ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派・宗教勢力が過半数を確保できる見込みとなった。ネタニヤフ氏が再選される公算が高まったことで、中東和平問題におけるイスラエルの強硬路線が継続することになった。悪化しているオバマ政権との関係にも注目が集まっている。

 netaniyafunageki ネタニヤフ政権は、パレスチナ問題における強硬路線を進めてお、アラブ各国との対立が激化している。ただ国内世論は二分しているといわれており、経済問題を最優先し、パレスチナとは和平交渉を進めるべきという声も大きい。今回の総選挙では、リクードは劣勢と伝えられており、労働党を中心とする中道左派が勝利する可能性もあった。

 米国はオバマ政権になって以降、中東問題に対して一定の距離を置く方針に転換しており、米国の強硬な介入を望むネタニヤフ政権とは対立することが多くなっていた。
 危機感を募らせたネタニヤフ氏は、米共和党が主導権を握る議会からの招待に応じ、オバマ政権を無視する形で米議会で演説を行った。オバマ政権は露骨に不快感を表明しており、これが今回の選挙にどのような影響を与えるのかが注目されていた。

 総選挙は2015年3月17日に投票が行われた。結果は、事前予想とは逆にリクードの勝利となり、一連のネタニヤフ氏の言動は国民から支持された形となった。ただ、今回の選挙戦で、ネタニヤフ陣営は極右も含めた右派陣営を総動員したといわれており、次期政権では、さらに強硬路線を進めざるを得ない状況となっている。

 オバマ政権との対立は確実な状況であり、ネタニヤフ政権はさらに難しい舵取りを迫られることになる。一方、米国も、現在進めているイランとの核協議について、イスラエルが批判を強めることは確実であり、中東問題の不透明感が高まる可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …

kokintoshukinpei
習近平-李克強体制が正規にスタート。だが選挙では前代未聞の反対票も出て大波乱

 現在、中国・北京で開催中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3月14日、 …

no image
エアバスと防衛大手BAEの合併案に異論噴出!頓挫する可能性も

 欧州航空大手エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの経営統合に、 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …