ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国内の病院で死去した。91歳だった。卓越した能力を持った独裁的指導者は、独立50周年の節目に亡くなった。

 leekanyunamida リー氏は2月5日に肺炎で入院し、治療を続けていた。国内では危篤状態との報道がすでに出ていたことや、長男のリー・シェンロン首相による後継体制が万全であることから、リー氏の死去はかなり冷静に受け止められている。

 同氏は、1965年のシンガポール独立以後、25年にわたって首相を務め、強力な指導力で同国を世界有数の豊かな国に成長させた。だが同国が独立した当初は、現在とはまったく立場が正反対であったことはあまり知られていない。

 終戦による旧日本軍の撤退後、シンガポールは現在のマレーシアの一部として独立を果たした。しかしマレーシア国内において、マレー系と中華系の対立が激しくなり、結局、シンガポールはマレーシアから追放されてしまった。
 シンガポールは都市国家で天然資源が一切ない。現在でも水道はすべてマレーシア側から供給されている。そのような脆弱な都市国家が、果たして主権国家として存続できるのか、当時はまったく未知数であったといわれる。今では想像もつかないが、リー氏はシンガポールの将来に絶望しており、涙ながらに独立宣言を行っている(演技という説もある)。

 同国は、形式的には民主国家となっているが、事実上の一党独裁で、建前上の野党しかいない。政府への批判は弾圧の対象となっており、言論の自由はない。体制を支持していれば、国民に対するサービスは手厚いが、無機質なコントロールと紙一重だ。
 例えば、結婚できない30代以上の男性が多いという統計が出ると、政府はすぐに民間の婚活会社に補助金を出し支援を行う。中高年の独身男性は次々と婚活会社から提案を受け、結婚できるようにサポートしてもらえるという仕組みだ。移民政策についても独特のポリシーがあり、移民は一時的に重労働を担う存在でしかないと明確に定義している。女性の場合、妊娠が発覚とするすぐに国外退去となる。

 現在の首相はリー氏の長男であるリー・シェンロン氏だが、民主国家であるにもかかわらず、事実上の世襲が行われている。こうした独裁的な体制については批判も多いが、事実上、ゼロからのスタートだったことを考えると、経済の発展のためにはやむを得なかったという側面もある。

 最近、子供の教育環境や男女平等な職場環境、低い税率などを求めて、日本人の富裕層やエリート層がシンガポール移住するケースが目立っている。彼等の多くは、日本の保守的、閉鎖的な環境に嫌気が差して渡航しているのだが、リベラルな環境を求めて、独裁国家に多くの日本人が移住するという状況は、何とも皮肉である。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

no image
沖縄で酔った米兵が中学生を殴る事件が発生。形だけの抗議は、もはや恒例行事

 沖縄県読谷村で、酒に酔った米兵が民家に侵入し、中学生の顔を殴り、民家から転落し …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

datacenter
NSA盗聴問題であらためてクローズアップされるクラウドのメリット/デメリット

 米国の諜報機関によるインターネット盗聴問題は、クラウドコンピューティングの持つ …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

kankokuhoudoukan
セクハラ疑惑の報道官。韓国で釈明会見を開くも証言矛盾との指摘

 韓国の朴槿恵大統領の訪米に同行中、セクハラ疑惑を起こして解任された尹昶重(ユン …

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …