ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が考える言論の自由と民主党が考える言論の自由

 

 与野党の間で「言論の自由」の考え方をめぐって論争となっている。安倍首相がテレビ番組の内容を批判したことについて、民主党の岡田克也代表や細野豪志政調会長が問題視したのが事の発端だが、これまでのところ両者の議論はまったくかみ合っていない。

 abetouben 安倍氏が昨年11月18日に出演したテレビ番組でアベノミクスの成果について否定的な見解を示したVTRについて「おかしいじゃないですか」と発言した。この発言が3日の衆議院予算委員会で指摘されると、安倍氏は「私の考えを述べるのは言論の自由だ」と反論したことで、さらに騒ぎが大きくなった。

 細野氏は3月12日の予算委員会で「正直言って、ちょっと衝撃を受けた。言論の自由だという発言への思いは変わらないか」と再度この問題を正すと、安倍氏は全く問題ないとの認識を示し、細野氏に真っ向から反論した。 
 翌13日の記者会見でも、民主党の岡田克也代表が「安倍氏の憲法観は根本的に間違っている。もちろん総理大臣だからといって何も言えないということではないが、そこは相当考えてご発言にならないと」と述べ、安倍氏の発言は、民主主義の根幹に関わる重大問題であるとの認識を示した。
 この発言に対し、管官房長官は「総理大臣の地位にある者についても、当然憲法上の表現の自由は保障されている」として再度否定している。

 このように民主党と安倍政権側の議論はまったくかみ合っていない。民主党側は安倍氏らの発言を民主主義の根幹に関わる問題と認識しているようだが、安倍政権側にそのような意識はない。つまり、両者の「言論の自由」に対する考え方が根本的に異なっているのである。

 民主党は、憲法は基本的に権力者を縛るものという認識を持っているようである。国家権力にはそもそも暴力性があるため、独裁的な権力行使は容認されず、国民には言論の自由を保障する必要があるという立場だ。つまり言論の自由が保障されるのは国民の側であり、権力側は一定程度の抑制が必要という認識になる。一方、安倍政権側は、自分も国民のひとりなので言論の自由が当然に保障されるとう考え方に立脚している。

 民主党側の主張は、現代民主主義の世界では非常にオーソドックスな考え方だが、この価値観が共有されている国は意外と少なく、米英独仏など西側先進国が中心である。形式的には民主国家となっていても、トルコやロシア、シンガポールなど、こうした考え方が通用しない国はたくさんある。

 日本は明治維新で近代化を達成したが、明治政府は革命政権と王政復古政権の混在であり、厳密な意味で国民が主権を勝ち取ってきたわけではない(大正デモクラシーなどの別な評価もあるが)。日本国憲法も米国からの要請で作られたものであり、日本がどこまで民主国家なのかという点については、戦後もずっと論争になってきた。

 安倍政権側が、憲法観の違いについて否定していないところをみると、オーソドックスな民主主義の考え方ではないことについて安倍政権側は特に問題視していないとも考えられる。日本はどちらかというトルコやシンガポールに近い立場の国なのかもしれない。

 - マスコミ, 政治 ,

  関連記事

kanntei
2020年度の財政黒字化は困難との内閣府試算。消費税15%以外に方法はないのか?

 政府は8月8日、閣議を開催し財政健全化の道筋を示す「中期財政計画」を閣議了解し …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

sanpeter
中国がバチカンに台湾との断交をあらためて要求。なぜ両者は対立しているのか?

 ローマ法王庁(バチカン)と断交状態にある中国政府は、新しくローマ法王に就任した …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

abe20141021
女性大臣連続辞任で囁かれる、背後にある政治的動き

 自身が運営に関与する政治団体の不明朗な会計処理の責任を取って、小渕経済産業大臣 …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …