ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。その理由は伝記が出版されたからではない。ジョブズ氏に関する伝記はすでに出版されており、世界的なベストセラーになっているのだが、新しい伝記では、ジョブズ氏の人物像が正反対に描かれているからである。

jobuzu

 新しい伝記を執筆したのは、2人のジャーナリスト。生前のジョブズに対する取材と、現在、同社のCEOを務めるティム・クック氏らへのインタビューなどをもとに執筆を行っている。これに対して、以前の伝記は、ジョブズ氏本人が作家に執筆を依頼したものであり、一般にはこちらが正式な伝記として認識されている。
 だが、クック氏らは、新しい伝記を絶賛し、以前の伝記は「ジョブズ氏の真実を描いていない」と辛辣に批判している。この背景には、クック氏らが、ジョブズ氏を神格化し、今後のビジネスに活用しようという意図があるといわれている。

 クック氏らが懸念しているのは、ジョブズ氏のエキセントリックな性格である。ジョブズ氏はもともと反体制的なヒッピーであり、若い頃は風呂に入らないことで有名だった。頑強なベジタリアンでドラッグの経験もある。弱冠16歳で、電話をタダでかけられる違法マシンを開発し数千ドルを稼いだ天才少年は、アップル創業前後も、違法スレスレの行為を平気で行ってきた。

 同社が大きくなってからも行動はあまり変わっていない。自分が気に入らない部下には容赦なく罵声を浴びせ、執拗に退職を迫るのは日常茶飯事であった。エレベータに乗り合わせた社員をその場でクビにした、いつもと違うミネラルウォータを持ってきた秘書に激怒してクビにした、など真偽不明のものも含めて様々な逸話がある。現在の基準で考えれば、100%ブラック経営者ということなるだろう。

 ジョブズ氏の性格は、IT業界ではよく知られており、こうした負の面も含めてジョブズ氏を評価する人が多かった。以前の伝記も、ここまではひどくないものの、ジョブズ氏のエキセントリックな面がストレートに描かれている。自身の行動とは裏腹に、世間から寛容な人と思われたいという願望が強かったといわれるジョブズ氏は、あえてこうした負の面が記述されることを許容した可能性が高い。

 だが、今やアップルは世界最大の企業となり、ジョブズ氏は、理想の経営者として語られるようになってきた。このような状況において、以前の伝記に描かれたジョブズ氏の人柄は、今の経営陣にとって望ましくない存在なのかもしれない。新しい伝記は、ジョブズ氏を心温かい人物として描いている。

 批判され続けた挑戦者が、成功すると立派な人物と評価されることはよくあることだが、それにしても、IT業界でも札付きの暴れん坊だったジョブズ氏が人格者に脱皮するというのは少々驚きである。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

ieren201409
FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場 …

bananki
バーナンキ前FRB議長が銀行から住宅ローンの借り換えを拒絶されたことの解釈は?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、住宅ローンの借り換えについ …

glp
J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス。背景にあるのはインフレ期待?

 不動産投資信託(J-REIT)が好調だ。年初850円前後だった東証REIT指数 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

bukkajoushou
11月の消費者物価指数はいよいよ1%台に突入。インフレ転換はほぼ確実

 総務省は2013年12月27日、11月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標 …