ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自国のため戦うという日本人の割合は世界最低。だが、見方を変えてみると・・・・

 

 WIN―ギャラップ・インターナショナルは2015年3月18日、「自国のために戦う意思」がある人の割合に関する国際比較調査の結果を発表した。日本は11%と調査対象となった64カ国・地域の中でもっとも低い結果となった。

 jieitai 全体的には経済水準が低く、政情が不安定な途上国ほど、戦う意思のある人は増える傾向にあり、パキスタンは89%、中国は71%、ロシアは59%となっている。民主的な先進国は総じて低く、ドイツは18%、英国は27%、フランスは29%、米国だけが例外で44%となっている。だがその中でも日本の低さは突出して目立つ。

 だが、この調査は別な見方もできる。日本は「分からない」と回答した人の割合は47%に達しており、こちらも64カ国中トップである。他国は「分からない」と回答した人の割合は10%台がほとんどで、高くても30%である。日本の47%という数字は突出している。意見をはっきり表明しない傾向が顕著に表れている。
 ここで分からないと回答した日本人の多くは、皆が参加するという雰囲気になれば一気に参加する可能性が高く、その意味で、日本はもっとも志願兵の確保が容易な国になるかもしれない。

 もうひとつ、日本に特徴的な結果は、年齢の分布と職業の分布に大きな偏りがあるという点である。 ドイツや米国など他の先進国は年齢によって大きな違いは見られない。だが日本の場合、24歳以下で「自国のために戦う意思」ある人はわずか6%しかなく、45~54歳でも8%である。しかし55~64歳になると、いきなり14%に跳ね上がる。65歳以上も同様で14%となっている。
 今月、内閣府から発表された世論調査の結果でも「愛国心が強い」と答えた人の割合は60代から急増しており、同様の傾向が見受けられる。
 55歳の人は1960年生まれなので当然のことながら戦争の経験はない。65歳でも1950年生まれなので、終戦からすでに5年が経過している。身近な人で従軍経験者がいるが、自身は戦争を体験していないという点が大きく影響しているのかもしれない。

 他国の場合、職業別では「戦う意思がある」人の割合は、仕事を持っている人の方が高くなる傾向にある。だが日本の場合、無職の人の割合が高いという特徴が見られる。日本のデータにはリタイヤメントの数値がないので、無職に分類されている人は、退職した高齢者の可能性もある。そうなると、この結果はやはり年齢の偏りと大きく関係していることになる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

senkaku
民主、自民、維新3党の領土問題へのスタンスを比較してみると?

 維新の会への太陽党の合流が決まり、いわゆる第三極勢力はある程度まとまった勢力と …

puting20
原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国 …

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

googlemusume
Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった

  北朝鮮を電撃訪問したインターネット検索最大手グーグルのシュミット会長の娘であ …

obama20121229
オバマ次期政権で米国はまったく新しいリベラル国家に。日米安保は終わりの始まりか?

 2期目を迎える次期オバマ政権の基盤がより強固になる可能性が高くなってきた。クリ …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …