ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り、前月の半分以下の水準にとどまった。市場ではちょっとしたショックとなっており、ドル円相場は一時、1ドル=118円台に下落した。

  非農業部門の雇用者数は前月比12万6000人増となり、前月から13万8000人減少した。
 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。このところ、雇用者数の増加が20万人を大きく超える月が連続しており、米国景気は好調という認識となっていた。米国の利上げタイミングが市場で取り沙汰されている最中だったこともあり、今回の結果は、市場の波乱要因となりそうだ。

usakoyoutoukei201503

 新規雇用者数が大きく減少した要因のひとつは、シェールガス関連の雇用が大きく減ったこと。原油価格が大幅に下落していることから、シェールガス事業者の中には減産を迫られるところが出てきており、付帯する事業での雇用減少が予想されていた。実際、減算の影響が出始めたということになる。

 製造業の雇用も振るわなかった。西海岸の港湾労働者のストが長引き、部品の調達が滞っているメーカーが出てきており、これが雇用者数に影響した可能性がある。一方、企業が設備投資を抑制していることを懸念する声もあり、こちらが原因だとすると、今後も雇用は低調ということになる。

 シェールガスの減算や港湾ストの影響が大きいのだとすると、雇用の抑制は一時的なものとなるが、今回の下落が本当に一時的な要因によるものなのかは、来月以降の指標を見ないと確認できないだろう。

 市場関係者がもっとも気にしているのが、利上げのタイミングとそれにともなう株価の推移である。好調な雇用市場が続けば、6月にも利上げが実施されると予測する声が多かったが、今回の結果を受けて9月以降にズレ込むとの見方も出てきている。

 伸びは鈍化しているものの、総じて米国の景気が好調であるという状況に変わりはなく、中長期的なトレンドは変わらない可能性が高い。だが短期的には利上げタイミングをめぐって市場は神経質になっており、株価が予想外の動きを見せる可能性もある。

 米国の株式市場は、これまで悪い指標が出ても、利上げが遠のくと解釈され、株価上昇の材料となってきた。だが、景気が足踏みするという観測が高まれば、悪い指標はそのまま株価の下落材料となる可能性もある。少なくとも市場のトレンドが変わる可能性については、多少の警戒が必要となってきたかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …

mackabu
日本マクドナルドの株式を米本社が今、売却する理由

 日本マクドナルドの株式の約5割を保有する米マクドナルドが株式の売却に向けて動き …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

bouekitoukei201306
6月の貿易収支は円安効果で赤字縮小。だが産業構造の変化で数量減少は止まらず

 財務省は7月24日、6月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

timcook
株価暴落と現金退蔵問題にも関わらず、Appleの株主総会が平穏だったワケとは?

 大幅な株価の下落と12兆円にも達する現金の保有で市場の関心を集めていた米App …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …