ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派・宗教勢力が過半数を確保できる見込みとなった。ネタニヤフ氏が再選される公算が高まったことで、中東和平問題におけるイスラエルの強硬路線が継続することになった。悪化しているオバマ政権との関係にも注目が集まっている。

 netaniyafunageki ネタニヤフ政権は、パレスチナ問題における強硬路線を進めてお、アラブ各国との対立が激化している。ただ国内世論は二分しているといわれており、経済問題を最優先し、パレスチナとは和平交渉を進めるべきという声も大きい。今回の総選挙では、リクードは劣勢と伝えられており、労働党を中心とする中道左派が勝利する可能性もあった。

 米国はオバマ政権になって以降、中東問題に対して一定の距離を置く方針に転換しており、米国の強硬な介入を望むネタニヤフ政権とは対立することが多くなっていた。
 危機感を募らせたネタニヤフ氏は、米共和党が主導権を握る議会からの招待に応じ、オバマ政権を無視する形で米議会で演説を行った。オバマ政権は露骨に不快感を表明しており、これが今回の選挙にどのような影響を与えるのかが注目されていた。

 総選挙は2015年3月17日に投票が行われた。結果は、事前予想とは逆にリクードの勝利となり、一連のネタニヤフ氏の言動は国民から支持された形となった。ただ、今回の選挙戦で、ネタニヤフ陣営は極右も含めた右派陣営を総動員したといわれており、次期政権では、さらに強硬路線を進めざるを得ない状況となっている。

 オバマ政権との対立は確実な状況であり、ネタニヤフ政権はさらに難しい舵取りを迫られることになる。一方、米国も、現在進めているイランとの核協議について、イスラエルが批判を強めることは確実であり、中東問題の不透明感が高まる可能性が高い。

 - 政治 , , ,

  関連記事

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

38north
北朝鮮がミサイル発射の可能性。交渉材料として寧辺の核施設が浮上

 米韓に対する挑発行使を続けている北朝鮮が、警告なしでミサイルを発射する可能性が …

hageljinin
オバマ外交を象徴する閣僚の一人、ヘーゲル国防長官が突然辞任

 オバマ大統領は2014年11月24日、ヘーゲル国防長官が辞任すると発表した。オ …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

takusin
タイの上院がタクシン元首相の恩赦を否決。帰国は困難になり官僚勢力が増大へ

 2006年のクーデターで失脚し、現在亡命中であるタイのタクシン元首相を帰国させ …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

raisu
オバマ大統領がライス氏の国務長官起用を断念。中国ベッタリのケリー議員が就任か?

 オバマ米大統領が次期国務長官の最有力候補としていたスーザン・ライス米国連大使の …

no image
イランの核開発能力が倍増というIAEA報告書は出来レース?

  IAEA(国際原子力機関)は、イランが核兵器開発に必要なウラン濃縮の能力を2 …

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …