ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先だった東南アジア諸国が財政再建に向けて舵を切り始めた。財政問題をきっかけに資金流出が起こることを警戒した動きと考えられる。

 マレーシアでは2015年4月1日、6%の消費税の徴収を開始した。タイでも相続税が導入される予定となっているほか、ベトナムなど東南アジア各国も増税を検討している。
 新興国の景気は停滞しており、株価のパフォーマンスもよくない。本来であれば、積極的な財政で景気を刺激したいところだが、各国の動きは正反対である。背景には、米国の利上げに伴うドル高観測があり、これに原油価格の下落が拍車をかけている状況だ。

maresia

 米国は今年中に利上げに踏み切る可能性が高い。3日の雇用統計が予想以上に悪い数字だったことから、債権市場や株式市場では利上げが9月以降になるとの公算が高まっているが、これはあくまでも短期的な視野の問題である。
 中長期的には米国経済の回復に伴って利上げが実施され、ドル高が進行するとの見方でほぼ一致している。ドル高が進めば新興国から米国に資金が流出する可能性があり、経済基盤が脆弱な国の場合には、財政問題が顕在化するリスクがある。財政再建への道筋をつけておくことは、新興国にとっては重要な課題である。

 この動きに拍車をかけているのが、原油価格の下落である。原油価格の下落は、米国のシェールガス事業者にマイナスの影響となるが、一方で米国は世界最大の石油消費国でもある。
 アメリカの2月の貿易収支は、赤字幅が354億ドル(約4兆2000億円)と前の月から17%も減少した。西海岸の港湾労使問題により輸入が減ったことも影響しているが、原油価格の下落が米国の貿易赤字を減少させる傾向がより顕著になっている。

 2日には米欧6カ国とイランが核開発問題の解決に向けた枠組みで合意した。イランに対する経済制裁が解除された場合、イラン産原油が市場に供給されることになり、原油価格の下落圧力はさらに高まることになる。

 マレーシアなどの産油国は国家歳入の一定割合を石油に頼っており、原油価格の下落と、それに伴うドル高の進行はダブルパンチとなる。

 中国はすでに7%の低成長路線に舵を切っており、東南アジア各国が財政再建を強化すれば、新興国の経済成長はさらに鈍化することになる。
 ここ1~2年の間に、世界経済の米国依存度が高まっているが、利上げ後はその傾向がさらに顕著になってくるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

toyotahonsha
トヨタが株主総会で種類株を可決。本気度が問われる新しい日本流ガバナンス体制

 トヨタ自動車は2015年6月16日、主要企業のトップを切って株主総会を開催した …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …