ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派・宗教勢力が過半数を確保できる見込みとなった。ネタニヤフ氏が再選される公算が高まったことで、中東和平問題におけるイスラエルの強硬路線が継続することになった。悪化しているオバマ政権との関係にも注目が集まっている。

 netaniyafunageki ネタニヤフ政権は、パレスチナ問題における強硬路線を進めてお、アラブ各国との対立が激化している。ただ国内世論は二分しているといわれており、経済問題を最優先し、パレスチナとは和平交渉を進めるべきという声も大きい。今回の総選挙では、リクードは劣勢と伝えられており、労働党を中心とする中道左派が勝利する可能性もあった。

 米国はオバマ政権になって以降、中東問題に対して一定の距離を置く方針に転換しており、米国の強硬な介入を望むネタニヤフ政権とは対立することが多くなっていた。
 危機感を募らせたネタニヤフ氏は、米共和党が主導権を握る議会からの招待に応じ、オバマ政権を無視する形で米議会で演説を行った。オバマ政権は露骨に不快感を表明しており、これが今回の選挙にどのような影響を与えるのかが注目されていた。

 総選挙は2015年3月17日に投票が行われた。結果は、事前予想とは逆にリクードの勝利となり、一連のネタニヤフ氏の言動は国民から支持された形となった。ただ、今回の選挙戦で、ネタニヤフ陣営は極右も含めた右派陣営を総動員したといわれており、次期政権では、さらに強硬路線を進めざるを得ない状況となっている。

 オバマ政権との対立は確実な状況であり、ネタニヤフ政権はさらに難しい舵取りを迫られることになる。一方、米国も、現在進めているイランとの核協議について、イスラエルが批判を強めることは確実であり、中東問題の不透明感が高まる可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

ouki
中国外相に温家宝首相に近い王毅氏が内定。日中関係への影響は?

 中国の次期外交部長(外務大臣)に、駐日大使の経験のある王毅・国務院台湾事務弁公 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

bnppariba
米国が仏BNPパリバに巨額の罰金。背景にはロシアへの武器売却問題なども

 米司法省は2014年6月30日、仏金融機関最大手BNPパリバに対して、89億ド …

jinminkaihogun01
中国の武器輸出が急増。中国軍の質的能力向上のサインか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は2015年3月16日 …

hagelchina
ヘーゲル国防長官が中国の常万全国防相と会談。着々と進む米中のアジア戦略交渉

 ヘーゲル米国防長官は8月19日、米国防総省で中国の常万全国防相と会談した。ヘー …