ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった同社株は3月13日には一時2万7000円を突破し、上場来高値を更新した。
 同社は、超高収益企業として知られる一方、最低限の情報開示しかしない秘密のベールに包まれた会社だったが、株主との対話部署を設けるとの話が伝わり、株主還元策への期待が一気に高まった。

fanakku

 ファナックは産業用ロボットの分野では圧倒的な競争力を持っているが、その経営実態はほとんど知られていない。上場企業なので、定められた情報開示は行っているものの、それ以上の情報を積極的に株主に開示する姿勢は示してこなかったからである。本社や工場の多くが、富士山麓の深い森の中にあることも、同社の謎めいた雰囲気を増幅していたかもしれない。

 日本企業の中では突出した好業績として知られており、約4500億円の売上高に対して当期利益は約1000億円もある。また自己資本比率は約90%という驚異的な水準となっており、8000億円もの現金を保有している。
 同社は、連結ベースで当期純利益の30%の配当性向を維持するという基本方針を掲げており、前期もこの方針にしたがって1株あたり約185円の配当を実施した。絶対額としては大きいが株価も極めて高いことから、配当利回りは0.9%と低く抑えられている状況だ。

 ファナックに対しては、これまで海外投資家が株主還元策を実施するよう求める書簡などを送っていたが、同社は基本的に無反応であった。だが、今回は様子が違った。米国のモノ言う株主であるサード・ポイントは2015年2月、同社株を取得したことを表明し、定期的な自社株買いをするよう求める声明を出した。同社はこれに反応し、稲葉善治社長が株主との対話窓口を設置することや、株主還元を実行していく方針を明らかにした。

 従来の秘密主義から一転、株主との対話路線に転じたのは、6月に施行される東証の親ルールの影響が大きい。東証は企業による株主との対話を重視したコーポレートガバナンス・コードの導入を決定しており、企業は株主利益の向上にこれまで以上に取り組む必要が出てきている。透明性が低い企業は、公的年金をはじめとする機関投資家による売買の対象から外れてしまうリスクがある。

 もっとも、すでに同社株はかなりの高値となっており、ここから自社株買いで買い上がるというのはあまり現実的ではない。多くの投資家は増配を求めており、具体的な還元策も増配となる可能性が高い。
 秘密主義で知られた同社がオープンな姿勢に転じたことは、日本の株式市場が変わったことを海外の投資家に印象付けるひとつのきっかけとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

tanker
ウォール・ストリート・ジャーナルが日銀に原油を買えと大胆提案!

 米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日銀に対して面白い提言を …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …