ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2015年中に合併することについて合意したと発表した。HJハインツは、ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、投資ファンドの3Gキャピタルと共同で丸ごと買収していた。実質的にはバフェット氏によるクラフトの買収に近い形となる。

kurafutohaintsu

 クラフト・フーズ・グループは旧クラフト・フーズ社から分社独立した会社で、チーズや冷凍食品などを手がける。一方、ハインツはケチャップで有名な総合食品メーカーである。クラフトは主に米国内に展開しており、ハインツは海外の売上比率が高い。このため両者が合併すれば相乗効果が見込める。

 米国は今後、長期にわたって消費の拡大が見込めるため、こうした食品メーカーは安定成長が期待できる。バフェット氏が230億ドル(約2兆7600億円)もかけてハインツを買収した狙いはそこにあると考えられる。
 ただ、ハインツは買収によって非上場化されており、バフェット氏から見ると流動性に欠ける。クラフトと合併することで、手っ取り早く流動性を確保するとともに、世界シェアを大きく高められるというメリットがある。合併後の会社は売上高280億ドルとなり、ペプシコやネスレといった巨大メーカーの背中が見えてくることになる。

 合併は新会社を設立する形で行われる。ハインツの株主(バフェット氏など)には新会社の株式の51%が、クラフトの株主には49%の株式が割り当てられる。新会社が上場する形になるので、クラフト側の株主は引き続き上場企業の株主であり続けることが可能だ。クラフト側の株主に配慮し、バークシャー・ハザウェイと3Gキャピタルは、クラフトの株主に対して、合計100億ドルの特別配当の原資を提供する。

 クラフトの株主にしてみれば、合併でわずかにシェアを失ってしまうものの、特別配当を獲得し、より大きな企業となって上場が維持されることを考えると、メリットは大きいはずだ。株主利益を考慮した、バフェット氏らしい買収案件といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …