXY S3」は米国よりも平均35%も高く販売されていた。同じく「GALAXY Note」は世界で4番目に高い価格だった。サムスン電子は自国では高く、海外では安く売っていることになる。
 このほか米国産ワインや粉ミルクは世界1位、化粧品やジーンズは世界2位となっている。さらにコーヒー、ジーンズ、化粧品、粉ミルクは、数年間にわたって高価格を維持しており、恒常的に価格が高いことをうかがわせる。

 韓国は各国と相次いでFTAを締結し関税を引き下げてきた。農業など競争力の弱い産業は打撃を受けるが、競争力のある輸出企業や輸入品を購入する消費者には恩恵があるはずだった。だが今回の調査によって、関税を引き下げても、消費者にはほとんど恩恵がないことが浮き彫りになった。

 現在日本では環太平洋経済連携協定(TPP)への参加をめぐって議論が続いている。
 韓国のこのケースを見ると、TPPに参加しても消費者がメリットを享受できないのではないかと思えてくる。だが安易にそう結論付けるのは少々危険だ。

 価格を調査した韓国の消費者団体は韓国の価格が高い理由として、特定の大企業が輸入を独占し価格を吊り上げていることや、韓国企業が高価格マーケティングを実施していることなどをあげている。 高価格マーケティングというのはオブラートに包んだ言い方であって、要するに消費者に選択眼がなく、舶来品であれば法外な価格でも喜んで買うという意味だ。

 実はこの原因はそのまま日本市場にも当てはまる。上記の調査において韓国における「GALAXY Note」の販売価格は世界で4番目に高いという結果だったが、日本はさらに高く、世界で2番目となっている。
 日本は流通経路が複雑で、中抜きするだけの業者が多く存在することや、ほとんどの業界に官庁の利権が絡んでおり、韓国と同様、消費者が高い買い物を強制されている(要するに後進国型の市場構造になっているということ)。例えば家の修理やリフォームに用いられる各種部材は米国の2倍から3倍の値段が当たり前だ。飛行機の運賃がこれほどバカ高い国は世界を見渡しても日本だけである(それでいて日本がデフレで大変だなど、まったく笑止千万な話なのである)。
 さらに外国(特に先進国)の製品やサービスに対して免疫がなく、高価格であってもホイホイ購入する習慣は日本も韓国もまったく同じといえる。

 つまり消費者が自由貿易のメリットを受けられるかどうかは、FTAやTPPの問題ではなく、国内で適切な競争環境が整備されているかどうかなのである。
 確かにこのままの状態でTPPに参加しても日本の消費者がメリットを享受できない可能性は高い。この状態でTPP導入を行い、結果的に消費者にメリットがなかったといって大騒ぎするような愚だけは避けなければならない。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

takusin
タイで再びタクシン派と反タクシン派の政治対立が激化。タイ政治の日本との共通点とは

 タイで再び政治対立が激化している。タイ国会で与党が提出した恩赦法案に対して野党 …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

obama201405
ナイジェリア女生徒拉致事件が、米国の政局に微妙な影響を与える可能性

 ナイジェリアで発生したイスラム過激派組織による女子生徒集団拉致事件が、米国政治 …

rig
シェールガス開発の是非をめぐってフランスが迷走。日本が学ぶべき点は多い

 フランスのモントブール生産回復相は2014年1月29日、フランスでは全面禁止さ …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

oecd201311
OECDが世界経済見通しを下方修正。米国への依存度高まる。日本は来年以降失速

 OECD(経済協力開発機構)は11月19日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …