ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での導入が進めば、他の業界における普及のハードルが一気に下がる可能性もある。

 三井住友銀行は、米IBMが開発した人工知能「ワトソン」をコールセンター部門に導入する。同行は昨年から「ワトソン」に関するテストを行っており、さまざまな状況において適切な回答ができるのかを検証してきた。十分に実用に耐えると判断されたことから、今年中にコールセンターへの本格導入を目指す。
 みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行も同じくワトソンの導入を進めており、順調にいけば、3メガバンクのすべてにおいて人工知能によるサービスが始まることになる。

jinkochinoibm

 人工知能の最大の特徴はその高度な自己学習機能。自ら学習して精度を上げていくので、顧客の曖昧な質問に対しても、適切な回答を導き出すことができるようになる。
 銀行のコールセンターは正確性が要求されることから、現在、導入が検討されている人工知能は、銀行のサービスに関する情報を一旦は体系的に入力していると考えられる。しかし、人工知能が持つ自己学習機能をフル活用すれば、そもそも自社サービスに関する情報を体系的にコンピュータに教える必要はない。

 銀行ほどの正確性が必要ないのであれば、会社のパンフレットや製品のマニュアル、サービス案内といった書類を整理せずにコンピュータに入力することで、人工知能がこれを体系化し、自動的に体系的なデータベースを作成することも可能となる。

 三井住友銀行のサービスは、オペレーターが電話を受け、質問内容をオペレーターがテキストで入力するので、一旦は人間が介在することになる。だがみずほ銀行のサービスは直接、顧客と人工知能が対話することも念頭においており、十分実用レベルに達しているという。

 メガバンクでの実績が積み重ねられることによって、ワトソンの潜在的な能力は大きく高まることになる。ここ数年に間に、想像を超えるスピードで人口知能が普及してくることも十分に考えられる。

 日本では政府による規制という大きなカベがあるが、米国では、米国ではすでにロボット医師、ロボット薬剤師が登場している。オックスフォード大学が行った調査研究では、現在、存在している仕事の約半数がロボットに置き換えられるとの予測も出ている。人の仕事がもたらす付加価値についても、そろそろ考え直す必要がありそうだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …