ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での導入が進めば、他の業界における普及のハードルが一気に下がる可能性もある。

 三井住友銀行は、米IBMが開発した人工知能「ワトソン」をコールセンター部門に導入する。同行は昨年から「ワトソン」に関するテストを行っており、さまざまな状況において適切な回答ができるのかを検証してきた。十分に実用に耐えると判断されたことから、今年中にコールセンターへの本格導入を目指す。
 みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行も同じくワトソンの導入を進めており、順調にいけば、3メガバンクのすべてにおいて人工知能によるサービスが始まることになる。

jinkochinoibm

 人工知能の最大の特徴はその高度な自己学習機能。自ら学習して精度を上げていくので、顧客の曖昧な質問に対しても、適切な回答を導き出すことができるようになる。
 銀行のコールセンターは正確性が要求されることから、現在、導入が検討されている人工知能は、銀行のサービスに関する情報を一旦は体系的に入力していると考えられる。しかし、人工知能が持つ自己学習機能をフル活用すれば、そもそも自社サービスに関する情報を体系的にコンピュータに教える必要はない。

 銀行ほどの正確性が必要ないのであれば、会社のパンフレットや製品のマニュアル、サービス案内といった書類を整理せずにコンピュータに入力することで、人工知能がこれを体系化し、自動的に体系的なデータベースを作成することも可能となる。

 三井住友銀行のサービスは、オペレーターが電話を受け、質問内容をオペレーターがテキストで入力するので、一旦は人間が介在することになる。だがみずほ銀行のサービスは直接、顧客と人工知能が対話することも念頭においており、十分実用レベルに達しているという。

 メガバンクでの実績が積み重ねられることによって、ワトソンの潜在的な能力は大きく高まることになる。ここ数年に間に、想像を超えるスピードで人口知能が普及してくることも十分に考えられる。

 日本では政府による規制という大きなカベがあるが、米国では、米国ではすでにロボット医師、ロボット薬剤師が登場している。オックスフォード大学が行った調査研究では、現在、存在している仕事の約半数がロボットに置き換えられるとの予測も出ている。人の仕事がもたらす付加価値についても、そろそろ考え直す必要がありそうだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

pentagon
米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開 …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

kokusaishushi201308
日本の国際収支状況から見えてくる、今後の日本企業が進むべき道

 財務省は10月8日、8月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

summly
まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに技術を売却!

 米Yahooは2013年3月25日、ニュース要約アプリ「Summly」を買収す …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …