ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自国のため戦うという日本人の割合は世界最低。だが、見方を変えてみると・・・・

 

 WIN―ギャラップ・インターナショナルは2015年3月18日、「自国のために戦う意思」がある人の割合に関する国際比較調査の結果を発表した。日本は11%と調査対象となった64カ国・地域の中でもっとも低い結果となった。

 jieitai 全体的には経済水準が低く、政情が不安定な途上国ほど、戦う意思のある人は増える傾向にあり、パキスタンは89%、中国は71%、ロシアは59%となっている。民主的な先進国は総じて低く、ドイツは18%、英国は27%、フランスは29%、米国だけが例外で44%となっている。だがその中でも日本の低さは突出して目立つ。

 だが、この調査は別な見方もできる。日本は「分からない」と回答した人の割合は47%に達しており、こちらも64カ国中トップである。他国は「分からない」と回答した人の割合は10%台がほとんどで、高くても30%である。日本の47%という数字は突出している。意見をはっきり表明しない傾向が顕著に表れている。
 ここで分からないと回答した日本人の多くは、皆が参加するという雰囲気になれば一気に参加する可能性が高く、その意味で、日本はもっとも志願兵の確保が容易な国になるかもしれない。

 もうひとつ、日本に特徴的な結果は、年齢の分布と職業の分布に大きな偏りがあるという点である。 ドイツや米国など他の先進国は年齢によって大きな違いは見られない。だが日本の場合、24歳以下で「自国のために戦う意思」ある人はわずか6%しかなく、45~54歳でも8%である。しかし55~64歳になると、いきなり14%に跳ね上がる。65歳以上も同様で14%となっている。
 今月、内閣府から発表された世論調査の結果でも「愛国心が強い」と答えた人の割合は60代から急増しており、同様の傾向が見受けられる。
 55歳の人は1960年生まれなので当然のことながら戦争の経験はない。65歳でも1950年生まれなので、終戦からすでに5年が経過している。身近な人で従軍経験者がいるが、自身は戦争を体験していないという点が大きく影響しているのかもしれない。

 他国の場合、職業別では「戦う意思がある」人の割合は、仕事を持っている人の方が高くなる傾向にある。だが日本の場合、無職の人の割合が高いという特徴が見られる。日本のデータにはリタイヤメントの数値がないので、無職に分類されている人は、退職した高齢者の可能性もある。そうなると、この結果はやはり年齢の偏りと大きく関係していることになる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

ozawaitoro
小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小 …

pakuobama
朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始

 訪米中の韓国の朴槿恵大統領は5月7日、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初の首脳 …

merukeru04
ドイツでとうとう最低賃金導入へ。ドイツ経済はどう変わるのか?

 ドイツで全国一律の最低賃金制度が導入される可能性が高まってきた。メルケル首相が …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …