ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

どこか胡散臭い言葉「絆」や「安心」に込められた本当の意味

 

 3.11の震災以降、世の中のあちこちで多用されている「絆」というキーワード。震災という未曾有の危機に際して、人的ネットワークを最大限活用して相互協力することは非常に大切なことである。
 だが時として「絆」という言葉が、特定の利権を維持するために他人に何かを強要することの正当化に使われているケースも多い。「絆」というキーワードが何か胡散臭いものに感じられることがあるのはそのためである。

 ところで日本では古くからの土着信仰として、言葉には不思議な魔力があると考えられてきた(民俗学的には言霊信仰という)。また真言仏教のように文字そのものを崇拝の対象とする宗派もある。インターネット時代に言葉や文字の霊力などナンセンスな話だが、「絆」というキーワードの使われ方を見ると、文字や言葉にはやはり魔力があるのでは?とも思えてくる。

 「絆」は通常、人と人との心のつながりといったニュアンスで使われているが、本来の意味は「動物をしばる綱」、「人を利害で束縛するもの」というネガティブなイメージの言葉だという。実際、漢字の本家本元中国では「絆」という字は非常にネガティブなニュアンスで使われている。現地に進出した日本企業が、中国人の顧客や従業員に対して「絆」を連発して顰蹙を買うという笑えない事例も多発しているらしい。

 同じような言葉に「安心・安全」というものもある。安全ならば安心に決まっているのに、なぜわざわざ安心というキーワードを使うのか?邪推をすると、安全でなくても安心があればよいと言い訳しているようにも聞こえる。
 特に公務員や政治家など、国民に対する責務を果たすことで金銭をもらっている人たちの口からこのキーワードが発せられることは大変由々しき事態である。国民に対して提供しなければならないのは「安全」であって「安心」ではない。原発事故で放射能が汚染が発生している状況で必要となるのは「安全」に関する情報だ。

 言霊信仰を信じる人にとっては、 「絆」や「安心」という言霊が、震災を利用して不当な利益を得たり、責任を逃れをしようとする人の邪悪な心を世に晒すために、自らの意志で人の口から出てきたということになるのだろうか?
 それは冗談としても、言葉のレトリックを使った責任逃れや不正な利益に対しては、国民は徹底的にチェックしなければならない。これだけは確かなことである。

 - 政治, 社会

  関連記事

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

no image
オスプレイの普天間移動が中止に。やっぱり天気が悪いと危なくて飛べないのか?

 米海兵隊は28日に予定してた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの岩国基地から普 …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

ryounei02
中国が2隻目の空母建造を公式に明言。初の空母「遼寧」よりも一回り大型となる見込み

 中国海軍の宋学副参謀長は4月23日、北京で開かれた海軍創立64周年の記念式典に …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …