ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国内の病院で死去した。91歳だった。卓越した能力を持った独裁的指導者は、独立50周年の節目に亡くなった。

 leekanyunamida リー氏は2月5日に肺炎で入院し、治療を続けていた。国内では危篤状態との報道がすでに出ていたことや、長男のリー・シェンロン首相による後継体制が万全であることから、リー氏の死去はかなり冷静に受け止められている。

 同氏は、1965年のシンガポール独立以後、25年にわたって首相を務め、強力な指導力で同国を世界有数の豊かな国に成長させた。だが同国が独立した当初は、現在とはまったく立場が正反対であったことはあまり知られていない。

 終戦による旧日本軍の撤退後、シンガポールは現在のマレーシアの一部として独立を果たした。しかしマレーシア国内において、マレー系と中華系の対立が激しくなり、結局、シンガポールはマレーシアから追放されてしまった。
 シンガポールは都市国家で天然資源が一切ない。現在でも水道はすべてマレーシア側から供給されている。そのような脆弱な都市国家が、果たして主権国家として存続できるのか、当時はまったく未知数であったといわれる。今では想像もつかないが、リー氏はシンガポールの将来に絶望しており、涙ながらに独立宣言を行っている(演技という説もある)。

 同国は、形式的には民主国家となっているが、事実上の一党独裁で、建前上の野党しかいない。政府への批判は弾圧の対象となっており、言論の自由はない。体制を支持していれば、国民に対するサービスは手厚いが、無機質なコントロールと紙一重だ。
 例えば、結婚できない30代以上の男性が多いという統計が出ると、政府はすぐに民間の婚活会社に補助金を出し支援を行う。中高年の独身男性は次々と婚活会社から提案を受け、結婚できるようにサポートしてもらえるという仕組みだ。移民政策についても独特のポリシーがあり、移民は一時的に重労働を担う存在でしかないと明確に定義している。女性の場合、妊娠が発覚とするすぐに国外退去となる。

 現在の首相はリー氏の長男であるリー・シェンロン氏だが、民主国家であるにもかかわらず、事実上の世襲が行われている。こうした独裁的な体制については批判も多いが、事実上、ゼロからのスタートだったことを考えると、経済の発展のためにはやむを得なかったという側面もある。

 最近、子供の教育環境や男女平等な職場環境、低い税率などを求めて、日本人の富裕層やエリート層がシンガポール移住するケースが目立っている。彼等の多くは、日本の保守的、閉鎖的な環境に嫌気が差して渡航しているのだが、リベラルな環境を求めて、独裁国家に多くの日本人が移住するという状況は、何とも皮肉である。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

mh370inmarusat
マレーシア当局が公開した370便の位置特定に使われた衛星データの中身

 マレーシア航空当局は2014年5月27日、墜落したマレーシア航空MH370便の …

kankan
観艦式で野田首相が領土問題を念頭に訓示。だが主役の海保は忙しくて参加できず

 海上自衛隊観艦式が14日、神奈川県の相模湾沖で開催された。野田佳彦首相は、尖閣 …

monju
高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速 …

chipurasueu
ギリシャが一転、EUが提示した緊縮策を丸飲み。ドイツがそれでも支援に否定的な理由

 債務危機となっているギリシャ支援を話し合うユーロ圏財務相会合が2015年7月1 …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

sugaku
OECDの学力調査。ゆとり教育見直しの結果、順位は上昇したが・・・・

  OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界65カ国(地域)を対象とした2 …

factory01
米欧中で製造業の景況感改善がより鮮明に。米国依存の日本にとっては朗報

 米国政府の一時閉鎖問題によって世界経済が揺れているが、足元の景況感を示す指標は …