ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が考える言論の自由と民主党が考える言論の自由

 

 与野党の間で「言論の自由」の考え方をめぐって論争となっている。安倍首相がテレビ番組の内容を批判したことについて、民主党の岡田克也代表や細野豪志政調会長が問題視したのが事の発端だが、これまでのところ両者の議論はまったくかみ合っていない。

 abetouben 安倍氏が昨年11月18日に出演したテレビ番組でアベノミクスの成果について否定的な見解を示したVTRについて「おかしいじゃないですか」と発言した。この発言が3日の衆議院予算委員会で指摘されると、安倍氏は「私の考えを述べるのは言論の自由だ」と反論したことで、さらに騒ぎが大きくなった。

 細野氏は3月12日の予算委員会で「正直言って、ちょっと衝撃を受けた。言論の自由だという発言への思いは変わらないか」と再度この問題を正すと、安倍氏は全く問題ないとの認識を示し、細野氏に真っ向から反論した。 
 翌13日の記者会見でも、民主党の岡田克也代表が「安倍氏の憲法観は根本的に間違っている。もちろん総理大臣だからといって何も言えないということではないが、そこは相当考えてご発言にならないと」と述べ、安倍氏の発言は、民主主義の根幹に関わる重大問題であるとの認識を示した。
 この発言に対し、管官房長官は「総理大臣の地位にある者についても、当然憲法上の表現の自由は保障されている」として再度否定している。

 このように民主党と安倍政権側の議論はまったくかみ合っていない。民主党側は安倍氏らの発言を民主主義の根幹に関わる問題と認識しているようだが、安倍政権側にそのような意識はない。つまり、両者の「言論の自由」に対する考え方が根本的に異なっているのである。

 民主党は、憲法は基本的に権力者を縛るものという認識を持っているようである。国家権力にはそもそも暴力性があるため、独裁的な権力行使は容認されず、国民には言論の自由を保障する必要があるという立場だ。つまり言論の自由が保障されるのは国民の側であり、権力側は一定程度の抑制が必要という認識になる。一方、安倍政権側は、自分も国民のひとりなので言論の自由が当然に保障されるとう考え方に立脚している。

 民主党側の主張は、現代民主主義の世界では非常にオーソドックスな考え方だが、この価値観が共有されている国は意外と少なく、米英独仏など西側先進国が中心である。形式的には民主国家となっていても、トルコやロシア、シンガポールなど、こうした考え方が通用しない国はたくさんある。

 日本は明治維新で近代化を達成したが、明治政府は革命政権と王政復古政権の混在であり、厳密な意味で国民が主権を勝ち取ってきたわけではない(大正デモクラシーなどの別な評価もあるが)。日本国憲法も米国からの要請で作られたものであり、日本がどこまで民主国家なのかという点については、戦後もずっと論争になってきた。

 安倍政権側が、憲法観の違いについて否定していないところをみると、オーソドックスな民主主義の考え方ではないことについて安倍政権側は特に問題視していないとも考えられる。日本はどちらかというトルコやシンガポールに近い立場の国なのかもしれない。

 - マスコミ, 政治 ,

  関連記事

hoikuen
都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

hyuga02
憲法改正や集団的自衛権など安倍カラーがなぜか次々後退。求められる明確な方向性

 政府が集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の見直しを先送りするとの報道が大きな波 …

carney2
シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を …

ibukibunmei
伊吹議長の発言に首相周辺が不快感との報道に見る、マスコミと権力の複雑な癒着関係

 政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」において、伊吹文明衆議院議長による脱原発 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

shukinpei
公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会 …

ryounei
中国発の空母「遼寧」が南シナ海で初の長距離訓練を実施。その意味は?

 中国初の空母「遼寧」が、駆逐艦などと空母機動部隊を編成し、初めての長距離訓練を …

subic00
米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。  フィリピン政府 …

jazenchukaicho
JA全中が農協の自己改革案を提示。内容が不十分との声が出る可能性も

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は2014年11月6日、JAグループの自己改 …