ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震災という未曾有の危機に際して、人的ネットワークを最大限活用して相互協力することは非常に大切なことである。
 だが時として「絆」という言葉が、特定の利権を維持するために他人に何かを強要することの正当化に使われているケースも多い。「絆」というキーワードが何か胡散臭いものに感じられることがあるのはそのためである。

 ところで日本では古くからの土着信仰として、言葉には不思議な魔力があると考えられてきた(民俗学的には言霊信仰という)。また真言仏教のように文字そのものを崇拝の対象とする宗派もある。インターネット時代に言葉や文字の霊力などナンセンスな話だが、「絆」というキーワードの使われ方を見ると、文字や言葉にはやはり魔力があるのでは?とも思えてくる。

 「絆」は通常、人と人との心のつながりといったニュアンスで使われているが、本来の意味は「動物をしばる綱」、「人を利害で束縛するもの」というネガティブなイメージの言葉だという。実際、漢字の本家本元中国では「絆」という字は非常にネガティブなニュアンスで使われている。現地に進出した日本企業が、中国人の顧客や従業員に対して「絆」を連発して顰蹙を買うという笑えない事例も多発しているらしい。

 同じような言葉に「安心・安全」というものもある。安全ならば安心に決まっているのに、なぜわざわざ安心というキーワードを使うのか?邪推をすると、安全でなくても安心があればよいと言い訳しているようにも聞こえる。
 特に公務員や政治家など、国民に対する責務を果たすことで金銭をもらっている人たちの口からこのキーワードが発せられることは大変由々しき事態である。国民に対して提供しなければならないのは「安全」であって「安心」ではない。原発事故で放射能が汚染が発生している状況で必要となるのは「安全」に関する情報だ。

 言霊信仰を信じる人にとっては、 「絆」や「安心」という言霊が、震災を利用して不当な利益を得たり、責任を逃れをしようとする人の邪悪な心を世に晒すために、自らの意志で人の口から出てきたということになるのだろうか?
 それは冗談としても、言葉のレトリックを使った責任逃れや不正な利益に対しては、国民は徹底的にチェックしなければならない。これだけは確かなことである。

 - 政治, 社会

  関連記事

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

suga
上から目線?の「粛々と」、多用していたのは菅直人元首相

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐり「粛々」という言葉が論争の的となっている …

pakukune
韓国次期首相候補が息子優遇で批判。毎回同じことの繰り返しが続く

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が指名した首相候補の金容俊(キム・ヨンジュ …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

hatoyama
宇宙人パワーも衰弱?鳩山元首相が絶体絶命の大ピンチ

 民主党執行部の方針に反対している鳩山元首相が崖っぷちに立たされている。  鳩山 …

chinaoillig
中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …