ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1日、運用に関する中期目標を明らかにした。GPIFの株式シフトを受け、パッシブ運用中心だった基本方針を変更し、アクティブ運用と併用することが明記された。公的年金の運用のあり方はこれまでとは大きく変わることになる。

kabuka

 中期目標は、2015年4月から2010年3月までの5年間における運用の目標を定めたもの。今回の中期目標は、GPIFの本格的な株式シフトが決まってから、初めてとなることから、市場関係者が注目していた。

 従来の中期目標では、運用手法について「長期保有を前提としたインデックス運用等のパッシブ運用を中心とする」と明記されていたが、今回の中期目標では「原則としてパッシブ運用とアクティブ運用を併用すること」になり、「アクティブ運用に取り組むことにより超過収益の獲得を目指す」という内容が盛り込まれた。

 パッシブ運用とは、市場全体と同程度の運用成績を目指した運用手法のこと。運用担当者は能動的に動かず、日経平均に連動した商品などに投資を行うことになる。
 運用者の能力が入り込む余地がないためリスクは低いが、市場の上昇分を超える利益を手にすることはできない。また市場全体が下落すれば、その分、リターンもマイナスとなる。

 一方、アクティブ運用は、運用担当者が能動的に運用を行い、市場平均以上の収益を目指す手法である。うまくいけば、市場平均を超える利益を上げることができるが、場合によっては損失も大きくなる可能性がある。同じ株式投資の中で比べれば、ハイリスク・ハイリターンの投資ということになる。

 安倍政権の強い意向を受け、GPIFは国債中心の運用方針を変更し、株式へのシフトを進めている。背景にあるのは、年金財政の悪化である。

 現在、GPIFは137兆円ほどの資金を運用しているが、年金の徴収よりも給付の方が大きく、運用資金は毎年3兆円から4兆円ずつ減少している。この穴を埋めないと年金を維持することができず、高い利回りはこうした事情から逆算されているという側面がある。また証券業界から見れば、アクティブ運用に伴う高額な手数料は喉から手が出るほど欲しい。
 GPIFの運用手法をめぐっては、安易なアクティブ運用への切り換えに慎重な声もあったが、こうした事情が背景にあり、あまり議論されずに切り替えが進められてきた。

 当面は、巨大なファンドであるGPIF自身による買いで、株価は上昇する可能性が高い。ゆうちょ銀行の運用資金が大量に株式市場に投入されるとの観測もあり、しばらくは堅調が相場が続く可能性が高いだろう。

 だがアクティブ運用に想定外の損失はつきものである。現在のGPIFには損失を出した場合の責任の所在やその後の措置に関する明確なルールがない。運用手法の切り換えを進めるのであれば、損失が発しした場合の対応策も十分に固めておく必要があるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

gamen
日本で物価が上がらないのは、産業構造による影響が大きい?

 日銀が量的緩和策をスタートさせてから2年になろうとしている。当初は労働力不足な …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …

recruit
リクルートがネット通販事業に参入。だが敵は楽天とアマゾンにあらず

 リクルートホールディングスは、来年3月をめどにインターネット通販事業に参入する …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

zenjindai02
中国の政府機構改革案。太子党利権である鉄道省は解体、尖閣対策に海洋局を強化

 中国国務院(政府)は10日、開会中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に、 …

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …