ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まってきた。2015年4月3日に閣議決定する労働基準法改正案に盛り込まれ、今国会で成立すれば2016年4月に施行される。

 これまで、残業代ゼロの扱いについては、ホワイトカラー・エグゼンプション制度の導入が主に議論されてきたが、裁量労働制の方が対象となる労働者が多く、社会への影響が大きい。野党は無制限の残業につながるとして反対しており、国会審議は難航も予想される。

businessman04

 裁量労働制は、みなし労働時間制度の一種で、時間給という考え方をベースにしながら、あらかじめ労働時間を想定した上で、実際の労働時間にかかわらず賃金を支払うというもの。社員は時間に縛られず、自由に働くことができる。

 一方、ホワイトカラー・エグゼンプションは、働く時間ではなく成果に賃金を払う「脱時間給」制度であり、基本的に時間給の概念はない。裁量労働制では、深夜や休日に働くと手当がつくが、ホワイトカラー・エグゼンプションでは手当はつかない。

 これまで裁量労働制の対象とすることができる職種には2種類あった。ひとつは「専門型」と呼ばれるもので、デザイナーや研究職などが該当する。もうひとつは企画型で調査部門や企画部門などが対象となっていた。
 今回の改正案では、企画部門の対象を提案定業を行う職種にも拡大する。資金調達の支援業務やITシステムの提案営業、保険の提案定業などが想定されている。ちなみにルート営業などの職種には適用されない見込み。

 裁量労働制になれば、長時間会社で仕事をしても残業代は出ないので、効率のよい働き方が促進されることになる。だが現実には、長時間残業が常態化している職種に適用される可能性が高く、実質的な報酬の引き下げとの見方もできる。

 ホワイトカラー・エグゼンプションの導入については、国会でもかなりの議論となったが、現実に対象となるのは、年収1075万円以上の社員であり、全体からすればごくわずかである。しかし、裁量労働制の拡大は、広範囲の社員が対象となるため、企業や労働者への影響は大きい。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

seiho
バブル崩壊以来続いた生保の逆ざやが解消。金利上昇で保険会社はさらに有利に?

 生命保険各社の業績が上向いている。主な要因はバブル期に販売した予定利率の高い商 …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

konchushoku02
昆虫に対する若者の嫌悪感が増加。一方で飢餓対策から昆虫食への関心も高まる

 虫を素手で触ることができない若者が増加しているという。一方で、世界的な食糧難を …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

gamen
日本で物価が上がらないのは、産業構造による影響が大きい?

 日銀が量的緩和策をスタートさせてから2年になろうとしている。当初は労働力不足な …

oecdmanzokudo
OECDの幸福度ランキング2014。気持ちの問題なのか、物理的環境なのか?

 経済協力開発機構は2014年5月、世界幸福度ランキング2014を発表した。日本 …

bunen02
タバコのない五輪が微妙な状況に。完全禁煙はもちろん分煙についても異論が続出

 厚生労働省が導入を検討している本格的な受動喫煙対策について、自民党内で反対意見 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

inseki
ロシアの隕石落下地点は、かつて大事故を起こした核施設のすぐ近くだった

 ロシアのウラル地方に落下した隕石は、広範囲にわたって被害をもたらし、負傷者は1 …