ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2015年中に合併することについて合意したと発表した。HJハインツは、ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、投資ファンドの3Gキャピタルと共同で丸ごと買収していた。実質的にはバフェット氏によるクラフトの買収に近い形となる。

kurafutohaintsu

 クラフト・フーズ・グループは旧クラフト・フーズ社から分社独立した会社で、チーズや冷凍食品などを手がける。一方、ハインツはケチャップで有名な総合食品メーカーである。クラフトは主に米国内に展開しており、ハインツは海外の売上比率が高い。このため両者が合併すれば相乗効果が見込める。

 米国は今後、長期にわたって消費の拡大が見込めるため、こうした食品メーカーは安定成長が期待できる。バフェット氏が230億ドル(約2兆7600億円)もかけてハインツを買収した狙いはそこにあると考えられる。
 ただ、ハインツは買収によって非上場化されており、バフェット氏から見ると流動性に欠ける。クラフトと合併することで、手っ取り早く流動性を確保するとともに、世界シェアを大きく高められるというメリットがある。合併後の会社は売上高280億ドルとなり、ペプシコやネスレといった巨大メーカーの背中が見えてくることになる。

 合併は新会社を設立する形で行われる。ハインツの株主(バフェット氏など)には新会社の株式の51%が、クラフトの株主には49%の株式が割り当てられる。新会社が上場する形になるので、クラフト側の株主は引き続き上場企業の株主であり続けることが可能だ。クラフト側の株主に配慮し、バークシャー・ハザウェイと3Gキャピタルは、クラフトの株主に対して、合計100億ドルの特別配当の原資を提供する。

 クラフトの株主にしてみれば、合併でわずかにシェアを失ってしまうものの、特別配当を獲得し、より大きな企業となって上場が維持されることを考えると、メリットは大きいはずだ。株主利益を考慮した、バフェット氏らしい買収案件といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …