ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構築に苦慮している。南欧ラテン国家が抱える苦悩は、現在の日本にも有益な示唆を与えてくれる。

 ポルトガルでは、近年、アフリカの旧植民地アンゴラからの逆投資が急増している。ポルトガルはスペインと同様、かつては中南米やアフリカに広大な植民地を所有していた。中でも南米ブラジルとアフリカのアンゴラはポルトガル最大の植民地であった。

 1975年にポルトガルから独立したアンゴラはアフリカ有数の産油国である。原油価格の高騰もあってこのところ2ケタ台の経済成長が続いている。豊富なオイルマネーをバックに、アンゴラの国営石油企業がポルトガル銀行株を大量に取得したほか、ドスサントス大統領の親族企業がポルトガルの新聞社、銀行、石油会社などの株を相次いで取得している。

 こういったアンゴラによるポルトガル投資に対して、ポルトガル国民の反応はかなりネガティブだ。アンゴラの企業に買収されたある果物製造業者は、国民からの反発を恐れTV局の取材を拒否している。

 同じく中南米に多数の植民地を保有していたスペインでは、近年、大手銀行が相次いで旧植民地に進出していることに対して批判の声が高まっている。
 スペインの大手銀行サンタンデールはすでに利益の半分をアルゼンチンやチリといった旧植民地で確保している。国内では住宅ローンの厳格化や住宅の差し押さえなどが相次いでいる中、旧植民地に対しては積極的な融資を行っていることが批判の対象となっているのだ。

 国際金融問題に詳しいある外資系のエコノミストは、欧州においてラテン諸国ばかりが経済危機を引き起こす背景のひとつには、こういった旧植民地に対する古い意識があるという。

 英国もスペインやポルトガル以上に広大な植民地を持った国であったが、同国の植民地に対する考え方はだいぶ違う。
 旧植民地を市場やチャンスとして捉え、英国の国際市場における地位を補足するものとして考えている。これまで多くの英国企業がインドなどの旧植民地資本に買収された。一部には反発があったものの、総じて旧殖民地からの資本参加は歓迎されている。
 これに対してスペインやポルトガルなどのラテン諸国は、19世紀以前の植民地に対する考えから脱却することができず、旧植民地からの資本流入に対して嫌悪感を持つ。こういった非合理性が結果として金融経済危機を引き起こしているというのだ。

 この話はそのまま日本にも当てはまる。日本も南欧ラテン諸国と同様、旧植民地からの企業買収には反発の声が大きい。ラテン諸国の惨状を見るに、現代の経済システムにおいては、資本移動や企業活動を制限することはメリットよりも弊害の方が大きいようである。
 かつて日本は戦争によって多大な国益を失ったが、アジア諸国の資本を有効活用できなければ、それこそ先の大戦はすべてムダだったということにもなりかねない。外国資本を拒否することばかりが国益ではない。

 - 政治, 経済

  関連記事

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

firefoxOS
2500円の製品も!進む海外のスマホ価格破壊は日本に何をもたらすか?

 新興国市場にターゲットを絞った格安のスマホが相次いで登場している。フィンランド …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

passport
中国のパスポート領土表記問題。ベトナムが猛抗議するも現場では小遣い稼ぎをする輩も

 新しく発行が始まった中国のパスポートが大きな波紋を呼んでいる。パスポートに記載 …