ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。その理由は伝記が出版されたからではない。ジョブズ氏に関する伝記はすでに出版されており、世界的なベストセラーになっているのだが、新しい伝記では、ジョブズ氏の人物像が正反対に描かれているからである。

jobuzu

 新しい伝記を執筆したのは、2人のジャーナリスト。生前のジョブズに対する取材と、現在、同社のCEOを務めるティム・クック氏らへのインタビューなどをもとに執筆を行っている。これに対して、以前の伝記は、ジョブズ氏本人が作家に執筆を依頼したものであり、一般にはこちらが正式な伝記として認識されている。
 だが、クック氏らは、新しい伝記を絶賛し、以前の伝記は「ジョブズ氏の真実を描いていない」と辛辣に批判している。この背景には、クック氏らが、ジョブズ氏を神格化し、今後のビジネスに活用しようという意図があるといわれている。

 クック氏らが懸念しているのは、ジョブズ氏のエキセントリックな性格である。ジョブズ氏はもともと反体制的なヒッピーであり、若い頃は風呂に入らないことで有名だった。頑強なベジタリアンでドラッグの経験もある。弱冠16歳で、電話をタダでかけられる違法マシンを開発し数千ドルを稼いだ天才少年は、アップル創業前後も、違法スレスレの行為を平気で行ってきた。

 同社が大きくなってからも行動はあまり変わっていない。自分が気に入らない部下には容赦なく罵声を浴びせ、執拗に退職を迫るのは日常茶飯事であった。エレベータに乗り合わせた社員をその場でクビにした、いつもと違うミネラルウォータを持ってきた秘書に激怒してクビにした、など真偽不明のものも含めて様々な逸話がある。現在の基準で考えれば、100%ブラック経営者ということなるだろう。

 ジョブズ氏の性格は、IT業界ではよく知られており、こうした負の面も含めてジョブズ氏を評価する人が多かった。以前の伝記も、ここまではひどくないものの、ジョブズ氏のエキセントリックな面がストレートに描かれている。自身の行動とは裏腹に、世間から寛容な人と思われたいという願望が強かったといわれるジョブズ氏は、あえてこうした負の面が記述されることを許容した可能性が高い。

 だが、今やアップルは世界最大の企業となり、ジョブズ氏は、理想の経営者として語られるようになってきた。このような状況において、以前の伝記に描かれたジョブズ氏の人柄は、今の経営陣にとって望ましくない存在なのかもしれない。新しい伝記は、ジョブズ氏を心温かい人物として描いている。

 批判され続けた挑戦者が、成功すると立派な人物と評価されることはよくあることだが、それにしても、IT業界でも札付きの暴れん坊だったジョブズ氏が人格者に脱皮するというのは少々驚きである。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

hamadak
安倍首相の経済ブレーンである浜田宏一氏が、金融政策の誤りを認めたという話の虚実

 アベノミクスの理論的支柱と言われ、内閣官房参与を務めている浜田宏一エール大学教 …

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …

borubo
仏マクロン政権がガソリン車の販売禁止を提言。ボルボなど欧州メーカーもEVシフトへ

 フランスのマクロン政権が、2040年までにガソリン車の販売を禁止するという野心 …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相 …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

home02
米国ではなぜ自宅の不動産が超優良な資産になるのか?

 米政府の管理下で経営再建中だった米国の住宅公社2社(ファニーメイとフレディマッ …