ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

 

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場委員会)声明を発表した。注目されていた「忍耐強く」という表現が削除され、利上げの準備が整ったことを示唆している。

ieren201409

 米国経済は順調に回復が進んでおり、FRBは2014年10月、量的緩和策の終了を宣言し、これまで行ってきた国債購入を停止した。市場の注目はFRBがいつ利上げを行うのかという点にシフトしている。

 FRBは、金利を引き上げるまでの期間について、以前は「相当な期間を置く」と表現していた。これは一般的に6カ月先と認識されている。
 その理由は、2004年1月のFOMCにおいて、当時のグリーンスパン議長が「相当な期間」から「忍耐強く」に変更し、その後5月に「忍耐強く」を削除、6月に利上げを実施したからである。つまり、「忍耐強く」に変更されると約6カ月後に利上げが実施される可能性が高くなり、この文言が削除されるとさらに利上げが近いという共通認識ができ上がっている。

 2014年12月のFOMCでは、「相当な期間」という記述は残ったものの、「忍耐強く」待つという表現に切り替わった。今回、「忍耐強く」という表現が削除されたことで、利上げが近いことが示唆される。市場では6月に利上げを実施するという予想も多い。
 ただ、イエレン議長は、今回の表現は「利上げの時期を決めたことを意味しない」とも説明しており、市場で利上げの時期が特定されてしまうことを避けている。利上げが近いことは間違いないが、政策的なフリーハンドを残しておきたいということだろう。

 米国経済は基本的に順調だが、原油価格の下落などによってインフレ率が低下しており、景気が足踏みする兆候も出ている。また米国の株価がこれまで堅調に上昇してたことから、利上げの幅が大きいと市場に冷や水を浴びせてしまう可能性もある。慎重派はこうした部分を懸念しており、利上げのタイミングはより後にした方がよいと考えている。

 だが、利上げの時期を後にすればするほど、適切なタイミングを選択するのが難しくなるのも事実である。市場関係者の一部からは、予定通り6月に利上げを行うものの、利上げの幅を可能な限り縮小し、追加利上げのタイミングを後ろにシフトさせるのではないかとの予測も出ている。

 6月に利上げがあるのか断言することはできないが、近いタイミングで利上げに踏み切る可能性が高くなったことだけは間違いない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

kokusaishushi201304
空洞化は悪いことばかりではない。海外工場からの利益で4月の経常収支は大幅黒字

 財務省は6月10日、4月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は …

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

netbankingfusei
ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人 …

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …