ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派・宗教勢力が過半数を確保できる見込みとなった。ネタニヤフ氏が再選される公算が高まったことで、中東和平問題におけるイスラエルの強硬路線が継続することになった。悪化しているオバマ政権との関係にも注目が集まっている。

 netaniyafunageki ネタニヤフ政権は、パレスチナ問題における強硬路線を進めてお、アラブ各国との対立が激化している。ただ国内世論は二分しているといわれており、経済問題を最優先し、パレスチナとは和平交渉を進めるべきという声も大きい。今回の総選挙では、リクードは劣勢と伝えられており、労働党を中心とする中道左派が勝利する可能性もあった。

 米国はオバマ政権になって以降、中東問題に対して一定の距離を置く方針に転換しており、米国の強硬な介入を望むネタニヤフ政権とは対立することが多くなっていた。
 危機感を募らせたネタニヤフ氏は、米共和党が主導権を握る議会からの招待に応じ、オバマ政権を無視する形で米議会で演説を行った。オバマ政権は露骨に不快感を表明しており、これが今回の選挙にどのような影響を与えるのかが注目されていた。

 総選挙は2015年3月17日に投票が行われた。結果は、事前予想とは逆にリクードの勝利となり、一連のネタニヤフ氏の言動は国民から支持された形となった。ただ、今回の選挙戦で、ネタニヤフ陣営は極右も含めた右派陣営を総動員したといわれており、次期政権では、さらに強硬路線を進めざるを得ない状況となっている。

 オバマ政権との対立は確実な状況であり、ネタニヤフ政権はさらに難しい舵取りを迫られることになる。一方、米国も、現在進めているイランとの核協議について、イスラエルが批判を強めることは確実であり、中東問題の不透明感が高まる可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

no image
英国でビジネスマン出身の大主教が誕生。聖職者もMBA時代到来か?

 英国国教会の最高位の聖職者であるカンタベリー大主教に、ビジネスマン出身者が就任 …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

pakuobama
朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月7日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初の首脳 …

no image
新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長 …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

no image
中国が今度は台湾野党の取り込み工作を本格化。日本はさらに厳しい状況に

 中国が台湾の取り込みに猛攻勢をかけている。これまで独立派として交流を行っていな …

yasudakodo
キャリア公務員の合格者。結局は旧帝大と早慶ばかりで何も変わっていない

 公務員の地位低下が叫ばれて久しい。東大生で国家公務員試験Ⅰ種(いわゆるキャリア …