ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自国のため戦うという日本人の割合は世界最低。だが、見方を変えてみると・・・・

 

 WIN―ギャラップ・インターナショナルは2015年3月18日、「自国のために戦う意思」がある人の割合に関する国際比較調査の結果を発表した。日本は11%と調査対象となった64カ国・地域の中でもっとも低い結果となった。

 jieitai 全体的には経済水準が低く、政情が不安定な途上国ほど、戦う意思のある人は増える傾向にあり、パキスタンは89%、中国は71%、ロシアは59%となっている。民主的な先進国は総じて低く、ドイツは18%、英国は27%、フランスは29%、米国だけが例外で44%となっている。だがその中でも日本の低さは突出して目立つ。

 だが、この調査は別な見方もできる。日本は「分からない」と回答した人の割合は47%に達しており、こちらも64カ国中トップである。他国は「分からない」と回答した人の割合は10%台がほとんどで、高くても30%である。日本の47%という数字は突出している。意見をはっきり表明しない傾向が顕著に表れている。
 ここで分からないと回答した日本人の多くは、皆が参加するという雰囲気になれば一気に参加する可能性が高く、その意味で、日本はもっとも志願兵の確保が容易な国になるかもしれない。

 もうひとつ、日本に特徴的な結果は、年齢の分布と職業の分布に大きな偏りがあるという点である。 ドイツや米国など他の先進国は年齢によって大きな違いは見られない。だが日本の場合、24歳以下で「自国のために戦う意思」ある人はわずか6%しかなく、45~54歳でも8%である。しかし55~64歳になると、いきなり14%に跳ね上がる。65歳以上も同様で14%となっている。
 今月、内閣府から発表された世論調査の結果でも「愛国心が強い」と答えた人の割合は60代から急増しており、同様の傾向が見受けられる。
 55歳の人は1960年生まれなので当然のことながら戦争の経験はない。65歳でも1950年生まれなので、終戦からすでに5年が経過している。身近な人で従軍経験者がいるが、自身は戦争を体験していないという点が大きく影響しているのかもしれない。

 他国の場合、職業別では「戦う意思がある」人の割合は、仕事を持っている人の方が高くなる傾向にある。だが日本の場合、無職の人の割合が高いという特徴が見られる。日本のデータにはリタイヤメントの数値がないので、無職に分類されている人は、退職した高齢者の可能性もある。そうなると、この結果はやはり年齢の偏りと大きく関係していることになる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

boueishou
防衛相も知らない自衛隊の極秘海外活動があったという報道をどう考えるか?

 陸上自衛隊の秘密情報部隊が、首相や防衛相にも知らせず海外で極秘活動を行っていた …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

mosado02
オーストラリア人工作員の不審死で明るみに出たモサド対外工作活動の実態

 イスラエルの諜報機関モサドの工作員だったオーストラリア人男性が、イスラエルの刑 …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

no image
オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。  沖縄県議 …

kobin
英労働党の新党首は何と強硬左派。米大統領選挙にも飛び火か?

 英国の野党・労働党は2015年9月12日、臨時党大会を開催し、ベテラン下院議員 …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

amiteji
歴史認識問題について日本に自制を求めるアーミテージ氏の発言をどう解釈すべきか?

 米国のアーミテージ元国務副長官が東京都内で自民党幹部と会談し、歴史認識問題に関 …