ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

 

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場委員会)声明を発表した。注目されていた「忍耐強く」という表現が削除され、利上げの準備が整ったことを示唆している。

ieren201409

 米国経済は順調に回復が進んでおり、FRBは2014年10月、量的緩和策の終了を宣言し、これまで行ってきた国債購入を停止した。市場の注目はFRBがいつ利上げを行うのかという点にシフトしている。

 FRBは、金利を引き上げるまでの期間について、以前は「相当な期間を置く」と表現していた。これは一般的に6カ月先と認識されている。
 その理由は、2004年1月のFOMCにおいて、当時のグリーンスパン議長が「相当な期間」から「忍耐強く」に変更し、その後5月に「忍耐強く」を削除、6月に利上げを実施したからである。つまり、「忍耐強く」に変更されると約6カ月後に利上げが実施される可能性が高くなり、この文言が削除されるとさらに利上げが近いという共通認識ができ上がっている。

 2014年12月のFOMCでは、「相当な期間」という記述は残ったものの、「忍耐強く」待つという表現に切り替わった。今回、「忍耐強く」という表現が削除されたことで、利上げが近いことが示唆される。市場では6月に利上げを実施するという予想も多い。
 ただ、イエレン議長は、今回の表現は「利上げの時期を決めたことを意味しない」とも説明しており、市場で利上げの時期が特定されてしまうことを避けている。利上げが近いことは間違いないが、政策的なフリーハンドを残しておきたいということだろう。

 米国経済は基本的に順調だが、原油価格の下落などによってインフレ率が低下しており、景気が足踏みする兆候も出ている。また米国の株価がこれまで堅調に上昇してたことから、利上げの幅が大きいと市場に冷や水を浴びせてしまう可能性もある。慎重派はこうした部分を懸念しており、利上げのタイミングはより後にした方がよいと考えている。

 だが、利上げの時期を後にすればするほど、適切なタイミングを選択するのが難しくなるのも事実である。市場関係者の一部からは、予定通り6月に利上げを行うものの、利上げの幅を可能な限り縮小し、追加利上げのタイミングを後ろにシフトさせるのではないかとの予測も出ている。

 6月に利上げがあるのか断言することはできないが、近いタイミングで利上げに踏み切る可能性が高くなったことだけは間違いない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

businessman
4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

soros02
ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金にな …