ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

 

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場委員会)声明を発表した。注目されていた「忍耐強く」という表現が削除され、利上げの準備が整ったことを示唆している。

ieren201409

 米国経済は順調に回復が進んでおり、FRBは2014年10月、量的緩和策の終了を宣言し、これまで行ってきた国債購入を停止した。市場の注目はFRBがいつ利上げを行うのかという点にシフトしている。

 FRBは、金利を引き上げるまでの期間について、以前は「相当な期間を置く」と表現していた。これは一般的に6カ月先と認識されている。
 その理由は、2004年1月のFOMCにおいて、当時のグリーンスパン議長が「相当な期間」から「忍耐強く」に変更し、その後5月に「忍耐強く」を削除、6月に利上げを実施したからである。つまり、「忍耐強く」に変更されると約6カ月後に利上げが実施される可能性が高くなり、この文言が削除されるとさらに利上げが近いという共通認識ができ上がっている。

 2014年12月のFOMCでは、「相当な期間」という記述は残ったものの、「忍耐強く」待つという表現に切り替わった。今回、「忍耐強く」という表現が削除されたことで、利上げが近いことが示唆される。市場では6月に利上げを実施するという予想も多い。
 ただ、イエレン議長は、今回の表現は「利上げの時期を決めたことを意味しない」とも説明しており、市場で利上げの時期が特定されてしまうことを避けている。利上げが近いことは間違いないが、政策的なフリーハンドを残しておきたいということだろう。

 米国経済は基本的に順調だが、原油価格の下落などによってインフレ率が低下しており、景気が足踏みする兆候も出ている。また米国の株価がこれまで堅調に上昇してたことから、利上げの幅が大きいと市場に冷や水を浴びせてしまう可能性もある。慎重派はこうした部分を懸念しており、利上げのタイミングはより後にした方がよいと考えている。

 だが、利上げの時期を後にすればするほど、適切なタイミングを選択するのが難しくなるのも事実である。市場関係者の一部からは、予定通り6月に利上げを行うものの、利上げの幅を可能な限り縮小し、追加利上げのタイミングを後ろにシフトさせるのではないかとの予測も出ている。

 6月に利上げがあるのか断言することはできないが、近いタイミングで利上げに踏み切る可能性が高くなったことだけは間違いない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

gamen
日本で物価が上がらないのは、産業構造による影響が大きい?

 日銀が量的緩和策をスタートさせてから2年になろうとしている。当初は労働力不足な …

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …

ecb02
欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和 …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

wsj120 02
ウォールストリート・ジャーナルが創刊125年。当時の紙面は今とあまり変わらず

 米国を代表する経済誌であるウォールストリート・ジャーナルが2014年7月8日で …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …