ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自国のため戦うという日本人の割合は世界最低。だが、見方を変えてみると・・・・

 

 WIN―ギャラップ・インターナショナルは2015年3月18日、「自国のために戦う意思」がある人の割合に関する国際比較調査の結果を発表した。日本は11%と調査対象となった64カ国・地域の中でもっとも低い結果となった。

 jieitai 全体的には経済水準が低く、政情が不安定な途上国ほど、戦う意思のある人は増える傾向にあり、パキスタンは89%、中国は71%、ロシアは59%となっている。民主的な先進国は総じて低く、ドイツは18%、英国は27%、フランスは29%、米国だけが例外で44%となっている。だがその中でも日本の低さは突出して目立つ。

 だが、この調査は別な見方もできる。日本は「分からない」と回答した人の割合は47%に達しており、こちらも64カ国中トップである。他国は「分からない」と回答した人の割合は10%台がほとんどで、高くても30%である。日本の47%という数字は突出している。意見をはっきり表明しない傾向が顕著に表れている。
 ここで分からないと回答した日本人の多くは、皆が参加するという雰囲気になれば一気に参加する可能性が高く、その意味で、日本はもっとも志願兵の確保が容易な国になるかもしれない。

 もうひとつ、日本に特徴的な結果は、年齢の分布と職業の分布に大きな偏りがあるという点である。 ドイツや米国など他の先進国は年齢によって大きな違いは見られない。だが日本の場合、24歳以下で「自国のために戦う意思」ある人はわずか6%しかなく、45~54歳でも8%である。しかし55~64歳になると、いきなり14%に跳ね上がる。65歳以上も同様で14%となっている。
 今月、内閣府から発表された世論調査の結果でも「愛国心が強い」と答えた人の割合は60代から急増しており、同様の傾向が見受けられる。
 55歳の人は1960年生まれなので当然のことながら戦争の経験はない。65歳でも1950年生まれなので、終戦からすでに5年が経過している。身近な人で従軍経験者がいるが、自身は戦争を体験していないという点が大きく影響しているのかもしれない。

 他国の場合、職業別では「戦う意思がある」人の割合は、仕事を持っている人の方が高くなる傾向にある。だが日本の場合、無職の人の割合が高いという特徴が見られる。日本のデータにはリタイヤメントの数値がないので、無職に分類されている人は、退職した高齢者の可能性もある。そうなると、この結果はやはり年齢の偏りと大きく関係していることになる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

joumuiin02
完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グ …

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …

senkaku
米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防 …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

putin201603
プーチン大統領が突如シリアからの撤退を指示。経済的苦境が原因か?

 ロシアのプーチン大統領は2016年3月14日、シリアに展開するロシア軍の部隊の …

no image
米大統領選挙、イスラエル支持をめぐって民主党大会が紛糾。米国社会に変化の兆候

  ノースカロライナ州シャーロットで開催中民主党全国党大会で、イスラエル問題でひ …

algeriagas
アルジェリアで武装勢力が日本人を含む民間人を拘束。首謀者の真の狙いは身代金?

 北アフリカのアルジェリアにある英BP社が運営する天然ガス関連施設で16日、イス …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …