ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪とした名古屋地裁判決を不服として控訴した。藤井市長や弁護団は検察の控訴について激しく批判している。

minogamofuji

 藤井市は、市議会議員だった2013年、浄水設備の導入をめぐって便宜を図った見返りに、名古屋市内の業者から現金合わせて30万円を受け取ったとして、受託収賄などの罪に問われた。藤井氏は一貫して現金の受け渡しを否定しており、名古屋地方裁判所は「現金を渡したとする業者の供述には疑問がある」として、無罪判決を言い渡した。

 しかし検察側は、現金を渡したとする業者の供述の信用性を否定した裁判所の判断には誤りがあるとして、控訴に踏み切った。藤井市長や弁護団は、検察の対応について激しく批判しているが、主任弁護人を務める元検察官の郷原信郎氏は、今回の控訴は憲法違反の疑いがあると主張している。

 憲法では、第39条において「同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問われない」と規定している。これは英米法における「二重の危険の原理」を体現したものと解釈されている。
 逮捕・起訴されるということになると、その本人には大変な重圧が課せられる。処罰される不安にさいなまれ、社会的、経済的に追いつめられた状態で裁判を続ける必要がある。起訴する側には国家という強大な組織力があることを考えると、被告人の方が圧倒的に不利な状況に置かれる可能性が高い。このため、検察側に対しては完全な証拠を揃えて裁判に臨むことを求めるとともに、起訴する機会は1回のみに制限するという考え方である。

 諸外国では、無罪が確定した事件について、検察が起訴できない制度となっているところがほとんどである。日本は、最高裁までの一連の訴訟手続きをひとつの裁判とみなし、その中において、検察が上訴することを認めているが、この制度については郷原氏が指摘するように憲法違反との学説は根強く残っている。

 検察の上訴権に関する学説上の議論はともかく、本来、憲法が示している理念や、藤井氏が選挙で選ばれた公人であることなどを考えると、控訴の判断は極めて慎重に行うべきというのが自然な考え方だろう。無罪が確定した公人に対して何度も訴訟ができてしまうと、民意で選ばれた公人による職務遂行を実質的に妨害することができてしまうからである。

 今回の無罪判決と検察による控訴は、判決が正しいのか、不服なのかといった問題ではなく、民主主義そのものを問いかける出来事と考えた方がよいだろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

kiha183
JR北海道の連続列車火災事故。根本原因はかなり深刻との声も

 JR北海道の特急列車で連続して火災が発生した問題をうけて、JR北海道は事故車両 …

subic00
米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。  フィリピン政府 …

okawasho
三陸沖地震のニュース速報。絶叫するNHKのアナウンサーに、疑問の声が噴出

 7日17時18分ごろ、東北地方でマグニチュード7.3の比較的強い地震が発生した …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

mof03
財務省は異例の3人連続の同期次官。次は82年入省組から次官就任か?

 財務省は2015年7月7日、幹部人事を発表した。事務次官は事前に報道された通り …