ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2月の貿易収支は先月に引き続いて改善。輸出の米国依存がより鮮明に

 

 財務省は2015年3月18日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は4246億円の赤字となった。赤字は32カ月連続 だが、赤字幅は前年同月比で47.3%縮小した。58%縮小した先月に続いて大幅な収支改善となっている。

bouekitoukei 201502

 このところ貿易収支が改善しているのは、好調な米国経済を背景に、米国向け輸出が増加したことと、原油価格の下落で輸入金額が減少していることが主な要因。
 輸出額は5兆9411円で前年同月比で2.4%増加した。数量の伸び悩みは続いているが、円安がこれを打ち消した。輸入額は6兆3657億円で3.6%のマイナスとなった。原油は54.8%、石油製品は40.6%も減少しており、原油価格の下落が大きく影響した。

 輸出全体としては、数量の伸び悩みを円安でカバーする図式が続いているが、輸出先の状況は大きく変わっている。これまで日本の輸出産業は基本的に米国向けの輸出で支えられてきたが、その傾向がさらに顕著になっている。北米向けの輸出は円安の進展とともに順調に増加しており、前年同月比では14.3%のプラスとなった。数量も横ばいであり、米国向けの輸出は基本的な構造が変わっていないことが分かる。

 一方、中国向けの輸出は17.3%のマイナスと大幅に減少した。金額だけでなく数量も減少しており、現実のビジネスベースでの輸出が減少していることが分かる。
 中国政府は、経済政策を変更し、10%台の高成長から7%程度の安定成長に舵を切っている。だが不動産価格の下落などから、さらに景気が減速しているとの見方も出ており、中国向け輸出の減少はこれを反映している可能性がある。

 ただ注意する必要があるのは、日本から中国への輸出のうち、純粋な内需向けはそれほど多くないという事実である。中国向けに輸出された部品などは、中国国内で組み立てられ最終製品として米国に輸出されるケースが多い。日本から見た最終需要地は米国であり、輸出全体の構造は大きく変わっていない可能性がある。これまでと同様、堅調な米国経済の需要をどう取り込むのかが、日本の輸出産業にとっての課題と考えた方がよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

no image
過去最高益。業績絶好調のトヨタが抱える、将来への深い悩み

 トヨタ自動車は2014年5月8日、2014年3月期の決算を発表した。本業のもう …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …