ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先だった東南アジア諸国が財政再建に向けて舵を切り始めた。財政問題をきっかけに資金流出が起こることを警戒した動きと考えられる。

 マレーシアでは2015年4月1日、6%の消費税の徴収を開始した。タイでも相続税が導入される予定となっているほか、ベトナムなど東南アジア各国も増税を検討している。
 新興国の景気は停滞しており、株価のパフォーマンスもよくない。本来であれば、積極的な財政で景気を刺激したいところだが、各国の動きは正反対である。背景には、米国の利上げに伴うドル高観測があり、これに原油価格の下落が拍車をかけている状況だ。

maresia

 米国は今年中に利上げに踏み切る可能性が高い。3日の雇用統計が予想以上に悪い数字だったことから、債権市場や株式市場では利上げが9月以降になるとの公算が高まっているが、これはあくまでも短期的な視野の問題である。
 中長期的には米国経済の回復に伴って利上げが実施され、ドル高が進行するとの見方でほぼ一致している。ドル高が進めば新興国から米国に資金が流出する可能性があり、経済基盤が脆弱な国の場合には、財政問題が顕在化するリスクがある。財政再建への道筋をつけておくことは、新興国にとっては重要な課題である。

 この動きに拍車をかけているのが、原油価格の下落である。原油価格の下落は、米国のシェールガス事業者にマイナスの影響となるが、一方で米国は世界最大の石油消費国でもある。
 アメリカの2月の貿易収支は、赤字幅が354億ドル(約4兆2000億円)と前の月から17%も減少した。西海岸の港湾労使問題により輸入が減ったことも影響しているが、原油価格の下落が米国の貿易赤字を減少させる傾向がより顕著になっている。

 2日には米欧6カ国とイランが核開発問題の解決に向けた枠組みで合意した。イランに対する経済制裁が解除された場合、イラン産原油が市場に供給されることになり、原油価格の下落圧力はさらに高まることになる。

 マレーシアなどの産油国は国家歳入の一定割合を石油に頼っており、原油価格の下落と、それに伴うドル高の進行はダブルパンチとなる。

 中国はすでに7%の低成長路線に舵を切っており、東南アジア各国が財政再建を強化すれば、新興国の経済成長はさらに鈍化することになる。
 ここ1~2年の間に、世界経済の米国依存度が高まっているが、利上げ後はその傾向がさらに顕著になってくるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

setubitousi
10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

reit201405
インフレ期待からREITの値動きが好調。一部からはプチ・バブル化懸念の声も

 REIT(不動産投資信託)の値動きが堅調だ。このところ日経平均は低迷が続いてい …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …