ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

 

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場委員会)声明を発表した。注目されていた「忍耐強く」という表現が削除され、利上げの準備が整ったことを示唆している。

ieren201409

 米国経済は順調に回復が進んでおり、FRBは2014年10月、量的緩和策の終了を宣言し、これまで行ってきた国債購入を停止した。市場の注目はFRBがいつ利上げを行うのかという点にシフトしている。

 FRBは、金利を引き上げるまでの期間について、以前は「相当な期間を置く」と表現していた。これは一般的に6カ月先と認識されている。
 その理由は、2004年1月のFOMCにおいて、当時のグリーンスパン議長が「相当な期間」から「忍耐強く」に変更し、その後5月に「忍耐強く」を削除、6月に利上げを実施したからである。つまり、「忍耐強く」に変更されると約6カ月後に利上げが実施される可能性が高くなり、この文言が削除されるとさらに利上げが近いという共通認識ができ上がっている。

 2014年12月のFOMCでは、「相当な期間」という記述は残ったものの、「忍耐強く」待つという表現に切り替わった。今回、「忍耐強く」という表現が削除されたことで、利上げが近いことが示唆される。市場では6月に利上げを実施するという予想も多い。
 ただ、イエレン議長は、今回の表現は「利上げの時期を決めたことを意味しない」とも説明しており、市場で利上げの時期が特定されてしまうことを避けている。利上げが近いことは間違いないが、政策的なフリーハンドを残しておきたいということだろう。

 米国経済は基本的に順調だが、原油価格の下落などによってインフレ率が低下しており、景気が足踏みする兆候も出ている。また米国の株価がこれまで堅調に上昇してたことから、利上げの幅が大きいと市場に冷や水を浴びせてしまう可能性もある。慎重派はこうした部分を懸念しており、利上げのタイミングはより後にした方がよいと考えている。

 だが、利上げの時期を後にすればするほど、適切なタイミングを選択するのが難しくなるのも事実である。市場関係者の一部からは、予定通り6月に利上げを行うものの、利上げの幅を可能な限り縮小し、追加利上げのタイミングを後ろにシフトさせるのではないかとの予測も出ている。

 6月に利上げがあるのか断言することはできないが、近いタイミングで利上げに踏み切る可能性が高くなったことだけは間違いない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kurafutohaintsu
ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2 …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

asakusa
日本に来る外国人観光客の数が諸外国と比べて異常に少ないのはなぜ?

 世界経済フォーラムは3月7日、2013年の旅行・観光競争力ランキングを発表した …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …