ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程度で実現する」という従来の方針を堅持する姿勢を強調した。ただ、現実には量的緩和策は3年目に入ろうとしており、目標とのズレは明白となっている。市場では追加緩和が近いとの声も聞かれる。

kuroda02

 量的緩和策がスタートした2013年4月以降、物価は順調に上昇するかにみえた。2013年4月時点における消費者物価指数(代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」)は前年同月比マイナス0.4%だったが、緩和策がスタートすると物価上昇が始まり、消費税を増税した2014年4月にはプラス1.5%(消費税の影響除く)に達した。

 だが、その後物価上昇率はじわじわと低下し、2015年1月にはプラス0.2%と、ほぼ横ばいの状態に戻ってしまった。原油安が続いていることから、物価がマイナスに転じるリスクも生じている。黒田氏は物価がマイナスになる事態も想定しているようだが、あくまで原油安という一時的要因という立場を崩していない。

 「2年程度」の解釈については具体的には2015年度中と理解されている。物価上昇が止まってしまっていることから、市場からは追加緩和を期待する声が上がっている。黒田氏が追加緩和の条件として掲げているのは「物価目標のシナリオが大きく狂う」場合である。
 2年程度で2%という物価目標を変えないのだとすると、2015年度中に目標に達しないと判断されれば、追加緩和に踏み切るという解釈になる。

 現実問題として、2015年度中に2%の物価目標が達成できると考えるエコノミストは誰もいない。順当にいけば、今年の半ばには日銀は追加緩和を決断することになる。

 ただ政府側からは、物価目標について方針転換をしたかのような発言が目立っている。これまでは積極的な政府に日銀が対応するという図式だったが、今では積極的な日銀に政府が対応するという状況に変わってしまっている。
 いずれにせよ、期限が決まっている話であり、このまま追加緩和に突っ走るのか、インフレ政策を事実上、転換するのかは、近いうちにはっきりする。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …

jabuil
動き出す農協改革。最初のターゲットがJA全中になる理由

 政府が農協改革に向けて動き始めた。規制改革会議は5月22日、中央組織が地域の農 …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

zenjindai201401
中国政府が香港包囲網を強化。全人代で香港自治という表現が消滅

 中国政府による香港への包囲網が強化されている。現在開催中の全人代(全国人民代表 …