ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震災という未曾有の危機に際して、人的ネットワークを最大限活用して相互協力することは非常に大切なことである。
 だが時として「絆」という言葉が、特定の利権を維持するために他人に何かを強要することの正当化に使われているケースも多い。「絆」というキーワードが何か胡散臭いものに感じられることがあるのはそのためである。

 ところで日本では古くからの土着信仰として、言葉には不思議な魔力があると考えられてきた(民俗学的には言霊信仰という)。また真言仏教のように文字そのものを崇拝の対象とする宗派もある。インターネット時代に言葉や文字の霊力などナンセンスな話だが、「絆」というキーワードの使われ方を見ると、文字や言葉にはやはり魔力があるのでは?とも思えてくる。

 「絆」は通常、人と人との心のつながりといったニュアンスで使われているが、本来の意味は「動物をしばる綱」、「人を利害で束縛するもの」というネガティブなイメージの言葉だという。実際、漢字の本家本元中国では「絆」という字は非常にネガティブなニュアンスで使われている。現地に進出した日本企業が、中国人の顧客や従業員に対して「絆」を連発して顰蹙を買うという笑えない事例も多発しているらしい。

 同じような言葉に「安心・安全」というものもある。安全ならば安心に決まっているのに、なぜわざわざ安心というキーワードを使うのか?邪推をすると、安全でなくても安心があればよいと言い訳しているようにも聞こえる。
 特に公務員や政治家など、国民に対する責務を果たすことで金銭をもらっている人たちの口からこのキーワードが発せられることは大変由々しき事態である。国民に対して提供しなければならないのは「安全」であって「安心」ではない。原発事故で放射能が汚染が発生している状況で必要となるのは「安全」に関する情報だ。

 言霊信仰を信じる人にとっては、 「絆」や「安心」という言霊が、震災を利用して不当な利益を得たり、責任を逃れをしようとする人の邪悪な心を世に晒すために、自らの意志で人の口から出てきたということになるのだろうか?
 それは冗談としても、言葉のレトリックを使った責任逃れや不正な利益に対しては、国民は徹底的にチェックしなければならない。これだけは確かなことである。

 - 政治, 社会

  関連記事

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

mof02
国の借金は1000兆円を突破。日本は資産も持っているので問題ないとの意見もあるが・・・

 財務省は8月9日、国債などの残高を合計した「国の借金」が初めて1000兆円を超 …

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …

no image
党大会開催で厳戒態勢の北京でも反政府活動が発生。共産党支配の限界が露呈している

 中国では8日から共産党大会が開催されており、首都北京では厳戒態勢が敷かれている …