ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や社会のことにもっと目を向けるべき」という回答が減少し、逆に「個人生活の充実をもっと重視すべきだ」という意見は大幅に増加している。

 businessman02 社会意識に関する世論調査は、国を愛する気持ちや社会との関わり、民意の反映度合いなどについて調べたもので、毎年実施されている。
 この中で「国や社会のことにもっと目を向けるべき」と回答したのは47.8%で昨年の49.5%から1.7ポイント減少した。この数値は2009年には56.6%もあったので、ここ数年で大きく減少していることが分かる。逆に「個人生活の充実をもっと重視すべきだ」という意見の割合は急上昇しており41%になった。2009年の33.5%と比較すると7.5ポイントの増加で、バブル経済当時の37%を大幅に上回っている。

 国や社会のことを考える人の割合が減り、個人を重視する人が増加したわけだが、もう少し長期で見ると様子が異なる。確かに個人を重視すべきという回答は過去最高だが、一貫して30%台を維持しており、大きな変化はないと見ることもできる。

 一方、国や社会が大事という価値観はバブル崩壊後に急上昇しており、そこから高い状態が続いていた。つまり経済的に苦しくなってきたので、国や社会に対する関心が高まったと解釈することができる。国や社会への関心は2009年の56.6%をピークに減少しており、安倍政権になってからその傾向がさらに顕著になっている。 
 これは、アベノミクスの効果が出て、経済の見通しが明るくなったことで、社会に対する関心度合いが下がったのかもしれない。逆に、国や社会に対する希望が失われたとも解釈することも可能だ。

 ちなみに、同じ調査で民意の反映度合いについて尋ねた項目では、安倍政権の発足以後、民意が反映されていると回答した人の割合が急増している。この調査項目はかねてから日経平均との相関が高いといわれているが、もしそうだとすると、このところの株高が国民の満足度を向上させていることになる。やはり個人主義になってきているのは、景気の見通しが明るくなってきたことが主な要因である可能性が高い。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

nichigin
日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・ …

no image
QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第 …

no image
Amazon課税包囲網が完成。だが日本の出版業界は暗い顔。その真意とは?

 米国カリフォルニア州において、インターネット小売業者(Amazonがターゲット …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

Observationisland
北朝鮮のミサイル発射予告。情報収集はどんな体制で行われているのか?

 北朝鮮がミサイル発射を予告していることを受けて、米軍や自衛隊では準備が進んでい …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

jfk
ケネディ元大統領の暗殺から50年。米国は人種問題を本当に克服したか?

 ケネディ元大統領が暗殺されてから11月22日で50年となる。米国ではオバマ大統 …

no image
5月に行ったばかりなのに、クリントン国務長官が再び訪中。

 米国のクリントン国務長官が中国を訪問している。同長官は今年5月にも訪中しており …