ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2015年中に合併することについて合意したと発表した。HJハインツは、ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、投資ファンドの3Gキャピタルと共同で丸ごと買収していた。実質的にはバフェット氏によるクラフトの買収に近い形となる。

kurafutohaintsu

 クラフト・フーズ・グループは旧クラフト・フーズ社から分社独立した会社で、チーズや冷凍食品などを手がける。一方、ハインツはケチャップで有名な総合食品メーカーである。クラフトは主に米国内に展開しており、ハインツは海外の売上比率が高い。このため両者が合併すれば相乗効果が見込める。

 米国は今後、長期にわたって消費の拡大が見込めるため、こうした食品メーカーは安定成長が期待できる。バフェット氏が230億ドル(約2兆7600億円)もかけてハインツを買収した狙いはそこにあると考えられる。
 ただ、ハインツは買収によって非上場化されており、バフェット氏から見ると流動性に欠ける。クラフトと合併することで、手っ取り早く流動性を確保するとともに、世界シェアを大きく高められるというメリットがある。合併後の会社は売上高280億ドルとなり、ペプシコやネスレといった巨大メーカーの背中が見えてくることになる。

 合併は新会社を設立する形で行われる。ハインツの株主(バフェット氏など)には新会社の株式の51%が、クラフトの株主には49%の株式が割り当てられる。新会社が上場する形になるので、クラフト側の株主は引き続き上場企業の株主であり続けることが可能だ。クラフト側の株主に配慮し、バークシャー・ハザウェイと3Gキャピタルは、クラフトの株主に対して、合計100億ドルの特別配当の原資を提供する。

 クラフトの株主にしてみれば、合併でわずかにシェアを失ってしまうものの、特別配当を獲得し、より大きな企業となって上場が維持されることを考えると、メリットは大きいはずだ。株主利益を考慮した、バフェット氏らしい買収案件といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

sharp
サムスンがシャープに100億出資。シャープもゾンビ企業への第一歩を踏み出したか?

 経営再建中のシャープは6日、韓国サムスン電子(サムスン電子の日本法人)との資本 …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

kanshasaisale
世界各国で年末商戦が本格スタート。より顕著となったネットへのシフト

 世界各国で年末商戦が本格的なスタートを切った。とりわけ米国の感謝祭セールの動向 …