ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震災という未曾有の危機に際して、人的ネットワークを最大限活用して相互協力することは非常に大切なことである。
 だが時として「絆」という言葉が、特定の利権を維持するために他人に何かを強要することの正当化に使われているケースも多い。「絆」というキーワードが何か胡散臭いものに感じられることがあるのはそのためである。

 ところで日本では古くからの土着信仰として、言葉には不思議な魔力があると考えられてきた(民俗学的には言霊信仰という)。また真言仏教のように文字そのものを崇拝の対象とする宗派もある。インターネット時代に言葉や文字の霊力などナンセンスな話だが、「絆」というキーワードの使われ方を見ると、文字や言葉にはやはり魔力があるのでは?とも思えてくる。

 「絆」は通常、人と人との心のつながりといったニュアンスで使われているが、本来の意味は「動物をしばる綱」、「人を利害で束縛するもの」というネガティブなイメージの言葉だという。実際、漢字の本家本元中国では「絆」という字は非常にネガティブなニュアンスで使われている。現地に進出した日本企業が、中国人の顧客や従業員に対して「絆」を連発して顰蹙を買うという笑えない事例も多発しているらしい。

 同じような言葉に「安心・安全」というものもある。安全ならば安心に決まっているのに、なぜわざわざ安心というキーワードを使うのか?邪推をすると、安全でなくても安心があればよいと言い訳しているようにも聞こえる。
 特に公務員や政治家など、国民に対する責務を果たすことで金銭をもらっている人たちの口からこのキーワードが発せられることは大変由々しき事態である。国民に対して提供しなければならないのは「安全」であって「安心」ではない。原発事故で放射能が汚染が発生している状況で必要となるのは「安全」に関する情報だ。

 言霊信仰を信じる人にとっては、 「絆」や「安心」という言霊が、震災を利用して不当な利益を得たり、責任を逃れをしようとする人の邪悪な心を世に晒すために、自らの意志で人の口から出てきたということになるのだろうか?
 それは冗談としても、言葉のレトリックを使った責任逃れや不正な利益に対しては、国民は徹底的にチェックしなければならない。これだけは確かなことである。

 - 政治, 社会

  関連記事

keri
中国ベッタリ?国務長官就任が噂されるケリー上院議員の素顔

 米国の大統領選挙が終了し、ワシントンでは次期政権の人事に焦点が移っている。オバ …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

abenaikaku
強いリーダーシップに憧れる安倍首相が上滑り。企業戦士という昭和なキーワード

 安倍政権がスタートしてから約1ヶ月が経過した。日銀に対する強硬姿勢によって円安 …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

amari
甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

rikoran
戦争に翻弄された歴史の生き証人「李香蘭」こと山口淑子氏が死去

 「李香蘭」の名で戦前から戦中にかけて日本と中国で人気を集め、戦後は参院議員もつ …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …