ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程度で実現する」という従来の方針を堅持する姿勢を強調した。ただ、現実には量的緩和策は3年目に入ろうとしており、目標とのズレは明白となっている。市場では追加緩和が近いとの声も聞かれる。

kuroda02

 量的緩和策がスタートした2013年4月以降、物価は順調に上昇するかにみえた。2013年4月時点における消費者物価指数(代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」)は前年同月比マイナス0.4%だったが、緩和策がスタートすると物価上昇が始まり、消費税を増税した2014年4月にはプラス1.5%(消費税の影響除く)に達した。

 だが、その後物価上昇率はじわじわと低下し、2015年1月にはプラス0.2%と、ほぼ横ばいの状態に戻ってしまった。原油安が続いていることから、物価がマイナスに転じるリスクも生じている。黒田氏は物価がマイナスになる事態も想定しているようだが、あくまで原油安という一時的要因という立場を崩していない。

 「2年程度」の解釈については具体的には2015年度中と理解されている。物価上昇が止まってしまっていることから、市場からは追加緩和を期待する声が上がっている。黒田氏が追加緩和の条件として掲げているのは「物価目標のシナリオが大きく狂う」場合である。
 2年程度で2%という物価目標を変えないのだとすると、2015年度中に目標に達しないと判断されれば、追加緩和に踏み切るという解釈になる。

 現実問題として、2015年度中に2%の物価目標が達成できると考えるエコノミストは誰もいない。順当にいけば、今年の半ばには日銀は追加緩和を決断することになる。

 ただ政府側からは、物価目標について方針転換をしたかのような発言が目立っている。これまでは積極的な政府に日銀が対応するという図式だったが、今では積極的な日銀に政府が対応するという状況に変わってしまっている。
 いずれにせよ、期限が決まっている話であり、このまま追加緩和に突っ走るのか、インフレ政策を事実上、転換するのかは、近いうちにはっきりする。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

bukkajoushou
12月の物価はさらに上昇。ただし円安一服で来月以降は踊り場に?

 総務省は2014年1月31日、2013年12月の消費者物価指数を発表した。代表 …

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

ribiatero
米国が中東で2つの対テロ作戦を同時遂行。今後はこうした「見えない」戦争が中心か?

 米軍は10月5日、リビアとソマリアにおいてほぼ同じタイミングで特殊部隊による対 …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …