ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程度で実現する」という従来の方針を堅持する姿勢を強調した。ただ、現実には量的緩和策は3年目に入ろうとしており、目標とのズレは明白となっている。市場では追加緩和が近いとの声も聞かれる。

kuroda02

 量的緩和策がスタートした2013年4月以降、物価は順調に上昇するかにみえた。2013年4月時点における消費者物価指数(代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」)は前年同月比マイナス0.4%だったが、緩和策がスタートすると物価上昇が始まり、消費税を増税した2014年4月にはプラス1.5%(消費税の影響除く)に達した。

 だが、その後物価上昇率はじわじわと低下し、2015年1月にはプラス0.2%と、ほぼ横ばいの状態に戻ってしまった。原油安が続いていることから、物価がマイナスに転じるリスクも生じている。黒田氏は物価がマイナスになる事態も想定しているようだが、あくまで原油安という一時的要因という立場を崩していない。

 「2年程度」の解釈については具体的には2015年度中と理解されている。物価上昇が止まってしまっていることから、市場からは追加緩和を期待する声が上がっている。黒田氏が追加緩和の条件として掲げているのは「物価目標のシナリオが大きく狂う」場合である。
 2年程度で2%という物価目標を変えないのだとすると、2015年度中に目標に達しないと判断されれば、追加緩和に踏み切るという解釈になる。

 現実問題として、2015年度中に2%の物価目標が達成できると考えるエコノミストは誰もいない。順当にいけば、今年の半ばには日銀は追加緩和を決断することになる。

 ただ政府側からは、物価目標について方針転換をしたかのような発言が目立っている。これまでは積極的な政府に日銀が対応するという図式だったが、今では積極的な日銀に政府が対応するという状況に変わってしまっている。
 いずれにせよ、期限が決まっている話であり、このまま追加緩和に突っ走るのか、インフレ政策を事実上、転換するのかは、近いうちにはっきりする。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

ryounei
中国発の空母「遼寧」が南シナ海で初の長距離訓練を実施。その意味は?

 中国初の空母「遼寧」が、駆逐艦などと空母機動部隊を編成し、初めての長距離訓練を …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

obamacuba
米国とキューバが50年にわたる対立に終止符。仲介役はローマ法王庁

 オバマ米大統領は2014年12月17日、50年以上にわたって国交を断絶していた …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

obamaegypt
エジプトで軍主導の暫定政権がスタート。背後に控える米国の動向が今後のカギに

 混乱が続くエジプトで、軍部はモルシ大統領を解任、7月4日にはマンスール最高憲法 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

obuchiyuko
小渕経産大臣が辞任。脳裏をよぎる第1次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ

 小渕経済産業大臣は2014年10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …