ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での導入が進めば、他の業界における普及のハードルが一気に下がる可能性もある。

 三井住友銀行は、米IBMが開発した人工知能「ワトソン」をコールセンター部門に導入する。同行は昨年から「ワトソン」に関するテストを行っており、さまざまな状況において適切な回答ができるのかを検証してきた。十分に実用に耐えると判断されたことから、今年中にコールセンターへの本格導入を目指す。
 みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行も同じくワトソンの導入を進めており、順調にいけば、3メガバンクのすべてにおいて人工知能によるサービスが始まることになる。

jinkochinoibm

 人工知能の最大の特徴はその高度な自己学習機能。自ら学習して精度を上げていくので、顧客の曖昧な質問に対しても、適切な回答を導き出すことができるようになる。
 銀行のコールセンターは正確性が要求されることから、現在、導入が検討されている人工知能は、銀行のサービスに関する情報を一旦は体系的に入力していると考えられる。しかし、人工知能が持つ自己学習機能をフル活用すれば、そもそも自社サービスに関する情報を体系的にコンピュータに教える必要はない。

 銀行ほどの正確性が必要ないのであれば、会社のパンフレットや製品のマニュアル、サービス案内といった書類を整理せずにコンピュータに入力することで、人工知能がこれを体系化し、自動的に体系的なデータベースを作成することも可能となる。

 三井住友銀行のサービスは、オペレーターが電話を受け、質問内容をオペレーターがテキストで入力するので、一旦は人間が介在することになる。だがみずほ銀行のサービスは直接、顧客と人工知能が対話することも念頭においており、十分実用レベルに達しているという。

 メガバンクでの実績が積み重ねられることによって、ワトソンの潜在的な能力は大きく高まることになる。ここ数年に間に、想像を超えるスピードで人口知能が普及してくることも十分に考えられる。

 日本では政府による規制という大きなカベがあるが、米国では、米国ではすでにロボット医師、ロボット薬剤師が登場している。オックスフォード大学が行った調査研究では、現在、存在している仕事の約半数がロボットに置き換えられるとの予測も出ている。人の仕事がもたらす付加価値についても、そろそろ考え直す必要がありそうだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

nichigin03
日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

mof02
国の借金は1000兆円を突破。日本は資産も持っているので問題ないとの意見もあるが・・・

 財務省は8月9日、国債などの残高を合計した「国の借金」が初めて1000兆円を超 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …