ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取り沙汰されている。もし実現すると、これまで先進各国が独占してきた原子力産業に中国が大きな足がかりを得ることになる。

arevagenpatsu

 アレバ社は、フランス政府がほとんどの株式を所有する国営原子力企業である。原子力プラント部門を中心に、再処理事業や発送電部門など、原子力に関するあらゆる分野をカバーする総合企業である。福島第一原発の事故の際には、セシウムの除染装置を日本に売り込みに来たことでも知られている(同装置は結局うまく稼働せず廃棄となった)。

 だが、全世界的に原子力需要が低迷する中、受注の獲得に苦労しており、同社は業績不振が続いている。福島第一原発の事故によって原発建設が低迷したことや、ウラン価格の下落などもこれに拍車をかける形となった。決定的となったのが、フィンランドで建設中のオルキルオト原発である。
 オルキルオト原発3号機は、アレバ社が開発した最新鋭の原子炉EPRを採用しているが、設計の不具合や施工事業者とのトラブルなどが発生し、納期が大幅に遅れている。このため、2014年通期の決算は、約48億ユーロ(約6240億円)という巨額の赤字を計上する結果となった。これで同社の赤字は4期連続になる。

 アレバ社は国営企業なので、本来であれば政府がこれを全面支援するのスジということになる。だがフランスはドイツと異なり、財政難が続いており、政府側に救済の余力がない。このため、2014年に実施されたプジョー・シトロエン・グループの救済と同様、政府と中国企業が共同で株式を引き受け、必要な資本を調達するというプランが急浮上していると、仏メディアは報じている。

 中国はこのほか、英国の原発プロジェクトに過半数の出資を行うなど、欧州各国の原子力産業の買収に乗り出している。世界でも最大級の原子力企業であるアレバへの出資が実現すると、原子力産業における中国の存在感は極めて大きなものとなるだろう。

 一方、別な見方もできる。これまで原子力産業は核開発と密接に結びついており、安全保障上重要な産業であった。だが今では核技術は完全にコモディティ化し、北朝鮮のような国でも核兵器を開発できるまでに一般化してしまった。そうなってくると、原子力産業の付加価値は大きく低下することになり、新興国である中国に売却してしまった方が得策という考え方も成立する。
 アレバ社の救済がどのような形でまとまるのかによって、今後の原子力産業の方向性は大きく変わることになるだろう。

 - 政治, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

sumsung
大統領選挙でも争点に!韓国の財閥支配の温床「循環出資」とは?

 韓国は財閥が支配している国として有名である。韓国における財閥の影響力は極めて大 …

bukkajoushou
11月の消費者物価指数はいよいよ1%台に突入。インフレ転換はほぼ確実

 総務省は2013年12月27日、11月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標 …

girishashusho
革命家チェ・ゲバラを崇拝するギリシャの青年首相は欧州に何をもたらすか

 ギリシャの議会選挙で圧倒的な勝利を収めた急進左派連合のチプラス党首は2015年 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

weibo2014
中国政府が、ネットでの言論の自由が保障されているとする白書を公表

 中国国務院(中国政府)の新聞弁公室(報道監督を担当する部署)は2014年5月、 …

no image
オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。  沖縄県議 …

guncontrol
オバマ大統領が銃規制強化策を提案。だが演出のやり過ぎで一部から批判も

 オバマ大統領は16日、攻撃用銃器の販売禁止や銃購入時の身元調査を義務付ける包括 …

hongkongryosinei
香港行政長官選挙の改革案。想定通り、民主派は排除

 香港特区政府は2015年4月22日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関す …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

abe001
エコノミスト誌が安倍首相は多重人格と指摘。それは日本人全体のことを指している

 英国の経済誌エコノミストが、安倍首相が多重人格であるという記事を掲載し、ちょっ …