ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一転、850億円の赤字になるとの見通しを発表した。原油安にともなう資源価格の下落で、北米のシェールガス事業やブラジルの鉄鉱石事業で追加の減損を迫られた。

beikokuoil 同社は昨年9月、米国のシェールガス開発事業で1700億円、オーストラリアの石炭事業で700億円の損失を計上し、2015年3月期の純利益が100億円になるとの見通しを発表していた。しかし、同じシェールガス事業において300億円、ブラジルの鉄鉱石事業の見直しで650億円の減損が発生したことで、950億円の追加損失となった。このため、100億円の黒字予想から一転して850円の赤字予想となった。

 これらの追加損失は以前から予想されていたことであり、市場はあまり反応していない。丸紅も同様で、メキシコ湾や米国での原油・ガス開発事業で950億円の損失を計上する見込みである。穀物事業の損失などを加えると、合計の損失額は1600億円に達するが、大きな動揺は見られない。

 ここ10年、大手商社各社は資源ビジネスの比率を高めており、各社とも資源商社と揶揄される状況となっていた。資源ビジネスは市況に左右されるので、今回のような大幅な原油価格の下落が発生すると、損失が急に表面化するリスクがある。
 資源ビジネスも結局のところ、権益をいくらで買ったのかという「買い値」に左右される。その意味では、資源以外のビジネスと大きく異なるものではない。ただ、原油価格の下落は長期化するとの見方が有力なので、各社は今後、徐々に資源以外の分野を拡大させていく可能性が高いだろう。

 非資源分野の場合、大型の案件が少なく、効率が悪いという欠点がある。もともと資源分野が弱かった伊藤忠商事は、今年1月、タイの財閥チャロン・ポカパン(CP)グループと共同で、中国の国有複合企業、中国中信集団(CITICグループ)の傘下企業に1兆2000億円出資すると発表した。伊藤忠の出資分は6000億円で、日本企業による中国投資としては最大規模である。

 CITICグループは、中国最大の国有企業であり、本格的に外部から出資を仰ぐのは今回が初めて。この案件は習近平国家主席が直接判断を下したといわれており、中国側もかなり力を入れている。伊藤忠としては、この超大型出資をテコに一気に中国ビジネスを展開したい意向だが、金額があまりにも大きいことや、中国企業の透明性が低いことなどから、市場での評価は今ひとつだ。

 資源分野と非資源分野のバランスをどう取っていくのか、しばらくの間、商社各社にとっては悩ましい日々が続くことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
フィリップスのAV機器事業部を買収した船井電機ってどんな会社?

 船井電機は29日、オランダの電機大手フィリップスから、AV機器事業を買収すると …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

inakagurashi
田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都 …

tenanmon
中国が2012年GDP値を発表。中国の爆発的成長は終了し、今後は普通の経済成長へ

 中国国家統計局は18日、2012年のGDP(国内総生産)を発表した。実質GDP …

maresia
米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先 …

wsj120 02
ウォールストリート・ジャーナルが創刊125年。当時の紙面は今とあまり変わらず

 米国を代表する経済誌であるウォールストリート・ジャーナルが2014年7月8日で …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …