ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程度で実現する」という従来の方針を堅持する姿勢を強調した。ただ、現実には量的緩和策は3年目に入ろうとしており、目標とのズレは明白となっている。市場では追加緩和が近いとの声も聞かれる。

kuroda02

 量的緩和策がスタートした2013年4月以降、物価は順調に上昇するかにみえた。2013年4月時点における消費者物価指数(代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」)は前年同月比マイナス0.4%だったが、緩和策がスタートすると物価上昇が始まり、消費税を増税した2014年4月にはプラス1.5%(消費税の影響除く)に達した。

 だが、その後物価上昇率はじわじわと低下し、2015年1月にはプラス0.2%と、ほぼ横ばいの状態に戻ってしまった。原油安が続いていることから、物価がマイナスに転じるリスクも生じている。黒田氏は物価がマイナスになる事態も想定しているようだが、あくまで原油安という一時的要因という立場を崩していない。

 「2年程度」の解釈については具体的には2015年度中と理解されている。物価上昇が止まってしまっていることから、市場からは追加緩和を期待する声が上がっている。黒田氏が追加緩和の条件として掲げているのは「物価目標のシナリオが大きく狂う」場合である。
 2年程度で2%という物価目標を変えないのだとすると、2015年度中に目標に達しないと判断されれば、追加緩和に踏み切るという解釈になる。

 現実問題として、2015年度中に2%の物価目標が達成できると考えるエコノミストは誰もいない。順当にいけば、今年の半ばには日銀は追加緩和を決断することになる。

 ただ政府側からは、物価目標について方針転換をしたかのような発言が目立っている。これまでは積極的な政府に日銀が対応するという図式だったが、今では積極的な日銀に政府が対応するという状況に変わってしまっている。
 いずれにせよ、期限が決まっている話であり、このまま追加緩和に突っ走るのか、インフレ政策を事実上、転換するのかは、近いうちにはっきりする。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

no image
鴻海が超大型液晶TVを格安で販売。シャープ経営陣に対するプレッシャーか?

 台湾の経済日報は、シャープに出資を検討している台湾の鴻海精密工業が、11月、6 …

carnival
洋上火災を起こした大型クルーズ船の姉妹船で、今度は乗客が行方不明

 オーストラリアのクルーズ船で乗客2名が行方不明になっている。5月9日午前、10 …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

kitachosenmisaru02
北朝鮮がミサイルの追加発射を準備?一方では米朝交渉を探る神経戦

 核実験を実施したばかりの北朝鮮で、今度は弾道ミサイルの追加発射の可能性が出てき …

setsubitousi
8月の機械受注が大幅減。7~9月期GDPはマイナス成長の公算が高まる

 7~9月期のGDP(国内総生産)が4~6月期に続いてマイナスとなる公算が高まっ …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

dokushogakusei
大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活 …

morusi
エジプトでイスラム憲法が承認。一部では預金引き出しの動きも

 イスラム色が強く民主的でないとして反発の声が大きかったエジプトの新憲法が26日 …